05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■武器の差(オーストラリア戦)


< W杯アジア最終予選:オーストラリア 2-1 日本 >

緊張感の感じる見ごたえのある試合だっった。
こんな「悔しい」と感じた試合を見たのは久しぶりだなあ・・・

はじめて本大会に近いレベルの戦いができたような気がする、
オーストラリアがアジア枠に加わってよかった。
W杯の前にこのレベルの試合を経験できたことは収穫でした^^


ただ、監督の采配には
フラストレーションが溜まる一方です(苦笑)

松井は左サイドで起用してもらわないと困る!(呆)
選手の個性を潰すようなメンバーを組むな!と言いたい
プレーしやすいポジションを任せる、
当たり前のことなんですが・・・

たとえばこの試合のメンバーならMFは
左に松井・ トップ下に憲剛・右に興梠
FWは矢野or岡崎、玉田は必要ない

そして、CBには山口を起用して欲しかった
カタール戦の阿部の不出来を考えると
メンバーから落とすくらいの厳しさがあってもいい。

このところの3試合に限って言えば
「チームとしてマイナス、役割を全うできていない」
と感じた選手は・・・俊輔・大久保・阿部・玉田

評価できる選手は・・・松井・本田・長友・岡崎
といったところでしょうか
つづきをよむ
スポンサーサイト
試合評トラックバック(2) | コメント(2) | top↑
■4強を目指してはいけない
もし仮に、世界に誇れる天才プレーヤーが日本に出現し
W杯決勝トーナメント進出が実現したとしても
それはその一選手に頼っただけの一時的な躍進に過ぎず
日本サッカーの成長とは言えない。

今、日本に必要なのは
世代を越えて引き継がれていくような
世界に通用する「日本のスタイル」を確立すること、
常に決勝トーナメントに進出するような
継続的な強さを目指さなければいけない

その場しのぎの小手先の作戦で勝利をもぎ取ることができた
ところで、将来に繋がるものは残せない、
世界を驚かせることは永遠にできないでしょう


本大会までまだ1年あるとしても・・・
世界に誇れる「スタイル」が日本にはない、
高さ・スピード・走力・スタミナ・個人技・守備力・攻撃力・・・
W杯という舞台で世界に誇れるような
高い質を持った特徴は日本にはまだ無い

(松井・本田を除いては)アジア内での戦いでさえ、
プレッシャーをかけられた途端に落ち着きをなくし
ボール扱いもままならくなり
あっさりと主導権を奪われてしまう日本の中盤、
将来本当に世界を目指したいのであれば
そんな現状の日本代表が世界のベスト4を目標に掲げる資格は無い

目指すスタイルを貫き、世界と真っ向から勝負できる日本の武器の
潜在能力を感じとることができるような戦いを見せて欲しい、
その第一歩を踏み出す戦いをしてもらいたい。

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本代表トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■日本の力量(カタール戦)


< W杯アジア最終予選:日本 1-0 カタール >


それにしても・・・
これがS級ライセンスを持った人物の選択?
岡田さんの選手起用はとうとう最後まで
納得することはできませんでした(苦笑)

・憲剛がトップ下なら、突破力のある選手を多く起用しないとなあ・・・

・なぜ不慣れな今野を左サイドで何度も起用するのか?
見ていてもプレーがぎこちない。
選手層の薄いクラブチームの苦肉の策じゃあるまいし
(駒野は右サイド)長友のバックアップができる
本職の左サイドの選手を召集しろ!と言いたい

・大久保・岡崎・玉田・矢野を使って松井は控え?
選手を見極める「岡田さんのものさし」がわからない。、
松井の何処が不満なのか??私には理解できません。
「流れを変える切り札?」そんな贅沢な余裕はこのチームには無い!



不用意なプレー・ミス、指摘したらきりがない、
その中でも(故障を隠しているのか?内側の原因は知らないが)
阿部のプレーは酷かったなあ(^_^;
そして、いつものことですが内田の守備は怖い(^_^;

ただ私は・・・選手は消化試合にもかかわらず
疲労の蓄積する中でも精一杯戦っていた。
ウズベキスタン戦とカタール戦、審判の不可解な判定があったとはいえ
現段階での力量を考えると、これ以上の質の高いプレーを
求めるのは酷かな?とも感じてしまった。

アジア枠で頭一つ抜き出ているのはオーストラリアと韓国
日本の位置づけはアジアの上位、これが現実なのだと思う。
もしサポーターが「W杯4強」を求めているのなら
この試合はブーイングの嵐にならなけらばいけない
試合だったんじゃやないかな(^_^ゞ

【ポチッと応援投票おねがいします】



オーストラリア戦は双方比較的楽に中盤でボールを持てる
プレッシャーの弱い親善試合に近い展開になる可能性がある為、
その場合の材料としては(代表戦の日程が空くので当分の間は)
ウズベキスタン戦・カタール戦からの抜粋を中心に更新する予定です。

試合評トラックバック(1) | コメント(2) | top↑
■W杯に望むこと(後)


W杯でベスト4に残るレベルの国のパス回しは
一度足元にボールを受けたら
ボールを失わない技術(プレッシャーの中でのトラップ・
身体の使い方・ボールの持ち方)に
裏づけされた強い自信を持った選手達のパス回しなのです。

日本代表のような、
中盤でちょっと強いプレッシャーに合うと
たちまち慌ててしまいボール支配率が下がってしまう、
同じパス回しでも簡単にメッキがはがれてしまう様な
キープ力の弱い選手達のパス回しではないのです

今の日本人選手の能力でパス回しに固執してはいけない。
個々の能力の伴わない状態で、パス回しだけを真似ていては
「W杯4強」には一生手が届くことはないだろう

日本選手の課題は・・・
場面場面で勝負を逃げたり、避けたり、かわそうとする
ボール回しを繰り返すのではなく
一人ひとりが一対一で負けない力強さ
堂々と勝負することができる能力を個々が見につけること。
そして、W杯で日本代表に望むことは・・・

負けてもいい
1対1で闘わなけれ将来は見えてこない
1対1で逃げないで欲しい
正面の敵と勝負を避けないで欲しい
かわすのではなく闘って欲しい
チャレンジして欲しい

そしてメディア・解説者に望むこと、
つづきをよむ
日本代表トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■W杯に望むこと(前)



選手達の必死さが伝わる、親善試合には無い
緊張感の中での戦いでした。W杯出場おめでとう^^

< W杯アジア最終予選:ウズベキスタン 0-1 日本 >

で、私観ですが・・・
松井であったり小笠原であったり稲本であったり本田であったり、
そんな中盤でボールを持てる選手、キープ力のあるタイプの選手が
スタメンにはいない。

もちろん中盤で主導権は握ることができない踏ん張ることも出来ない。
最終ラインで持ちこたえるのが精一杯、厳しい戦いでした(^_^;

中村憲・俊輔・遠藤パサーだらけのスタメン、
適任ではない長谷部・遠藤のボランチ・・・
当初からバランスの悪さを感じていたスタメンは
最後まで修正されることはなかった、
彼にとってはこれがベストメンバーということなのだろう。

駒野が右サイドに起用されたのは不幸中の幸い、
内田の守備力では厳しかっただろうなあ^^

選手達の頑張りは感じた、しかし・・・
パス回しでシュートチャンスを探ろうとする攻撃
パス回しで主導権を握ろうとする中盤
ボールを受けるとまずパスコースを探してしまう他の選択肢を
考えることができない、そんな「癖」が染み付いてしまったようにも見える。
「俺がボールを前へ運んでやる!」
そんな強気な選択肢を持つ選手が居なくなってしまった気がする・・・
残念なことです

「走り回ってパスコースを作る数的優位ではなく
目の前の敵を個の力で打破することで作る数的優位が必要」
ということをいい加減に自覚してもらいたい

今日の相手はウズベキスタン、
これからは(W杯では)遥かに強い相手と戦うことになる。
まだこの弱気な戦法を続けるのだろうか。。。。?

次更新に続きます

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。