10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■踏ん張れレッズ!


天皇杯4回戦、J2愛媛にまさかの敗退。
「主力を温存させた」それは敗因にはならないだろうな。
そんな理由で2-0で敗れるチームならば
リーグ制覇もアジア制覇もできなかった。
クラブによってその位置づけが異る天皇杯というカップ戦に対して
今のレッズの選手はモチベーションが維持出来なかった
ということかもしれない

疲労を蓄積させて戦う選手達はここまでサポーターの
後押しによってモチベーションを維持し続け
ギリギリのところで踏ん張ってきた。
この関係がリーグ制覇を決める一戦を目前にして
2試合続けて崩れたことが心配です

最終節の対戦相手、横浜FCの主力選手が解雇されたようだ。
横浜FCにとっては消化試合だとしても
なぜリーグ戦が残っている段階で解雇通告してしまうのか?
こんなフロント陣が運営するクラブが
はたしてサポーターに支持されるかどうか・・・
横浜FCの来期以降が心配です

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
浦和レッズトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■懸念していたことが現実に?・・・岡田ジャパン


オシム監督の後任、「岡田さんだけは止めてくれ」という思いが
真っ先に浮かんだと同時に嫌な予感も過ぎりました。
そう感じる時に限ってサッカー協会が前向きに動いてしまう
経緯を何度も味わってきたもので(苦笑)
そしてどうやら今回も・・・(^_^;

好き嫌いの問題ですが、私は彼のサッカースタイルが嫌いです。
(彼のサッカーについて、外野の私が感じたことを
述べただけであり彼を人間的に批判するものではありませんので)

日本サッカーにとって初めてのW杯という大舞台
本気の世界を相手に日本代表が何処まで出来るのか?
始まるまでは期待を膨らませワクワクしていました。

しかし、いざ始まってみるとその戦いぶりは
引いて引いて・守って守って・かわしてかわして・・・
あまりにも消極的なサッカー、ものの見事に期待を裏切られた

守って守って1-0なら、5点取られても1点取ってほしかった
世界を相手に避けるのではなくぶつかってほしかった
どこまで通用するのかを試してもらいたかった
当たって砕ける場面が見たかった。
そこで世界との差を身をもって感じ、日本代表の次のステップが始まる
そんな道筋を期待していた

あくまで個人的な見解ですが
Jリーグでも監督としての経験が豊富な彼だが、そのサッカーは
まるで選手を将棋の駒に見立ててゲームを進めようとしているような
頭でっかちの理詰めの戦法に見え、そこに魅力は感じません
つづきをよむ
代表監督トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■連覇持ち越し


<J1第33節:浦和レッズ 0-1 鹿島アントラーズ>

10人の相手に攻めきれない
レッズらしいとも言えますが・・・悪い面が出てしまった(^_^;
本山の左サイドは予想外でした。
勝利が絶対条件のアントラーズ、攻撃的な選手は外したくない。
レッズの右サイドは細貝、ということが決断の理由か?

DFの岩政と大岩の頑張りが光りました。
この試合だけを見ると「何故代表に選出されないのだろうか?」
と感じますがリーグ戦をくまなくチェックしているオシム監督が
判断したわけですから原因があるのでしょう。

我がレッズは・・・
小野のパスの質の高さは相変わらず、ポンテと被ってしまう為
控えが多いが日本選手の中ではトップクラスでしょう。
これで怪我に強かったら・・・
小野・田中達、シーズン通してプレーできない点は
代表選考では大きなマイナスだろうなあ

そしてこの試合、「審判がゲームをコントロールできていた」
とは言えないかも知れないが・・・笛を吹かれるたびに
主審に詰め寄る選手達の態度は情けなく不快感を覚えた。
終了直前に退場処分になった鹿島の選手は
一体どんな暴言を吐いたのか?
場目々での攻防では見ごたえのある好試合でも
アントラーズ戦はどうも後味の悪い試合が多い、それが残念だ

それにしてもこの試合に限らず
レッズに勝利した相手チームの喜び方は凄いな。
それだけ浦和レッズがビッグクラブへと成長した証かもしれません^^
最終節の勝利、リーグ連覇を願って
WE ARE REDS!

そしてもう一つの地元チーム大宮アルディージャ
(ほぼ確定ですが)残留決定を勝利で飾ってもらいたい

【ポチッと応援投票おねがいします】

浦和レッズトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■悲願達成!(後)
18日の清水戦で今季公式戦のホームゲーム入場者数が
Jリーグ史上初めて100万人を突破したようです。
ホーム23試合目での達成でした



最下位が指定席の弱小チーム、応援しているこちらまで
グッタリしてしまうようなプレー・試合の繰り返し、
J2に降格した経験もある。
しかしJ1だろうがJ2だろうが、どんな状況でもサポーターと
チームの距離は変わることはなかった。
選手は(移籍せず)レッズに残りJ1復帰を目指す道を選択する
サポーターもチームを見捨てない

試合があれば黙っていてもスタジアムは満員だった
Jリーグバブル時代、(入場料収益目当てで)ホームを離れ
キャパシティの大きいサッカー場を使用するクラブチームがある中、
レッズは収容人員が少ない駒場サッカー場にこだわった。
地元で試合を行うことを優先させた

応援も選手個人を応援する集合体というより
「おらがチームのレッズを応援する・レッズのユニフォームを
身に着けた選手全てを応援する」という感覚が近いような気がします。
「強烈な地域密着」これがレッズの土台。
ここまでのビッグクラブに成長を遂げた最大の要因でしょう

これでアジア代表としてクラブワールドカップに出場するわけですが、
レッズは(他のチームと比較しても)疲労・怪我・痛みと
向き合いながらの戦いになるでしょう。
結果がどうあれ、ここまでの長い道のりを乗り越えたことを
称えてあげたい
つづきをよむ
浦和レッズトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■フル代表目指して (サウジ戦)


<北京五輪アジア最終予選:U-22 日本 0-0 U-22 サウジアラビア>

ホームのカタール・ベトナム戦で不甲斐ない試合をしたかと思うと
アウェーのアジア戦では素晴らしい頑張りを見せる。
好不調の波が大きい感のあるU-22代表ですが
今日の最終戦は良い波が打ち寄せて来てくれました^^
スタメンの李と岡崎の2トップは予想外でしたが
対サウジ対策というより「べトナム戦の良い雰囲気のまま望む」
という考えでしょう。

試合はスタートからトップギアに入れたような力の入った戦い、
「う~んこれで90分持つのだろうか?」
そんな不安も過ぎりましたが、後半にバタバタする
いつものパターンも見られず、終わってみれば最後まで
集中力を切らさず中盤での守備、攻撃の意欲を最後まで維持、終盤でも選手交代の必要を感じないほどの素晴らしい試合をしてくれました。

得点こそ出来なかったが0点に抑えることが出来た。
その要因としては中盤の選手の頑張りが大きかったかな。
DFよりも中盤の選手の攻守が光った試合、決定力だけは日本の
永遠の課題になるでしょうが、こんな試合がコンスタントに出来れば
北京でもいい経験が出来るでしょう

FWの岡崎も良かった、技術はしっかりしているようだし
あれだけFWがボールに絡んでくれればよい攻撃が展開できる。
ただ後半32分のビッグチャンスは
せめて枠には蹴り込んでほしかった(^_^;
寛大?な日本のメディアは出場権を獲得したことで
指摘することは無いかもしれないが、彼には(将来の為にも)
「勝敗を左右する重大なミス」として強く反省してもらいたい

これでアジアを抜け出し世界の強豪と本番を交えることができる
貴重な権利を手に入れたわけですが
この世代の選手がフル代表のスタメンに一人も名を連ねることが
出来ない現状は寂しすぎます。

この絶好の機会を自らの成長に繋げてもらいたい。
そして北京五輪終了後、この中から実力でフル代表に昇格する選手が
現れてくれることを期待しています。
五輪出場おめでとう^^

【ポチッと応援投票おねがいします】


試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■サウジ戦へ向けて


先日サウジアラビア戦の代表メンバーが発表されたが
森島と家長が外れたのには驚きました。
(森島は追加招集されたようですが)
昇格争いのセレッソ大阪・優勝争いのガンバ大阪、所属チームの事情?
もし日本が得点が必要な展開に追い込まれた時
家長の不在が響くかもしれない。

この試合の重要さ、意味を考えると
反町監督は表向きには「勝に行く」と発言していますが
この大一番で試合中に「攻めろ、上がれと」支持したところで
おそらくピッチ上の選手はそれをしない・出来ないでしょう。

攻撃は前線の選手だけで打開する、残りの選手は敵のカウンターを
考えると上がることが出来ない、体が前へ進まない、
「攻撃3割りで守備が7割」そんな展開になるような気がします。
前半は攻撃に人数をかけてまで1点を取りに行くことはないだろうな

そう考えるとサウジ戦のスタメンは
中盤でしっかりプレッシャーをかけられる守備の出来る選手
が必要になるわけだが・・・

もし水野を起用するのなら攻撃的なポジションで
限りなくFWに近い場所でプレーしてほしい、
MFとしての起用ならばスタメンは反対です。

後ろからの押し上げは期待できない、彼のキープ力・ドリブルで
ボールを前に運んでもらう、FW陣だけ(少ない人数)で
フィニッシュまでいけるように・・・
となるとFWは走り回る選手よりボールに絡める選手がほしい、
このメンバーの中では森島かな?
MFは・・・自分ならば柏木より梅崎を推したいのですが・・・
ただ反町監督が合流して間もない梅崎を起用するかどうか・・・?

下の世代からの召集・怪我・出場停止等々、様々な影響もあったの
かもしれないがU-22はメンバーを固定できていない。
それが高いレベルでのスタメン争いが原因なら嬉しいことだが
このチームはどの選手も「帯に短し襷(たすき)に長し」という印象

敵のスタイルに合わせ何とかやり繰りせざるを得ない
最後まで軸になる選手が育たなかったなあ・・・と感じています(^_^;
大量点で勝つことが目標だったベトナム戦と
勝or引き分けで1位が確定するサウジ戦、
同じメンバーで望むことはまずないでしょう

結果はどうであれMFとFWをどうするか?
「反町監督の選手選考」が勝敗に大きく係わる可能性がありそうです

【ポチッと応援投票おねがいします】

その他トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■高さで勝負できた相手(ベトナム)


<北京五輪アジア最終予選: ベトナム 0-4 日本>

内容も結果も圧勝でいいでしょう。
今日の試合の目標は1点でも多く得点すること。
後から行われるカタールにプレッシャーをかけられる
ような圧勝で終わること・・・微妙だな(^_^;

気になったのは戦い方。
ベトナム相手ならば本田と水野のキックの質があれば
サイドから単純にゴール前に蹴り込みさえすれば
大きなチャンスが生まれる可能性が高い。

FKからの先制点、そして左サイドからの浮き玉に合わせての追加点
「ヘディングで勝負すればいける」と選手は感じてもいいと思うのだが
どうもパスを繋ぐ意識が高すぎるのか
そんな単純な攻撃を仕掛けるシーンが少なかったな。
ピッチ状態を見ても単純に蹴り込んだ方が・・・
後は相変わらずファウルが・・・悪い癖がついてしまったか?

平山に関しては良くも悪くも注目されているようだが
私はこのチームの中では得点能力は長けていると評価しています。
反町監督は見切りをつけてしまったのかな?

【ポチッと応援投票おねがいします】


試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■回復を祈って


この時点で回復の兆しがあるのなら会見でも(病院側から)話が
出来ると思うのですが病状は明らかに出来ていない。
川渕キャプテンの言葉を詰まらせる会見を見る限り・・・
たいへん心配です。

監督としてでなくても構わない
日本のサッカーを診てほしい。
それが叶わなくとも命だけは・・・
回復を祈っています
その他トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
■悲願達成!夢は叶う (前)


<ACL決勝 第二戦:浦和レッズ 2-0 セパハン>

スコアは2-0、しかし内容は・・・
終始攻めるセパハンVS守るレッズ、という展開、
内容では押されていた。特に後半はヒヤヒヤでした。
サッカーに判定があったら負けかな(^_^;

レッズは終始守備的、攻撃はワシントン・永井・ポンテの3人のみ。
いつもならこれに長谷部が加わり両サイドからも・・・
となるところですが、作戦なのか、大舞台のプレッシャーなのか
攻撃参加が殆ど見られなかった。
「FW3人にDF7人」そんな布陣になっていました

一番怖かった時間帯は後半15分過ぎ以降・・・
選手の足が動かなくなってしまった。
ボールが奪えない・キープできない
その姿は「積み重ねてきた疲労の蓄積が出てきてしまったか?」
しかし2点目が入ると、レッズがボールをキープする時間帯が増え
(敵の攻撃力が衰えたのかもしれないが)選手が蘇りました

長谷部ではなくポンテを堀の内と交代にはビックリしたが
ベンチでは長谷部が体力的に余力あると判断したのでしょう。
最後に岡野をピッチに投入した采配は嬉しかった。
レッズの昔を知るオジェック監督らしいとでもいうか・・・



前線からしっかり守備をし
攻撃に転じればボールを落ち着かせていたポンテ

敵のプレッシャーを受けながらも
しっかりキープできる発揮するワシントン

ボールを持てば前へ進もうとする永井

貴重な経験の積み重ねで成長を感じる平川

攻撃には目もくれず100%守備に徹する坪井と堀の内

闘莉王の上がった後をカバーする超守備的ボランチの啓太

攻守のバランスを考えながらプレーする阿部と長谷部

MFを追い越して前線に飛び出す闘莉王
ただ今日に限っては自重していたのかな?

そして一番の強みは選手層の厚さ、シーズン通して落ちることの無い
チーム力、中心選手が欠場することがあっても
その穴を埋める力量のある選手が控えている

苦しい試合だったが振り返ってみると
個々の選手の役割をしっかり出し、勝利に繋げることが出来た。
敵の攻撃を受けて立ついつも通りのレッズらしい試合だった

「おめでとう浦和レッズ」それにしても勝ち方が上手くなりました。
負けないチームになったなあ^^

【ポチッと応援投票おねがいします】


サッカー協会トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■日本チームの過密日程


アジアチャンピオンになるための最大の壁は
過密日程にあるのかもしれない。
「選手層が厚い」といわれている浦和でさえもこの状態、
他のチーム関係者は故障者・疲労困憊の選手を抱えながらも
勝ち進む浦和を見てどう感じるかな?

「いつか自分達も・・・」という思いもあるかもしれないが
「とてもじゃないがこんな日程で試合はこなせない、
選手が壊れる」そう感じているかもしれない(^_^;

個人的にはこれだけ酷使したレッズ選手の来年が
心配なんですよね(^_^;
無理をした歪が来るんじゃないだろうか。。。?

もしアジアを見据えるのならばスタメンと控え選手の差のない
チーム内で力の落ちない2チームが作れるほどの
選手層の厚さが絶対条件でしょう。しかし・・・

外国人枠は3人・残りは日本選手、そんな条件で
選手層を厚くするということは難しい
スタメンと控えの力量の差が出てしまうのはどうしようもない。
その為、ほぼ固定されたメンバーで1年を戦わざるをえない

日程に耐え得る選手層を持つことの難しい日本で
ヨーロッパの真似事かどうかは知らないがトップリーグが18チーム
というチーム数は釣り合いがとれてるとは思えない

川崎フロンターレのACLを見据えた選手起用に
「Jリーグをなめている」と発言する前に選手層の薄いチームで
乗り切らなければいけないこの過酷な状況を問題視するべき

J1=18チームという過密日程の根源と
外国人枠を検討することが先決だと思うのだが。
サッカー協会はいったい何処を向いているのやら・・・

【ポチッと応援投票おねがいします】


浦和レッズトラックバック(0) | コメント(5) | top↑
■頂上は目の前に


<ACL決勝第一戦: セパハン 1-1 浦和レッズ>

前半は積極的にボールを奪いに来るセパハンに対して
レッズは・・・
中盤でむやみに飛び込んでファウルをしない
あえて中盤はボールを持たせる、抜かれなければいい
マークだけはしっかり、最終ラインで跳ね返せばいい
ホームで強いセパハン相手に前半は体力温存、後半勝負

「序盤から守勢に回り、苦しい展開を強いられた」
ではなく自ら守勢を選択した、中盤でぶつかり合うのではなく
攻撃を受けて立つ作戦、そんな戦いに見えた

見ている限りではズルズルと引いてしまう守備が
怖かったのですが結果的には0に抑えることが出来た。
少ない人数でも個々の力で得点チャンスを作ることが出来る
レッズらしい得点でもありましたが
そんな前半での得点は予想外でした。

後半は相手にボールを持たせるのではなく
中盤からもう少し厳しくプレッシャーをかけ
ボールを奪い自分達でボールを保持する時間を増やして欲しい
と思った矢先、いきなり同点弾をくらってしまいまった(^_^;
それにしてもチャンピオンリーグ決勝の会場としては
アジアらしいと言えばそうなんだが・・・ちょっと寂しい

第2戦 が行われる11/14日は
廃藩置県によって埼玉県が誕生した日、「埼玉県民の日」です。
もう勝つしかない!
「アジアチャンピオン誕生の日」という歴史が刻まれることを願って
WE ARE REDS !

【ポチッと応援投票おねがいします】


サッカー協会トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■中澤評


国内でプレーしながらも海外で活躍する選手と遜色のない力強さを
代表(実戦)でも発揮できる数少ない選手の中の一人

代表クラスの選手でも「試合での失敗・経験が次に全く
生かされていない、同じ過ちを繰り返す。
反省すらできていないのでは?」と思われる選手、
ただ試合をこなしているだけの選手が国内には沢山見受けられる中で
彼はW杯を始め日本代表として様々な国と戦った経験
それを反省し改め、しっかりと次の機会に繋げている。
その積み重ねで一歩づつ成長してきた選手だと感じています

実戦という最高の練習の場を与えられても
成長に繋げることの出来る選手が少ない中で
試合を経験することで成長してきた選手
もちろん才能もあるが、そんな努力の跡を感じる選手

ヘディングは勿論ですが、時には積極的にボールを奪いに動く
攻めの守備も随分と様になってきたように見えます。
彼に代表のセンターバックを任せることには文句ありません

しいて言えば、試合中に不甲斐ないプレーをした選手を
怒鳴りつける程の勢いで中澤がチームを引っ張ってくれれば。
俊輔にキャプテンシーは望めそうにないので(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■長所は運動量?


「前線での運動量の多さと守備をする選手」
オシム監督の選考条件の中の一つだと思われます。
羽生・山岸・巻あたりになるのかな?
これに該当すると思われる選手はジェフの選手に多い

ジェフで彼らを指導したオシム監督が彼らについて
そう感じるのであれば確かでしょう。

しかしこの選手達、1試合通して戦うことが無い、
途中交代が前提にある為に試合開始から走り回ることが出来る
とも考えられる。
もし90分間通して戦うという前提であったなら
ボールに絡んだ場面での能力に不安のある彼らは
後半はチームの脚を引っ張る選手になってしまう可能性が高い

疲れたら交代できる選手と
90分間ピッチに立ち続けなければいけない守備的な選手、
前者が走り回るのは当然のこと

前線からの守備が不可欠の時代のサッカーならば、そんな役割を
担う選手も必要なのかもしれない。しかしジェフの選手だけが
運動量に長けているわけでは無いわけで・・・

「動けなくなったら交代するから始めから飛ばしていけ」と言われれば
彼ら以上にチームに貢献できる選手はいるんじゃないかなあ(^_^;

「リーグで結果を残している選手を呼ぶ」
と言っていた割にはガンバ・鹿島・清水のなどの上位チームからは
わずかしか召集されず出場の機会も少ない。
下位に低迷しているジェフの選手にこれだけ
チャンスを与えるのなら彼らにも・・・

オシム監督のの望む動き・考えについても他の選手より
理解度は高いでしょう。そんなジェフの選手を召集したくなる気持ちも
わからなくはないがJリーグと代表は戦う相手のレベルが違う。
「ジェフ以外の選手に前線での動きと守備の必要性を説いた上で
テストする機会を与えてもよかったんじゃないかな?」と感じています

【ポチッと応援投票おねがいします】
日本代表トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。