12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■「考ながらプレー」の大切さ
先日のイエメン戦、
連動性がある・若い選手がピッチで躍動している、
と解説されていましたが・・・
それはボールを持っていない選手達の動きを見て
そう感じていたのでしょう。
一番肝心なボールを持つ選手の動きは・・・?
そんなシーンが目に付いた

目立ったのは憲剛のパスを受けた選手
(特に内田・岡崎・香川)のプレーの質。
「考えてプレーする」という意味が理解できていない。

対イエメンという場であってもトラップ・パス・判断・・・etc
それらが出来なかったということに
現時点では彼らの未熟さ・能力的にも
代表としてもの足りなさを感じた。


そんなシーンをいくつか挙げてみました

< 前半11:50 内田 >


センタリングが遅すぎる。
敵が詰め寄る前にボールを上げてしまわないと・・・
解説者は「勝負っ!」と言っていましたが
ここは1対1で勝負する必要は無い(余計な時間がかかるだけ)
もしくは
タッチライン際にズルズルと下がってトラップするよりも
前へ(ショートバウンドする位置まで)走る。
ボールが「来るのを待つ」のではなく「取りに行く」でも良かったかな


< 前半32:35 岡崎 >


ゴール前に人数は揃っている
ダイレクト(左足)で中央に蹴り込んで欲しかった。
ダラダラとボールを転がしている場面ではない


< 後半09:13 香川 >


これはパサーは青木ですが
トラップして即座に中央へ放り込まなければいけないシーンで
センタリングまで時間の掛かりすぎ、ボールの持ちすぎ。
敵の守備は整ってしまう上に、
彼の動きはゴール前で待つ選手にとって
非常にタイミングが合わせにくい



つづきをよむ
スポンサーサイト
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■不用意なプレー(イエメン戦:内田)
以前にも触れましたが
私なら現在の彼は代表には怖くて呼べない。
「内田を国際試合で起用するのは怖い
(プレーが危なっかしくて見ていられない)」
という評価は現在も変わっていません。

相手がイエメンということで大事故にならなかったが
「重大なミス」と感じたシーンを
いくつかピックアップしてみると・・・
















上から
前半20:18 不用意なキック
〃 40:00 無茶なパス
〃 43:14 奪われなかったからいいようなものの・・・
〃 46:57 どフリーな場面で不用意なトラップ
後半05:40 集中力を削がれたようなだらしのない蹴り

つづきをよむ
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■低いプレーの質(イエメン戦)
<アジアカップ予選: 日本 2-1 イエメン 熊本>

日本とイエメンの実力差を考えると
今日の活躍を素直に評価するわけにはいかないでしょう

岡田ジャパンには「若い」
というアドバンテージで召集される選手が多く
能力的にはA代表としてはまだまだ。
代表に名を連ねる選手ではないなあ・・・
と感じる選手も多く含まれてはいますが
一番大切なのはW杯予選、
この試合のメンバーはあくまで「仮日本代表」
この中から将来A代表に昇格する選手が出てくれれば・・・
今日のメンバーはそんなところでしょうか。

今日のスタメンの若手では
岡崎・香川・内田は代表クラスの選手とは感じない(^_^;
右サイドバック=なぜ加地が代表から落ち
内田がスタメンなのか?不思議で仕方がありません(汗)
(私なら)このスタメンの中で今後も
代表に帯同させたい若手は興梠だけだなあ(^_^ゞ
ボールの受け方、持ち方・攻撃のセンス・技術等々
今回の若手メンバーの中では一番将来性を感じました
つづきをよむ
その他トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■無意味な代表合宿(シュート練習)


メディアによれば・・・
怒濤の“千本ノック”
午前練習のすべてをつぎ込む異例の調整。
別メニュー&離脱者を除く16選手に406本、
その後の居残りでFWと攻撃的MFの7選手に170本。
計576本ものシュートを約100分間打たせ続けたらしいが・・・


怒濤(どとう)の千本ノック?
一体この監督は何をやっているんだか・・・
以前にも書きましたが
「決定力が課題だからシュート練習をさせる」
という安易な考え方・・・
日本最高峰の指導者資格「S級ライセンス」
を有する指導者の考え方なのか?
がっかりというか・呆れるというか(;^_^A

私が感じる日本選手の弱点は・・・

つづきをよむ
代表監督トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■闘う姿勢が・・?(高校サッカー)


全国高校サッカー選手権、
準決勝・決勝をざっとテレビ観戦していたが
う~ん・・・(^_^;

メディアは点を取り合う緊迫した好ゲーム
という表現をするのだろうなあ・・・
私は面白みもワクワク感もなかった。(^_^ゞ

このボールをとられてはいけない
ここで抜かれてはいけない
ような場面でも簡単に抜かれたり
諦めたり、マークをサボってみたり・・・
だらけて見えるんだなあ(苦笑)

厳しさが足りないというか
粘りが無いというか
闘う姿勢が弱いというか・・・
「自分がやらなくても誰かがやってくれるだろう」
という雰囲気を常に感じた。
1対1・競り合い・マーク・・・
とにかく一つ一つのプレーに甘さを感じました。

(もちろん選手は精一杯プレーしているつもりだろうが)
それが感じることが出来ない。
申し訳ないがそんな印象を持ってしまった。

ここにいる選手全てがJリーガー
を目指しているわけではないだろうが
これが日本の将来のサッカーに繋がるとしたら
この精神的に弱い虚弱体質が不安です(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。