10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■日本守備陣、最大の欠点は。。。

・敵に抜かれることに臆病になりすぎている。
だからマークするにも距離を開けすぎて身構えてしまう。
・ペナルティエリア付近で相手との距離を開けていては、
マークしている意味が無い。
・強い相手に対してズルズルと後ろに引いて守ってしまう。

これらは全て「ゴールを守らなければ」という
消極的な意識が強すぎて起こる現象だ。

自分が日本選手に意見するならば。。。


「守備の基本は『ゴールを守る』ではなく
『敵のボールを奪うこと』と考なさい。
あなたたちはディフェンスの場面で『ボールを奪うんだ』
という攻めの姿勢が無さすぎます。
『待って守る』だけではいけない、敵のボールを奪いにいきなさい。

それに、ペナルティエリア付近で
容易にシュートを打たれるという状況は最悪だ、
シュートで敵の攻撃が終わるのではなく、
その前に自分達からボールを奪う行動を起こして
攻撃を絶たなければいけない。

『ゴールを守る』はディフェンダーの考えではありません、
それはゴールキーパーの意識です、
ディフェンダーは『ボールを奪う』なのです。
そこを間違えてはいけません、失敗を恐れずに
もっと攻めの守備をしなさい。」

こんな内容の話をするだろう。。。

相手チームのボールが自陣のボールに変わる状況は色々ある、
例えば。。。
・敵がシュートを外し、ゴールキックからプレーが再開する時、
・敵がトラップミスしたボールを奪えた時、
・敵がパスミスをした時、

そう、これらはディフェンダーが相手のの攻撃を防いだのではない、
ミスを待ってボールを奪えただけの弱気の守備だ。
格下相手なら敵のミスを待って守備をしていても戦える、
しかし欧州、南米の強国が何度もミスをしてくれるだろうか?

ということは。。。
相手が強ければ強いほど、「ボールを奪いに行く」
「敵の攻撃を断ち切る」というような
こちらから行動を起こす攻めのプレーが必要になる。
それが出来なければ、世界に挑むことはできない。

とはいえ染み付いてしまった悪い癖を直すのは大変なことだ、
何年かかるかわからない。
しかし、いつか日本が世界レベルの舞台において
攻めの守備が実践できた時、
日本代表の守備力は間違いなく格段の変化(進歩)を遂げることになる。
日本代表が世界を目指すならば厳しい目で^^
ポチッと応援よろしくおねがいします。


にほんブログ村 サッカーブログへ

関連記事
私的提言トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
<<小笠原はボランチだ | ホーム | 宮本をレギュラーから外すわけ>>
■ 難しいんでしょうね
恒さん、統率力はあったも…と思っていました。誰にでもある能力ではないにしろ、W杯では明らかに弱点になっていたように見えたので。
イタリアDFなんかは攻めの守備ですか?(観ていて楽しかったなぁ)…行けないのは国民性ですかねぇ。
【2006/07/21 02:00】URL | ごんた #-[ 編集]

>ごんたさん

W杯は、宮本も駄目でしたが
サントスと福西が酷すぎましたから、
宮本が弱点に見えるのもその影響があったと思います。
「奪いにいく」の力量の差はありますが、
W杯に出場できるレベルの国はどのチームもしていると思います。
イタリアはその能力が高い、
日本も早く悪い癖を直さないといけません。

国民性は確かにあると思います。
それが日本独自のスタイルができ上がる
基になればいいんですけどね^^
【2006/07/21 20:40】URL | ataru #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://hinomarusoccer.blog60.fc2.com/tb.php/13-c163f253
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。