08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■日本の弱さ


W杯オーストラリア戦を録画している人は多いと思うので
そのなかの1失点目と2失点目のシーンを例に話します。
この2つの場面で本当に批判されるべき選手は誰なのか?
繰り返し見ていると気がつくと思いますが。。。

1失点目
川口がゴールから飛び出しパンチングでクリアーを試みるが
ボールに触れることができずゴールは空に、
そしてシュートを打たれて失点。
シュートを打った選手に詰め寄った日本選手は小野だった。
そのタックル?が問題。間に合う合わないに関係なく
身体ごと飛び込み防ごうとするのが当然の場面、
そんな危機的場面に、ただチョコンと足を出しただけ、
なんのプレッシャーにもなっていない軽率なプレー。

2失点目
オーストラリアのフリーの選手の後方に福西、
全力で戻ってその選手をしっかりマークしなければいけない場面。
にもかかわらずタラタラ歩いて走らない、
その間にボールがその選手に渡ってしまう。
後ろで構えていた宮本が前に詰めるが間に合わない、
フリーでシュートを打たれて失点。

ではなぜ福西は戻らないのか?
同じ場面がJリーグであったとする。。。
Jリーグのレベルならおそらく福西がマークに戻らなくても
失点しない、相手が勝手にミスするだろう、ここが分岐点。。。

相手のシュートミスなど考えずとにかく防ごうと必死に戻る、
気を抜かないプレーを貫き通すことができる選手は成長する。
しかし、「自分から身体を張って防がなくとも
相手がミスをしてくれる、そこまで頑張る必要が無い」
「自分が動かなくとも味方の誰かが防いでくれる」という
自分への甘え、人任せ、妥協が生まれてしまう選手は。。。
手抜きを身体が覚えてしまう、自分に甘い走らない選手の誕生だ。

この二つのプレーの共通点は。。。
ワールドカップという大舞台での日本の大ピンチ、
そんな状況が目の前にある、
一番近い場所に日本代表のユニフォームを身に着けた自分がいる、
それなのに「ここで俺が止めなければ!」
という強い気持ちと責任感が反射的に生まれてこない、
最後の一歩を踏み出すことができない精神力の欠如、
技術よりもはるかに大切なこと。
欧州、南米の激しい競争の中で育った選手と
日本選手優遇のJリーグで育ち、自らを甘やかしてきた選手との
精神力の差、日本代表最大の弱点。

体力に余裕のある前半ならまだなんとかなる、しかし
消耗した場面で気持ちの強さは大きな力の差になって現れてくる。
日本がいつも後半になると押される大きな原因。
今までの楽な環境での練習、試合の積み重ねが生んでしまった行動、
特に福西の怠慢プレーは代表失格に値する。
しかしそれを指摘する人間は誰もいない。

例えばクロアチア戦での柳沢のシュートミス、
わざわざマスコミが叩かなくとも
批判の矢面に立たされるとわかるプレー、
言われるまでも無く本人は反省するでしょう。
あとはこれを糧にどう成長するのか、これで終わるのか
ここから先は柳沢に託すしかない。

では叩かれない福西と小野は反省するだろうか?
この二人に関してはこの試合に限ったことではない、
以前から軽率なプレーが気になっていた。
(もちろん福西と小野だけの問題ではない)
ここまで染み付いてしまった癖、簡単には治らない。
本人が悪いことはもちろんだが、そんな選手を
野放しにし続けた周囲にも責任はある。
本当に厳しく批判してほしいのは柳沢ではなく小野と福西なのだが。。。

選手、解説者、マスコミ・・・etc
「オーストラリア戦は勝てる試合だった」
「わずかな時間に3失点はありえない」
「ジーコが悪い」と話す人間は反省しないだろう、
日本の弱さにも気付いていない。
これは偶然ではなく必然だった、という事実を認めようとはしない。
反省もせず次の目標に向かっても同じことを繰り返すだけだ。

日本はサッカーの向上を目指す選手にとっては環境が悪い。
甘えた選手を育てないためにもなるべく若いうちに
周囲からの厳しい目で指摘し、反省させることが必要。
その国のサッカーが成長するための大切な要素なのだが
今のサッカー関係者のレベルの低さではそれを望むのも。。。
きっと同じ問題を抱えた選手が育ってしまうだろう、それが残念です。

それと8/9トリニダード・トバゴ戦。。。
試合を組む時期、相手、どう考えても邪魔な試合だと思う。
いつまでたっても商業優先?圧力?のサッカー協会、情けない。

日本は弱い、それを理解している中田(英)も引退した。
唯一の希望はオシム監督が就任したことなのだが周囲がこれでは。。。

日本代表が世界を目指すならば厳しい目で^^
サッカーに興味のある多くの人達に読んでもらうために。。。
ポチッと応援おねがいします。

にほんブログ村 サッカーブログへ


関連記事
私的提言トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
<<反町監督でいいのか? | ホーム | オシム監督は違う>>
■ まさしく!
おっしゃるとおりだと思います!

「自分がやらなくても誰かがやるだろう」的な考え、私は大っっっ嫌いです(怒)
試合中の選手の動きが、今の日本や日本人を象徴してるような気さえしてきちゃいます(`´)今、嫌なニュースが多いじゃないですか。知ってても動かない。気付いても気付かないふり。それで命を落とす人もいる・・・。

すいません、かなり話がそれましたが(◎-◎;)
【2006/08/03 17:49】URL | みさき #lJ6kSN9g[ 編集]

■ >みさきさん
そうですね、
人任せでは一流選手になれるはずはありません。
選手のプレースタイルは
国民性もそうですが性格的なもの(人間性)も大きいですね。

便利になればなるほど逆に人間は退化する、犯罪も増加する。
便利で豊かな世の中が、
心を貧しくさせてしまうのは残念なことです。

【2006/08/03 22:04】URL | ataru #-[ 編集]

■ 的確な情報と批判こそがマスコミを育てるはず
 試合の中での福西へ掛かる負担と、それを防いでいた働きを見逃していてはおかしい。トータルで見た働きは非常に大きく、この場合は何故福西の消耗が激しくなっていたかを分析するべき。
 走りを重視するオシムも福西を高く評価しているように、この状況で福西を走りで批判するのは酷としか言いようがないと思う。
 また、小野は確かに問題もあったが、中沢に言われて動いていたとう状況があるわけで、小野当人だけの問題ではなく、効果の出ない攻撃へのディフェンス陣の反応であり、システム的問題が大きい。
【2008/06/16 12:03】URL | #-[ 編集]

考え方、感じ方は人ぞれぞれ、
反対意見があるのも当然だと考えています。

このブログは、これまでのサッカー経験を基に
自分の目線で感じたこと、「私はこう思う」という
個人的な意見を記しています。

私観がメディアとかけ離れることが多いため
反対意見になりますが
その私の見解が正しいとは考えていません。
「こういう見方をする人間もいる」
という感覚で読んでいただければ幸いです
【2008/06/16 23:33】URL | takeshi #GSidmqCI[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://hinomarusoccer.blog60.fc2.com/tb.php/24-2accf707
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。