07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■総当たり戦?


五輪出場権を賭けた最終決戦、出場権は1位のみに与えられる。
となると最終戦までもつれる確率が高い、それとは反対に
早々と1位の可能性が消えてしまう国も出てくる。
選手のモチベーションによっては大量得点・大量失点など
得失点差に大きく影響してしまう試合も

そんな組み合わせ・日程の妙で
出場権を得る国が出てくるかもしれない。
実力で決着を付けさせる為にも
トーナメントが理想だったと思うのですが・・・
「1位だけを決める為の総当たり戦」というのはどうも違和感があります
裏の事情は知らないが、出来ることなら
トーナメント方式で争ってもらいたかったな

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
私的提言トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■水野の苦悩(ベトナム戦)


パス・キックが乱暴で雑なな選手が目立つ攻撃陣の中で
正確なパス能力を備えているように感じるのはは水野のみ、
このチームの攻撃力は水野にかかる比重がとてつもなく大きい。
そんな彼がベトナム戦では見方の乱暴で雑なパスに
苦しめられたように見えた

水野の前の空いたスペースに乱暴なパスを出し彼を走らせる、
パスの精度が悪いものだから追いつかない・処理できない。
スペースがほとんど無くともそこに蹴ってしまう
見方選手の判断ミスを伴うパス。
ボールを受けるタイプの選手ではない彼が
見方の雑なパスのおかげで無駄に右サイドをに走らされていた。

彼はスペースに走りパスを受けることは出来ても、ボールを持つと
何も出来なくなる選手が多い日本のFWの中で
自らボールを持ち前へ運ぶことが出来る数少ない選手、
足元にパスを出してあげれば、あとはドリブルで勝負してる。
にもかかわらずスペースに無茶なパスを出し走らせてしまう
味方選手の状況判断の無さ

「もっとしっかりしたパスを出せ!」と味方を叱咤したり、
「ここにボールを出せ!」と強く命令してもいいと思うのだが・・・
能力があるのだから他の選手を引っ張るような
もう少し感情を出してプレーしてもいいように感じた。

【ポチッと応援投票おねがいします】


試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■このチーム・・・弱い(ベトナム戦)


<北京五輪アジア最終予選:U-22日本 1-0 U-22ベトナム>

これまで五輪代表チームの試合を観続けてきた、それに最終決戦の
ベトナム戦を合わせこのチームに対しての評価は・・・
トラップ・パス・キックの正確性・判断能力・プライドetc
一つ一つのプレーに能力の低さを感じる選手が多い、
「このチーム弱いな」と感じた

ベトナム戦についても「もっと点が取れた」というより
「点の取れないチーム力」という表現が正しいのかもしれない。
この試合が不甲斐ない内容のか?それとも現在のチーム力としては
妥当な内容なのか?残念だが私は後者だと感じています。

(独断ですが)今回の五輪代表のチーム力はJリーグで言えば
J2の上位チーム、あるいはJ1で降格争いを演じるチーム
と同等のチーム力と評価しています。
そんなチームの選手達が年齢の恩恵を受け
日本代表のユニフォームを身に着けているだけ。

「能力はJ2クラス」と考えると、数え上げたらきりがない
選手達への不満も当然かもしれない。
代表のユニフォームに錯覚を起こしついつい高いレベルを
求めてしまう、しかし実際には遠く及ばない
そのギャップが不満を増幅させてしまう。
このチームを「将来の代表を担う選手達」という前提で
評価するには値しないような気がする

もちろんフル代表に一番近い位置に居るのは五輪代表の選手達
ではなく全ての年代の中でレギュラーを争いをしている
国内リーグのスタメン選手達なのだが・・・私が将来を感じる選手は
水野・家長の二人だけというのは何とも寂しい限りです。
それにしても、どうしてスタメンではないのだろうか?
彼を切り札として控えに置くほど
余裕のあるチーム力だとは思えないのだが・・・

それとずっと疑問に感じている選手について・・・
フロンターレの谷口は何故五輪代表メンバーに入らないのだろう?
私は彼のことを「攻撃好きなボランチ」という程度の認識しかなく
その資質を詳しくは知らない、しかし川崎でレギュラーを張っている
選手がこのチームから外される理由がわからない

原因が「実力」以外のところにあるのか?
反町監督自身に彼を嫌う理由があるのか?理解できません(;^_^A

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本選手(全体)トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■格上すぎたかな?(カメルーン戦)


<キリンチャレンジカップ: 日本 2-0 カメルーン>

「もし日本がカメルーン相手に勝利するとしたら
これしかないな」そんな試合でした

「田中達、大久保をもう少し見たかった」
という気持ちも残るかもしれないが、この試合は
試合状況によっての選手交代でも守りきる為の選手交代でも無く
新しく召集した選手全員の起用が前提としてあったと考えれば
選手交代によってバランスが崩れたことも仕方の無いこと、
そこを責めるつもりはない

この試合の(私なりの)最大のテーマは勝利ではなく
攻撃的選手の発掘、そう考えると今日出場した攻撃陣に
優劣はちょっとつけられないな。

中盤でボールが持てない、キープできない、パスは回せない、
カメルーン相手に攻撃陣は仕事のチャンスが無かった。
勝利こそ収めることが出来たが内容では圧倒さた。
FWを試験するにはちょっと相手が強すぎたかもしれない(^_^;
DFは良い経験・トレーニングになったが
攻めに関しては明らかな能力差を感じました。

FWについては収穫は無かった。
しかし今日の試合をFW評価の判断材料にすべきではないし
これまで格下相手に内容を残せなかった選手達と
同等に扱って欲しくはない、
今回選出された選手達には追試のチャンスを与えて欲しい

それにしても今だにFWで目処が立つ選手は高原だけ
という現状はちょと寂しいな(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■ようやく。。。


対カメルーン戦の日本代表メンバー。
やっと千葉の選手に見切りをつけてくれたか~C= (-。- ) フゥッ
今回のメンバーに海外組を加えたメンバーで
アジアカップに臨んでほしかったなあ。。。
それにしてもここまで引きずるとは予想外、
随分と時間がかかってしまったが
少しずつ日本代表らしくなってきたかもしれない

(私は一貫して高松を推していますが)
当面は攻撃陣が誰に落ち着くかに注目かな、
とにかく追加し召集した選手は試合で使ってもらいたい
チャンスすら与えられず代表から外すようなことはしてほしくない。
後は個人的には憲剛を攻撃的な位置で、
遠藤は控えにまわしてほしいのだが。。。

そして反町監督の五輪代表メンバーの発表。
どのレベルが限界の選手なのか?ということを反町監督なりに識別し
22歳以下全ての選手の中から選出したことに評価したい。
私も増田とカレンは五輪代表としては力不足だと感じていました

オシム監督は千葉の選手を代表では通用しないと判断した
(と思いたい)、反町監督の通用しない選手に見切りをつけ
年齢に捉われることのない選出、
ここへきてようやく両者とも代表監督らしい選出になってきた。

【ポチッと応援投票おねがいします】

代表監督トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■怖さの無い俊輔


私は憲剛を推していますが「フル代表でトップ下に起用する選手、
パスの質の高さを求めるなら俊輔」が大方の意見だと思います。
ただ私なら今の彼をトップ下で起用したくはない

その理由は、(敵のDF目線で見ると)「怖さ・嫌さが無い
選手だから」前へ突進する力が弱すぎる、DFを目の前にしてしまうと
パスで逃れてしまい突破しようとする意識が感じられない。
パスの能力はありますが、試合の流れの中で
トップ下を任せるには正直物足らない、「前を向く」という観点では
憲剛が上だと評価しています

俊輔は敵にピッタリとマークされてしまうとパフォーマンスが
ガクッと落ちる傾向がある、DF目線で見ると
封じ込めることがそれほど苦にならない選手
どちらかといえばマークしやすい選手、と感じています。
パスを繋ぐことはそこそこ出来ると思いますが、密着マークを
受けた中で前を向き、効果的なパスをだすのは厳しいかな?
そんな評価をしています

プレースキッカーとしては突出した力を持っているが
流れの中で彼が一番生かされるのは
ある程度余裕を持ってプレーできた時に見せる精度の高いパス。
フリーで浮き玉を蹴られたらかなりの精度でゴール前に
待機している選手に合わせることが出来る厄介な選手、
ということでセンターよりも楽にボールを受けることの出来る
サイドに配置したい。
本当ならば左サイドが理想ですが、左は松井を優先して起用したいので

そして(良い選手には変わりありませんが)
あえて厳しい言い方をすれば。。。
つづきをよむ
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■中村(憲)のボランチ反対


ここまでの代表で中村憲はボランチを任されていますが
私は代表での彼のボランチ起用は反対です

アジアなら憲剛のボランチ(守備も)もそこそこ
通用するかもしれません。
ただ彼のパスの能力・攻撃能力を考えると
守備に労力を使わせたくない

ゴールに近い(得点に絡む)場所・質の高いパスを
求められる場所では彼が必要だと考えています。
「ボランチでもパスは出せる、ボランチならば
敵のマークも甘くなるそこから前線へ飛び出すことのほうが効果的だ」
という考えもあるかもしれません(^_^;

ただ・・・
ボランチなら今野・稲本・鈴木啓・阿部・小笠原
がいる、しかし精度の高いラストパスを出せる日本選手は豊富ではない
代表のボランチが勤まる選手は何人も思い浮かびますが
彼以上に質の高いパスを蹴る選手は見当たりません。

日本人の国民性、(指導法を含めた)日本のサッカー環境では
ボランチ・ディフェンスタイプの選手は育ち易いが
攻撃的センス・得点能力を持った選手は非常に育ちにくい。
FW・攻撃的MFの資質を持った数少ない選手を
わざわざ守備的な位置で起用するのは反対です

私がフル代表で通用する質の高いラストパスを
蹴ることの出来る選手と感じているのは現状では3人、
俊輔と憲剛、そして水野のパスも質の高さを感じます

敵からのマークも厳しくなりやすい
トップ下で彼に経験を積ませたいと考えています。
彼にはボランチとしての能力を高めるのではなく
トップ下での能力を高めて欲しいのです

アジアカップでは憲剛を途中交代させ
そのボランチの位置に遠藤を下げたように見えた試合もあったが
この遠藤と憲剛の起用法。。。「逆だよなあ」と感じました(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】


日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
■加地と駒野の攻撃力


まず始めに・・・
オシム監督なりの評価があっての代表メンバーですから
彼の選手起用への批判ではありません。
「私個人の日本選手に対する評価、私ならこうする」
という意見を記すものですので^^

これまでのオシムジャパンでは
レギュラーとして起用され続けてきた二人ですが。。。

オシムジャパン始動してから暫くの対戦相手は格下相手か親善試合、
ここへきてようやく敵のレベルが日本と接近してきました。
そこで自分が感じたのは、相手が手ごわくなるにつれて
加地と駒野の攻撃が通用しなくなってきたこと

もちろん敵が強くなれば力を発揮するのは難しくなるのは当然です、
問題なのは「どのレベルで通用しなくなるのか」という点です。

それによってその選手は(ちょっと大雑把ですが)
国内リーグ止まりの選手、アジアの格下相手が精一杯の選手、
アジアで通用する選手、世界レベルの選手という分け方が出来る。
で、私の加地と駒野のサイド攻撃能力は
「互角のチーム相手には厳しい」という評価です

自分の間合いでまったく勝負できない、トラップが雑
パスを受けてもきっちりとボールを落ち着かせることが出来ず
その間に相手に寄せられてしまう。
1対1の体勢が悪すぎ、ボールを持っているのはこちらなのに
自分のリズムで勝負出来ない。

アジア大会では「トラップ・ステップ・間合い」
それを見て勝負する前から「あっ!ダメだっ」と感じました。
サイドバックという過酷な運動量が原因で攻撃がままならない
のではなくキックの精度も含めこれは能力的な問題と感じました。
日本と互角クラスの相手には通用しない二人の
サイドアタッカーとしての能力。
少なくともフル代表のレギュラーとして固定するほど
他の日本選手と比較し力量の差があるとは感じません

ただ、個人的にはサイドバックの選手に
ウイングの役割をここまで大きく期待することに反対なんですけどね。
だからこそ遠藤と俊輔が両サイドではちょっとなあ・・・
攻撃が寂しすぎます

【ポチッと応援投票おねがいします】


日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■ここまでのオシムジャパン


オシムジャパンになり新たな選手が召集されるとサプライズなどと
マスコミは騒いでくれましたが、代表候補に召集はすれど
実際に試合で試される選手は少なかった。
もうすこし幅広く選手を起用(試験)してもよかったんじゃないかな?
とも感じていました。
偏った選手起用もあり代表メンバーでありながら
国際試合の経験の少ない選手の多さが気になります。

ポジション別では・・
DFは安定してきました、ただ層は薄い。
毎回の召集メンバーのDFが少なかったのも不満でした。
MFはパサーばかり、起用される選手はいつも同じメンバー。
FWは高原以外に新しい力が見えない

ジーコジャパンとは違った意味で
スタメンと控え選手の格差が気がかりです。
ジーコジャパンではスタメンと控え選手の温度差、
オシムジャパンではスタメンと控え選手の
力量・経験値の格差というところかな

とにかく控えメンバーが寂しい、試合の流れを変える
そんな目的で投入できる選手が見当たらない。
高さ・突破力・・・国際レベルで自分の特徴を出せる選手が
控えに見当たらない。
交代選手は体力的にヘバッた選手を交代するのが主、能力的には
むしろレベルダウンを感じる選手も多い。

残念ですがこのメンバーでは
スタメンが機能しなければ最後まで試合のリズムを
掴めずズルズルと引きずる可能性は高いでしょう

とにかくMF・FWに突破型の選手が欲しい、個人的には・・
突破型の選手として松井に期待しています。
サントスはどうするのかな?松橋を代表で見たいなあ。
稲本にしても遠藤・俊輔より突破力はあると評価しているんだけどな。
水野と家永はスタメンとしてはもう少し時間がかかるかもしれない、
ただ将来的を考えると控えには置きたい

ここまでの起用法ならスタメンと控えの格差ができて当然、
なるべくしてなった結果だと思っています。
もちろんこのメンバーを継続することはないでしょうから
これからオシム監督がどんなテコ入れをするのか?
そこに期待しています^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本代表トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。