10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■カタール戦の3得点


とにかくこの試合の目的は内容で勝つことではなくて結果で「負けないこと」
ですのでアウェーで3点取れたことはずばらしかった。

ですが、この試合で日本代表の得点能力向上の光が見えたのか?
ということをふまえ、
あえてその3点の内容はどうだったかと考えてみると・・・

・1点目の田中達のゴール

蹴りそこないが丁度いいフェイントになり
運よくキーパーの股間をすり抜けた。

確かに達也の動きは良かったが、それよりも
「カタールの守備ってこの程度?」と
カタールの大量失点の予兆を感じさせる場面でした。

・2点目の玉田のゴール

「ナイスシュート」ではあるが・・・
「行き先はボールに聞いてくれ」というような意識で
思いっきり降りぬいただけのキックに見えました。
たまたまゴールに結びついたパターン、非常に確率の低いシュート。
コレに味を占めてこのようなプレー(判断)を
繰り返してもらっては困る。

結果が全ての試合なので点を取ったことはいい。
だだあれだけフリーの場面でダイレクトシュートしか
選択肢が無い玉田の状況判断能力の低さは
やはり代表のFWとしては疑問符が残ります。

1点目はミスキックが幸いした
2点目はおもいっきり蹴ったら入った(頭を使わないプレー)
この試合、得点として評価できるのは3点目だけでした

3点目は俊輔が闘莉王めがけてパスを出す
闘莉王はしっかりと枠のコースに狙いを定めてヘディング。
俊輔のキックの精度と闘莉王のヘディングの正確性
頭で考えた、目的を持った(イメージした)プレーを
実際に表現もでき、ゴールに結びつけることができた得点。

(得点数ではなく)ゴール前であのようなしっかりと目的を持ったプレー、
シーンが増えた時はじめて日本の得点力が向上したと言う事が出来るでしょう。

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
その他トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■チームとしての守備力の差


<W杯アジア最終予選: カタール 0-3 日本 >

この試合の勝因は守備力、
この試合に限っての日本とカタールの差は
「粘り、しつこさ」だったかな^^

日本は前線から相手の身体に張り付き
しつこくしつこく追い回すような守備。
それに対しカタールは一発のタックルで日本の
ボールを奪おうとする単発的な守備。
そこさえかわすことができれば余裕を持って
前を向くことが出来ていたように見えました。

日本の守備は誰が良かったというより
全体として良く守っていたという印象。

・FWの選手はしっかりとボールを追いかけて
攻撃の始点になる選手に楽にボールを持たせなかった。

・DFが時間をかけて守備をしている間に
選手が戻る、2人・3人でボールを奪いに行く

チームとしてまとまった守備、
これは最近の試合では一番良かったように思います。

ただ一人気になるのが・・・ボランチの遠藤、
もう何度も述べていますが彼はボランチとしては守備が弱い。
(私の感覚ですが)小野をボランチで起用するのに近い
ミスマッチだと感じます(^_^;
起用するのなら絶対にもう一つ前の列で起用しなければいけない。
ポジションがないのならベンチに置くべき

あとは3点目を取った時点で俊輔はベンチに
引っ込めても良かったよなあ・・・

それにしてもここまで点差がつくとは(^_^ゞ
カタールに対してアウェーでの3点差勝利、これで
W杯出場(グループ2位以内)ほぼ決まりかな

対アジア・・・
テレビを見ていても予選の楽しみ・緊張感・興奮は
年々弱くなってきている、
出場枠4.5枠を与えられたアジア内では
日本は出場して当たり前という感覚になってきています。

W杯初出場を決めた岡野のゴールあのような興奮は
アジア相手ではもう味わうことはないでしょう。
アジアでは地力をつけてきた、次の目標はW杯での躍進。
ただ・・・

このメンバーでW杯へ挑むのかあ
岡田さんにとっては日本代表なのでしょうけれど
私はこの選手達が日本のトップクラスに位置するとは感じない。
それに加えスタメン・起用法、どちらも
自分の考えとはかけ離れています。

「日本代表が世界の強豪相手にどこまで通用するか?
世界標準に近づいているのかどうか?」
というW杯で最も興味の有るテーマの答えも
岡田さんが監督を勤める限り感じることができないだろう。
観戦の楽しみは半減するかもしれないな、そこが少し残念

次回は日本の得点力が上がったのかどうか?
この試合の3つの得点について少し触れる予定です。

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■シリア戦の失点


実はこの香川のプレーについては
批判するほどのものではないかな?と感じています。
しいて言えば・・・
「手ではなく身体をぶつける(正当なチャージ)ディフェンス
癖をつけること、をリーグ戦でしっかり勉強してきなさい」
そんなところでしょうか。

この場面で指摘(批判)しなければいけないのは
香川のファウルではなく
憲剛のセンタリングを跳ね返されてさから
PKを与えてしまったそのシーンまでの
敵の一連の攻撃を止めることができなかったこと。
消極的な日本選手の悪い癖がモロにでてしまった場面でした。

誰一人として「ガツン!」と身体をぶつけにいかなかったこと
ボールを奪いにいこうとする選手が一人もいなかったこと。
という表現よりも「ボールを奪ってやる
という意識を持って構えていた選手がいなかったこと」
が正しいかな

全ての選手が敵の攻撃に対して身構えてしまった。
そしてその間合い(間隔)すらも中途半端な距離だったために
敵にとってはなんのプレッシャーにもならず
どの選手もフリーに近い状況でプレーさせてしまったこと。
あれではただ人がいるだけ、マークになっていない。
(テレビの画面では確認しづらいのですが・・・
特に緩慢だったのは長友と高木かな?)

抜かれること・背後に走り込まれることを怖がり
ズルズルと下がって守ってしまう選手(消極的な守備)ばかりで
ボールを奪おうとする選手(積極的な守備)が一人もいなかった

これは個々の守備能力(守備意識)の問題であり
「経験の無いメンバー同士の集まりだからとまどっってしまった」
という理由では片付けてほしくないな
つづきをよむ
私的ピンポイント解説トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■親善試合は難しい


< キリンチャレンジ杯2008 : 日本 3-1 シリア 神戸 >

監督にとっても選手にとってもどういった位置づけで臨めば良いのか?
非常に難しい親善試合、とはいえなんとも(日本の選手がだらしないわけではなく)
気だるい試合になってしまいました。見ている側も集中力が・・・(^_^;

この試合の重要性(親善試合と言う位置づけ)・対戦相手のレベル・
シリアチームのモチベーション・海外組、ガンバ大阪は不参加。
そして今日の試合はシリアが中盤でプレッシャーをかけるわけでもなく、
日本選手に楽にボールを持たせてくれる典型的な親善試合モード。

それに対し来週のカタール戦は中盤で激しくプレーッシャーを掛け合い
ボールを奪い合うであろうW杯出場権をかけた超本番モード

当然カタール戦のシュミレーションなど出来るはずも無く
選手の能力を見極める判断材料にもならない。
参考にするのであればそれは「ウズベキスタン戦」であって、
この試合を参考に対カタール戦のメンバーを考えてはいけない

日本にとって救いだったのは疲労の残りにくい、カタール戦まで
ダメージを引きずることのない試合だった、ということくらいかな^^
ただ・・・
代表のユニフォームこそ着ているが
能力的には疑問符を付けたくなる選手がちらほら。

来週のカタール戦、日本代表のレベルダウンに大きく貢献している
玉田に加え、若い選手達(長友・香川・岡崎・内田)までも連れて
行ってしまうのだろうか?
痛い目にあうような気がします。
どれも岡田さん次第で回避できることなのですが・・・

「日本のトップクラスの選手を集めた集団」とは言い難い
このメンバーでは勝っても負けても悔いが残る。
「この選手達で負けたのなら仕方が無い」
と思えるような人選で臨んで欲しかったなあ・・・
つづきをよむ
試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■SB・ボランチの変更を望みます


日本で一表の中で一番ピッチにいて欲しい選手(俊輔よりも)
中澤がカタール戦のメンバーから外れた。

岡田さんがどんなスタメンで臨むのか?
私には予想もつきませんが(^_^ゞ
希望としては・・・
単にCBに寺田や高木を入れるだけではなく
是非!サイドバックとボランチも変えてもらいたい。

・守備に不安な内田をスタメンで起用しない。

・左サイドが不慣れな阿部を左SBで起用しない。
ただ・・・このメンバーからは左SBとして適任
と思われる選手が見当たらない。
気になるポジションです

・ボランチに守備力に長けた選手を置く。
本来なら鈴木啓太のようなタイプの選手が欲しいのですが
このメンバーの中では阿部かな。
長谷部はともかく(本当は反対ですが)
遠藤をボランチで起用するのは危険

これまでの戦いでの不安定な守備の要因は
「ボランチとサイドバックの人選」と考えています。
このままでは、カタール戦で更に悪化してしまうのではないか?
気がかりです

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本代表トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■このFWでどう戦うの?(呆)


カタール戦の代表の(FW)メンバーですが・・・

FW 玉田 圭司(名古屋グランパス)
FW 巻 誠一郎(ジェフユナイテッド千葉)
FW 佐藤 寿人(サンフレッチェ広島)
FW 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
FW 田中 達也(浦和レッズ)
FW 岡崎 慎司(清水エスパルス)

このFWの顔ぶれは一体何なんだろう?(呆)
これでまた巻を外してしまうのかな?
似通った選手ばかり・・・はっきり言って使い道が無い。

走り回る選手は大久保と佐藤で充分、
その他のFWには巻だったり、矢野を招集するべきだと考えます。
個人的には今でも高松(大分)を評価しているんですが(^_^ゞ

玉田はコレまでの試合内容を考えればもう落選させて欲しいなあ・・・
先日のウズベキスタン戦での
日本代表のFWとして物足りない彼のプレー(現在の能力)について
触れておきたいのですが・・・(もし時間があれば(^_^; )
といっても岡田さんの目には
「点も獲ったしシュートも積極的に打っていたし良かった」
と映ってしまうんだろうなあ、悲しい(苦笑)

そして代表メンバーというのは全世代から優秀な選手が
集まる場所だ、「若い」という理由で優遇している場合ではない。
年齢に拘らず本当に力のある選手を招集するべきだ。

次のシリア戦、こんな監督が率いる代表で
スタジアムがどれほど埋まるかな?
観客数に注目しています。

もう一つ・・・・
疑問に感じることは日程、
本番直前にこんなにモチベーションを高めなければならない
試合をするべきなのかどうか?
フォーメーション・約束事の確認程度の
練習にとどめ、後は本番に控えるべき。
リーグ戦の真っ最中、選手の疲労をとることを
最優先にするべきだと感じています

【ポチッと応援投票おねがいします】

代表監督トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
■ボランチ?長谷部&ウズベキスタン戦評


オシム監督はボランチでテストをし、見極めた後
代表召集メンバーから彼を外した。
代表のボランチとしていまひとつ、という点は
オシム監督と同意見ですが
出来れば攻撃的なポジションでテストしてほしかったんだなあ(^_^ゞ
そして岡田さんの元では
ボランチとしてすっかり定着してしまった(苦笑)

「長谷部=ボランチ」というイメージのある方が
大多数だとは思いますが、私は彼が一番力を発揮できる場所は
ボランチではなくもっと攻撃的なポジションであると考えています。
ただレッズ時代からその使われ方が・・・(^_^;
レッズではチーム事情もあってのことだったのですが
ボランチとしてのイメージが広く定着してしまったことが残念です。


ウズベキスタン戦の長谷部評を少し
つづきをよむ
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。