01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■チャンスが得点に結びつかない
前半4分、長谷部からのパスを受けた田中達



田中達の右サイドからのセンタリングによって
ゴールの直前までボールは運ばれた。
一見、大きな得点チャンスに見えるが・・・
このセンタリングから得点が生まれる可能性は非常に低い

このボールを得点に結びつける為には
トップスピードで走り込んできた玉田が
ここから更にパスを出さなければならない。
それはちょっと厳しい(^_^;

田中達はしっかりと見定めてゴール前にパスを送ったのですが
ここではゴール中央に走り込んで来た
長谷部or松井に何とか合わせる努力をしてほしかった。

そしてもう一つの問題点は・・・センタリングのタイミング。
最初のトラップ後、直ぐに(敵が詰め寄る前に)
中央にセンタリングを上げてほしかったなあ

ほんの少し、ボール扱いに時間をかけてしまったために
敵に一気に寄られてしまい、長谷部・松井に出す
パスコースを塞がれてしまった。
中央へ放り込むチャンスを逃してしまった(^_^;

この一連の流れで目に付いたのは長谷部の動き、
その田中達にボレーでパスを出した長谷部、
その彼がゴール前まで必死に走ったプレーは
得点にはならなかったが褒められるプレーでした^^

遠藤・俊輔にこの(長谷部の)ようなプレーが出来たなら
日本の攻撃力は厚みを増すのですが・・・

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
私的ピンポイント解説トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■育成枠?必要ない!


将来のA代表を育てるのが狙い?(呆)
香川・内田・岡崎、彼らはてっきり「育成枠」だと思っていた(苦笑)
これじゃ「育成枠」の「育成」だ!

そんな余裕があるのなら水野・家長・柏木ら
次世代の有望な選手を呼んで欲しいものです(;^_^A

リーグにすら出場していない、何の結果も出していない
選手を代表合宿に召集する?
まずは所属チームで練習を積み、出場機会を掴むことが先決のはず。
「選手を育成するのはクラブチーム、代表合宿ではない」


それほどまでに選手を育てたいのならば
サッカークラブの指導者を目指してください。
とはいっても、シーズン途中に選手を置き去りにしたまま
自分の感情だけで監督としての責務を投げ出してしまうような
無責任な人物が指導者として適任だとは思わないが・・・

サッカー協会に警鐘を鳴らし
日本選手に欠けている・足りないものを見抜いていた
オシム前監督が目指していたものが打ち消される。
日本サッカーは一体どこま世界から後退してしまうのだろう?
「日本代表の岡田化」が止まらない

【ポチッと応援投票おねがいします】


代表監督トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
■FWの役目
後半4分の田中達のプレー



いい感じでドリブルに入った
スピードにも乗っている
ここでもう一段ギアを上げて
「トップスピードで空いたスペース(○の部分)に突っ込め!」
と思った瞬間、遠藤に横パス・・・?
ボールを置き去りにして走り去ってしまった(^_^;

代表戦でよく見かけるパターンといえばそうなのですが
(ここでパスを横にはたいてしまうと)
日本お得意の、「延々と続くパス回し」が始まってしまう(苦笑)

ここで突破を挑むのがFWの役目、
敵が立ちはだかっているからといって
勝負から逃げるように
横パスでかわしていては「戦い」にならない

ここは奪われてもよいから
チャレンジすべきシーンでした

よく「引いた相手に対しては攻撃を
仕掛けるスペースが無い」というが、
スペースがあるにもかかわらずそこに飛び込めない
日本代表の攻撃陣にこそ問題があるんじゃないかなあ(苦笑)

(次のバーレーン戦まで、
オーストラリア戦の気になったシーンを中心に更新する予定)
録画されたかたは消さずにそのままで^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本選手(全体)トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■プレーの甘さ
前半8分30秒のFK
闘莉王が競り合い、反れたボールがたまたま内田の前に転って来た。
彼はそのボールをクリアーするが・・・
なぜこんな位置にポツンと一人でいるんだ!?



本来ならは(矢印の選手に)ピッタリとマークに
付いていなければいけない場面なのですが、
プレーが始まった瞬間からボールだけを見て(追いかけて)しまい
肝心のマークについてはすっかり頭の中から消えている

ここは一連の流れの中でのマークではなく
プレースキックの(プレーが止まっている)場面、
しっかりとマークを確認し浮き玉に備えることが出来る場面、
にもかかわらずマークを外してしまう、話になりません(困)

彼はこの手のミスが多い、一向に改善される気配も無い。
(本人は気づいていないかもしれない(^_^;
彼なりに一生懸命取り組んでいるのでしょうが)
はたから見ると彼のプレーは雑、「甘さ」を感じます。
そこが変わらない限り代表に召集することは反対だなあ(^_^;

岡田さんは試合に勝利(得点)するには「リスクを犯してでも・・・」
というが、それ以前に選手起用が既にリスクだらけなのだが(苦笑)
いったい選手の何処を見て評価しているのだろう?(困)

【ポチッと応援投票おねがいします】



日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■守備の評価


オーストラリア相手に無失点に抑えた日本の守備が
評価されているようですが・・・

直前召集の選手達
アウェーでの戦い
攻撃より守備に比重をかける
引き分け狙いの戦い方
ボール支配率で日本が上回るのは当たり前

日本のディフェンスは、真のオーストラリアの攻撃を
食い止めることができたわけではない。
内田・長友・遠藤の守備が
オーストラリア相手に通用したとは思わない。
この試合に限っては敵は攻めてこなかった、
それだけのこと

もし日本がW杯で戦うチャンスを得たとして・・・

つづきをよむ
試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■限界が見えたか?


<W杯最終予選:日本0-0オーストラリア>

試合としては悪いとは思わない
選手も戦っている
見ごたえもある
好ゲームだと思う。ただ・・・
日本の実力が素直に出た試合でもあったような気がする

相手はオーストラリア
海外で活躍する選手が多くリーグ戦真っ只中からの召集
勝つことより引き分けを視野に入れての戦い

そんなオーストラリアにホームで勝ちきれない。
0点に抑えることが出来ても
点を取ることができない。
これが現在の日本の実力だろうなあ

今の日本選手の個々の能力で
まとめ上げたチームとしては
これが目一杯、限界、そんな印象を受けた

つづきをよむ
試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■フィンランド、やる気無し
< キリンカップ2009:日本 5-1 フィンランド 国立 >

日本の完勝、ですが快勝ではない。

たとえレベルが低くとも見ごたえのある好試合は沢山有る。
それは両チームの頑張り・真剣さが
一つ一つのプレーから伝わってくるから

J2の湘南に敗れた今回のフィンランド代表選手の「やる気・実力」、
親善試合とはいえ代表戦でこれほどまで
なまぬるい試合を見ることになるとは(呆)

パスを出す選手に全くプレッシャーをかけない
中盤でも自由にボールを持たせてくれる
日本選手と並走するだけ身体をぶつけてこない
この試合でスライディングした選手・・・いたかな?(呆)


無理にでも収穫を探すとしたら・・・

オーストラリア戦へ向けコンディションを崩した
選手はいないだろう。
本番を1週間後に控えた練習試合と考えれば
身体を暖めること程度には・・・(^_^;

気がかりは・・・

国際試合では能力的に厳しい、内田・長友・香川らを
召集し続けてしまう岡田さんの「選手を見る眼」と
闘莉王の調子がいまひとつ、というところかな?

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。