05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■シュートで終わる
izumiさんから質問をいただいたのでそれについての返事も兼ねて
記事にしました。「自分はこう考えています」という答えですが
関心のある人達の参考になれば^^



>「何だかもったいな気がして・・・」

確かに、敵にボールを渡してしまうわけですからね、
じゃあもったいないことをあえてする意図は。。。
わかりやすく言えば、劣勢でもサッカーにはタイムがない、それに
代わることはプレーを止めること、シュートで終わればそれが出来る。
だから「敵にボールを渡す引き換えにプレーを止める」
そんなところでしょうか。(敵がファールをして
時間を止めてくれれば一番助かるんですけどね(^_^;)

>効果的なんですか?

とりあえず、おのおのが自分の守備位置に戻って攻撃に備える
時間はできた、効果的かどうか?はその後のプレー次第でしょう。
立て直すきっかけになるプレーではあると思います^^

>「良いんですよ、シュートで終わるのは・・・」

そういう言い方は良く聞きますね^^
スコア上の記録ではシュートに数えるのだろうけれど
この場合のキックはシュートとは思っていません、ディフェンスが
自陣で大きくクリアするプレーと似ていると思います。
ディフェンスラインでピンチを打破するために大きくボールを蹴れば
「クリア」という表現が使われますが同じ事を中盤ですれば
大きく外したシュートになる、という考えが近いと思います^^

本当はこれを「シュート」と言ってほしくはないんです(^_^ゞ
ボールがゴールラインを越えただけのことでシュートとは
全く異質ですから。そういう場面を眼にしたら「シュートした」
とは思わずに「クリアした」くらいに思ってください^^

ただ。。。そこまで深く考えず、単に技術的
能力の問題でシュートを外す選手も多く見受けられます(;^_^A
試合状況を考えたプレー、選手の技術不足、判断不足、苦し紛れ、
いろいろな理由があります。
にもかかわらず、枠から大きく外すシュートを
「良いんですよ、シュートで終わるのは・・・」
と同等の言葉で解説してしまうのはどうかなあ?と思っています。
「今のは良くないだろ、違うだろ~」と
つっこみたくなることが多いです(笑)

解説者の中には「良いんですよ、シュートで終わるのは」という言葉を
「その場所でボールを奪われるくらいならば的外れなシュートを
蹴ってしまったほうがいい」という意味で使ってしまう人間も
見受けられますがこれにも疑問を感じます。
決して褒められないシュートを打ってしまった選手を
肯定してしまうわけですからね。

で、一つの推理ですが。。。
izumiさんのように「何だかもったいない気がして・・・」
「それって効果的なんですか?」と疑問を感じるのは
遠くからのシュートを「良いんですよ、シュートで終わるのは」
で片付けてしまう解説に問題があるかもしれない。
「何だかもったいな気がして」と感じるということは、
そのロングシュートは凡プレーの可能性がありますから。

良いパスを出せる場所があった、自分でドリブルできる
スペースがあった、フリーの選手がいた、それなのに
遠くからシュートを打ってしまった、状況判断の出来なかったプレー。
それを見て「何だかもったいない」と感じたのかもしれません。
だとしたらそれはサッカーを見る力がある、ということになります^^
正しい解説ならこのような疑問も湧かなかったでしょう。

参考までにですが。。。
自分が日本代表の試合を見ている中で、遠くからの大きく
外してしまったシュートを見て
「良いんですよシュートで終わるのは、押されている時には
守備を立て直す時間が作れますから」という表現に値するシュート
(選手が守備の立て直しを意識して打ったと感じるシュート)は
1試合で1度有るか無いか、その程度です。
(まあ、シュート数自体が少ないですが)

まあ理由はどうであれ、遠くからそんな大雑把なシュートを
蹴ってしまう試合は良い試合展開とは言えません(^_^;

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援おねがいします

にほんブログ村 サッカーブログへ

関連記事
私的ピンポイント解説トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
<<ディフェンダー試す機会を | ホーム | 合格>>
■ 確かによく聞く
松木がよく言いますね、そのセリフ。僕は入りそうもないところからの宇宙開発に関しては全否定派です。理由は1つ、「他にやりようがあるだろう」ということですね。そんなことするぐらいなら、バックパスした方がまだましです。攻撃を続けられますから。バックパスもできない状況なら仕方ないですが、それが「いいですよ、シュートで終わるのは」な訳ないですよね。
【2006/09/29 12:20】URL | グラタン #Qi8cNrCA[ 編集]

■ 少なくとも・・・
ここのところシュート談義に花が咲いていますね。
名称は失念しましたがストライカー養成プロジェクトは継続しています。

FWを大別するとストライカーとゲッターに二分。
'74年のラトーや'86年のリネカーは典型的なゲッターで日本だと中山がそう。
ストライカー・タイプで世界に通用する日本人プレイヤーは今迄皆無だと思います。強いて言えば往年の釜本くらいでしょうか?

”シュートで終らせる”という意味合いはあくまでもオフェンス意識を保つための一要素として捉えています。
メンタリティーからすればモチベーションを保持する上では常套手段。
ただあまりにもお粗末なキックだと却って気持ちが切れてしまいますね。
もちろん攻守の切り替えでワンクッション入れるシュートもあるけど私もむやみやたらの衛星打ち上げは疑問に思う。
【2006/09/29 13:30】URL | haduki #UZ74bh1g[ 編集]

そういえば「シュートで終ることは良い」という類のものはほとんどが宇宙開発ですね(苦笑)

これが本当に流れをきるプレーになるかは正直分からないです・・

だって相手は入る可能性ゼロに近い場所・体勢から宇宙会発を打たれても恐くないしょうし。

少なくとも枠には入れて欲しいものです。
【2006/09/29 16:41】URL | ヒロ #-[ 編集]

■ ありがとうございます!
うゎ~!私の質問にこんなに詳しく解説がされている!
すごーい。ありがとうございます~!ちょっとびっくり~

すごくわかりやすくて、感謝です。
「シュート」ではなくって「クリア」したということとか。ナルホド
立て直すきっかけのタイム!なんですね。

でも、もったいない~と思ったシュートは、おっしゃる通り、ぜんっぜん枠とは関係ないところに飛んでいった、そうそう「宇宙開発」でした。
今、他の人にパスとかも出来たし、シュートだったらもう少しゴール近くに飛んでもいいんじゃない?って
それなのに何で「良い」んだろう?って思ってました。全部良いわけじゃあないんですね。
今日は謎が解けました。ありがとうございました!
【2006/09/29 17:32】URL | izumi #Mom3fmKk[ 編集]

■ コメントありがとうございます

>グラタンさん

このセリフよく言ってますか、それはちょっとまずい(;^_^A

フリーで大きく外す選手もバックパスを選択する選手も
できれば起用したくないタイプの選手です。
そんなシーンを見てしまったら評価を下げるでしょう。
「いいですよ、シュートで終わるのは」という考え方を
持った指導者、選手が増えないことを願いたいです。
でもTVでそんなことを言ってしまっては。。。。(~ヘ~;)ウーン



>hadukiさん

「養成プロジェクト」何を教えているのか?
もし知ってしまったら批判を書いてしまいそうな気がます(^_^;
オシム監督はそんな教育法をどう思うのか聞いてみたいですね。
”シュートで終らせる”もFWとMFではちょっと
意識の仕方も違うかもしれません。

日本のストライカーは・・見当たりませんね(^_^ゞ



>ヒロさん

確かにこれだけでは流れは切れないですね、
とりあえずプレーを止めて、という処置でしょう(^_^;

とりあえず守備のの立て直しということで
相手に嫌がられるプレーではないですし(^_^;
あとはその選手の技術的な問題なので所属チームに戻って
精進してもらうしかありません。
代表からは遠ざかるでしょうね



>izumiさん

どういたしまして、
「効果が有る場合もあります・・・」
だけでは返事にならないですからわかりやすいように^^

本当ならばそんなシュートを打ってしまった選手には
ブーイングを浴びせてもいいくらいなんですけどね。
それが選手を反省させることになるわけだから、
叱らずに「いいんだよ」で済ませては選手は成長しません^^
【2006/09/29 22:27】URL | ataru #5iIXJMJ6[ 編集]

■ たとえば...
比較的肯定的に受けとめられる場合として、圧倒的に押し込まれている展開が考えられますかね。
相手チームの強烈なプレスに晒されて、かろうじて失点を免れているような状況。精神的にもまいってしまいそうな時にシュートを撃てれば、
チームに落ち着きをもたらし、攻撃への意欲を盛り上げるプレーとなるかもしれません。そのシュートがよりゴールの可能性のあるシュートであれば、相手チームは「この位置で打たせてはまずい」との認識からそのケアに神経質になり、局面を打開していくためのキッカケにもなりえるでしょう。

もちろん「宇宙開発」では相手チーム的には「いくらでも撃ってください」ですが、押し込まれている時は自チーム内にメンタル面でプラスの作用をもたらすかもしれませんね。
【2006/09/29 23:17】URL | ZZZ #-[ 編集]

■ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/30 01:26】 | #[ 編集]

■ >ZZZさん
圧倒的に押し込まれている展開で
一度シュートで終わらせて落ち着かせるのも一つの方法だと思います。
ただ同等のチーム同士の対戦なら可能かもしれませんが
格上のチームとの対戦で押し込まれている場面では
この作戦は厳しいかもしれません(^_^;
とにかく正確なミドルシュートを蹴れる選手が出てこないと・・

足りないところを挙げたらきりが無いですが
日本代表は遠くからシュートを狙える
ロングシュートを蹴れるMFも少ないですね^^
【2006/09/30 22:31】URL | ataru #5iIXJMJ6[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://hinomarusoccer.blog60.fc2.com/tb.php/64-2089d8d5
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。