04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■MFとサイドバック


日本代表の左サイド、
私は今の日本で一番優れた左ウィングは松井だと評価しています。
(その他ではサントス)

キリンカップという親善試合の場では「アピール」という意味で
長友の左からの積極的な攻撃参加はよかった。
サイド攻撃を仕掛けることで
アピールも出来た、しかし本番では・・・

もし長友が起用された場合、
それによって松井のサイド突破回数が減ってしまっては、
彼のドリブルが影を潜めてしまっては
チームの攻撃力としてはマイナスになってしまうだろう。

もし岡田監督の中で「日本で最高のウィングプレーヤーは長友」
という評価ならば彼の好きなように攻撃参加をさせればいいが
私なら長友の攻撃参加より松井が攻撃を仕掛けるシーンを
作るようチームに指示するなあ。
日本の左サイドからの攻撃において
最も強い攻撃力を発揮するには「松井に左サイドを任せること」
今はそれがベストな選択だと思う。

そして、選手の組み合わせとして考えてみると
例えば・・・

左MFが遠藤ならば(彼のスタメン起用には反対ですが)
彼は縦へ突破するタイプの選手ではありませんから
左サイドバッグは突破力のある長友でもいいでしょう。

左MFが松井ならば左サイドバックには
攻撃的な選手より守備能力に長けた左利きの選手。
私は(故障から戻った時には)中田を推したい。

俊輔を右MFで起用するならば、右サイドバックは
突破力のあるウィングの仕事をこなせる選手が必要。

「左MFと左SB」・「右MFと右SB」
この2選手はセットで考えて起用して欲しい

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
日本代表トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■噛み合っていないような・・・


<キリンカップ : 日本 0-0 パラグアイ  埼玉>

俊輔を賞賛する記事ばかり目にしますが、私は現時点では?です
というのはこの試合に関しては
他の攻撃的な選手の特徴が消えていたように見えたので

特に気になっているのは・・・
松井の突破が見られなかった、
山瀬の積極的な攻めが見られなかった。
相手が嫌がる攻めが減ってしまたこと。
全体的に「おとなしい日本代表に戻ってしまった」そんな印象を持った。

もちろん俊輔のFKは大きな武器ではあるが
流れの中では俊輔より山瀬・松井・大久保を攻撃の中心にし、
彼らが動きやすいメンバー構成をしたほうが良いんじゃないかな?

・(前回の記事にも書きましたが)松井は右サイドまで
走り回ることは無い、左サイドでどっしりと構え
ウィング攻撃をメインに。
グランドを走り回る体力があるのなら、その体力を左サイド
からの突破に使ってもらいたい。

・山瀬は周囲に合わせようとせず、(奪われても)強引にボールを
運ぶべき、自分の特徴を消してはいけない。
(過去記事から)http://hinomarusoccer.blog60.fc2.com/blog-entry-285.htmlそんな気がした。

他にも気になった点がありましたが、その点は解説の金田さんが
言及してくれた、ということでその部分は過去の記事にも記したので
今回は省略させてもらいます。

(金田さんの意見に同感)
FWの役目・体力の使い方、についての過去記事は
http://hinomarusoccer.blog60.fc2.com/blog-entry-77.html

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■世界を目指すのなら・・・?


<キリンカップ:日本 1-0 コートジボワール 豊田>

遅すぎる感もありますが
やっと今野をボランチとして起用したかあ(笑)
これでボランチを啓太に執着する必要性は薄くなったかな。
長谷部・駒野、ボランチの選択肢が増えたことはこの試合の収穫

FWは大久保を中心としてメンバーを構成視する
ことが今の日本のFWのベスト布陣になるでしょう
全体としては・・・

ホームチームの戦い方ではないかな(苦笑)
アジアのW杯出場枠を確保することが
目標のチームならこの内容の親善試合でも
合格点をつけてもいいのかもしれないが
個人的には「少し不満」、そんな感じでしょうか。
その上を目指すという目線で試合を見ると・・・
中盤でボールをキープする時に敵にボールを晒しすぎ。

・ボールの持ち方が悪い。
(相手が奪えそうな距離でボールを晒してしまうから)
タックルされてしまいボールを奪われる。

・トラップが大きい。
もう少し足元に止めるような
トラップをしなければ相手に狙われる

自らのプレーで相手にボールを奪うチャンスを
与え過ぎ(^_^;
これが世界の強豪との本番W杯ならば
中盤でボールを奪われ続け、
そこから前線へボールを運ぶことが出来ない。
日本は守勢一方の展開になるな(^_^;
おそらく世界ランク20位クラスのチームには通用しないだろう(苦笑)

そして選手個人で気になったのは遠藤とと松井。
つづきをよむ
試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■本当に厳しい?


6月代表は(アジア3次予選の)4連戦、
日程的にも日本代表にとって厳しい戦いになる
よいった類の記事を目にしますが・・・

実際には6月2・7日のホームとアウェーの
オマーン戦に於いてトータルスコアで負けさえしなければ
(2チームが最終予選に進出できる)3次予選は
はほぼ間違いなく通過できるわけですから
この頭の2戦だけに照準を絞れば良いだけのこと。
それに日本とオマーンの実力差を考えれば・・・
「厳しい戦い」という表現には疑問です(^_^;

「厳しい日程」といっても残りの2試合
(6/14のタイ、6/22のバーレーン戦 )は消化試合、
主力選手を起用する必要は無くなるわけですから。

代表戦を盛り上げる為のものでしょうけれど
こういった類の記事に誇大広告に近いものを感じてしまう(苦笑)

日本の実力を考えると
3次予選は全く焦ることはないはずなんだけどなあ。
本番は最終予選から、6月は「日本にとっては
「単なる通過点」と考えています

【ポチッと応援投票おねがいします】

間違いだらけの・・・達トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
■キリン杯、代表メンバーに疑問


リーグ戦に出場すら出来ていない
故障中の選手達をあえて呼ばなければいけない大会なのか?

「指揮官の苦悩がにじみ出た」・・・?
と言っても親善試合でしょ?無理をさせる必要があるのか?
クラブ側が不満を漏らすのも当然だろうなあ(^_^;

親善試合だから手を抜け、負けてもいいとは言わないが
W杯予選にはW杯予選の、親善試合には親善試合の
考え方・人選があると思うのだが・・・

キリン杯は故障中の選手を強行召集しなければ
ならない大会ではないはずだ

【ポチッと応援投票おねがいします】


代表監督トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■守り勝ち


< 第12節:川崎フロンターレ 0-1 浦和レッズ 等々力 >

全員で守り勝ったという印象
「沢山のシュートを浴び劣勢にたたされた」という試合ではなく
中盤からのしっかりとした守備によって
川崎の攻めを押さえていた、
シュートシーンを作らせなかった。

1試合通して全員の守備の意識が高く
中盤ではフリーでプレーさせないよう
前線の選手もしっかりとプレッシャーをかけていた。
それが阿部を中心としたDF陣の安定した守備にも繋がった

それにしても、主審の見る角度からは
脚を引っ掛けたように見えたのだろうが
PKの判定はフロンターレにとっては不運、
あれをPKにされてはDFはたまらない(^_^;

ベストメンバーには程遠いチーム状態で
フロンターレに勝利することが出来た。
今シーズンリーグ優勝したとしたら、
この1試合は大きなポイントになる試合になるかもしれないな。

攻撃はまだまだですが
久しぶりに「安定感のある試合」を見せてくれました^^
WE ARE REDS!

試合とは直接関係がありませんが
スポンサーが大切なのはわかるが、未だに試合の進行中に
CMを入れるテレビ局には首を傾げたくなります(苦笑)

【ポチッと応援投票おねがいします】

浦和レッズトラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■危なげの無い試合展開


観客動員数アップが期待できる大型連休、
企業としては絶好の稼ぎ時とはいえ
サッカー選手にとってはなんともきつい日程です(苦笑)

そして、今シーズンは優勝を狙えるのか?
降格の危機感を感じながらシーズンを戦うことになってしまうのか?
このハードな試合日程を消化した辺りから
各々のチーム力が素直に順位に現れ始める頃でもあるような気がします。

<第11節:浦和レッズ 3-0 ジェフ千葉  埼スタ>

永井の右サイド、暢久のボランチ、
「これいいんじゃない?^^」そんな印象を持った今日のスタメン。

後半開始からの永井に代えて細貝の投入は・・・
相手がジェフであったからこそ出来た大胆な決断かもしれない。
(ひょっとしたら永井が痛んだのかな?)

レッズは全く危なげの無い戦いぶり、安心して観戦できる
試合展開だったがジェフの選手の動きを加味すると
今日の試合でレッズは守備が安定してきた、
攻撃が様になってきたという評価はしにくい。

次節10日の川崎フロンターレ戦でどんな戦いぶりを見せてくれるのか?
で今のレッズの状態がある把握できるような気がします。
具体的には・・・

・左サイドの堤がしっかり守備をこなせるのか?
・堀の内が安定した守備力を見せられるか?
・細貝がボランチとしての機能するか?
(啓太が復帰する可能性もあるが)
・高原が得点に絡めるのか?

一言で言えば今の好調フロンターレ相手に
ベストメンバーには程遠いレッズが通用するかどうか?
予想では今のレッズのメンバーでは、6:4(7:3に近いかも)で
押し込まれる試合展開になるかな~?とみています(^_^;
(勝利する、負けない為には)守備陣の頑張りに期待して

WE ARE REDS!

【ポチッと応援投票おねがいします】
浦和レッズトラックバック(0) | コメント(3) | top↑
■監督の責任?(ジェフ千葉)


もし、指揮官交代という結果になったならそれは
「10試合勝ちなしで最下位に低迷している責任を
とる形で辞任」ということになるのだろうが
本当に監督の責任か?

マスコミはフロントの悪口は書けないのかもしれないが
主力選手の大量に流出
その代わりとなる戦力の補強もできないまま
選手のフロントに対する不信感をぬぐえないまま
リーグ戦を戦う状況を作ってしまった経営陣にこそ
問題はあると思うのだが・・・

千葉のサポーターの方々はどう感じているのだろう?
そこを一番大切にしなければならないはずなのですが・・・

【ポチッと応援投票おねがいします】

間違いだらけの・・・達トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■徐々に・・・
<

<第10節:ヴィッセル神戸 1-1 浦和レッズ>

今のレッズの現状を考えれば首位でいるわけですし
アウェーで引き分けだから・・・まあよしとするか。

この試合も内容は相変わらず、
とくにディフェンスがどうも危なっかしい。
動いている選手を捕まえ切れていないというか
マークになっていないマークが多すぎる(^_^;
先制して追いつかれてしまった試合展開ではありましたが
「引き分けで良かった」という試合だったかな

堤・細貝には実戦経験を沢山積み、力をつけてもらいたい。
今は多少のことは眼をつぶって・・・そんな起用にも感じられる。
個人的にはボランチに細貝ではなく梅崎を起用してみたい気もするなあ^^

攻撃に関しては、永井の復帰が大きかった。
彼が加わるといい攻撃が出来る。
ポンテとサントスそして啓太が戻った時、
試合内容も期待できるいいメンバーが組めそうな
期待をさせてくれる雰囲気はあるな^^

WE ARE REDS!

【ポチッと応援投票おねがいします】
浦和レッズトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■レッズ首位


<J1・第9節: 浦和レッズ 4ー2 コンサドーレ札幌 埼玉スタジアム)

首位になったことはなったのですが
今年のレッズのゲーム内容はどうもすっきりしない。
贅沢かもしれませんが内容は不満です(^_^;
少なくともアジアチャンピオンという称号を得たチーム
には見えないよなあ(苦笑)

小野・長谷部・ワシントン・ネネが抜けた
今シーズンの選手層は去年に比べるとかなり薄い、
シーズンを通して考えると不安は当分続きそうです。

ますはポンテと啓太が復帰、闘莉王がDFに落ち着く
スタメンが組めるようになればそこそこ
安定感のある戦いはできるかな。
後は・・・サントスが復帰すれば
FW陣が不安とはいえ攻撃力はそこそこ充実するでしょう。

今のレッズの戦いぶりは
サポーターという立場で試合を見れば
勝利することで満足感を与えてもらえますが
客観的にサッカーが好きな人を満足させられるかと言うと・・・
今のレッズの試合を観戦しても
魅力は感じないかもしれないなあ(苦笑)
ミスは多いし攻撃に魅力が無いしDFは不安定だし(^_^;

ただ、逆に考えればこの状態で首位にいるわけですし
これまで出番の少なかった
堤・細貝ら若手がこの機会に成長してくれれば
選手層が厚さを増すことになるのですが・・・
ただ試合を見る限り、それにはもう少し時間がかかるかな?
というのが正直な感想です^^

WE ARE REDS!
【ポチッと応援投票おねがいします】



浦和レッズトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。