06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■アジアカップが終わって。。。


<アジア杯3位決定戦: 韓国 0ー0 日本>

一言で言えば
「結果はともかく内容に大いに不満」そんな大会だった。
(自分は当初から感じていましたが)これだけ実戦をこなせばもう
代表レベルで通用する選手、通用しない選手がわかったことでしょう。
代表レベルの選手、Jリーグクラスの選手をはっきり区別する
べきです、ジェフの選手はJリーグレベルです、代表レベルではない。

日本はPK戦の勝利でからくもベスト4に残りはしたが
ベスト8に入ってから一つも勝てていない、
「暑さ対策の為、体力を消耗しないようパサーをスタメンに揃える?」
でも内容でも結果でも負けていましたよ。
「日本が優勢に試合を進めていた」と選手は
インタビューに答えるが、ボールを回すことと優勢とは違う!

アジアカップを反省材料にこれからどうするのか?
メンバーを変えるのか、スタイルを変えるのか
そこに注目したいと思います。

自分なら・・・メンバーもスタイルも変えたい。
メンバーは松井、稲本、中田、今野のスタメン起用
遠藤、加地、駒野のスタメン落ち
山岸、羽生の代表降格

スタイルは・・・
「走らない選手は使わない」のオシムイズムに加え
「敵陣でパスしか頭に無い選手は使わない!
負けてもいいから仕掛けろ、勝負しろ!」を徹底させる。
アジアカップを通して気になった選手については次回以降で^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
日本代表トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
■「お疲れ様」とは言えないな(サウジ戦)


<アジアカップ準決勝: 日本 2-3 サウジアラビア>

できれば優勝して欲しかった。
それはアジアチャンピオンという称号がほしいのではなく
コンフェデ杯への出場権を勝ち取って欲しかったという意味で

これまでの不満の総まとめのような試合だった。
試合の印象は過去の記事の引用で充分、あえて新しく書くことも
なさそうだ、それが残念です。
では、過去記事からですが、気になった方だけどうぞ^^

アタッカー不足

日本代表の日本化

怖さ、嫌さを感じない日本の選手

パサーばかりのスタメンに不満

遠藤と俊輔の併用に反対

DFが少ない

準決勝で敗れたことが不満なのではなく
不満なのはここまでの内容、正面の敵に勝負を挑まずパス回しで
勝負を避ける攻撃パターンとシュート意識の弱さ、
サッカーはパスの数で勝敗が決まる競技ではない!

日本は何処を目指しているのか?
アジア代表としてW杯に出場することが目標ではないはず。
それを考えると「お疲れ様」とは言えません
もっと強くなって欲しいですからね。
個々の選手については韓国戦終了後ゆっくりと

国民性から来るものか、性格的なものか(良い点もあるが)
日本選手の持っているサッカーに適さない体質についても
時間があれば^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■こんな会見があったら


最近、オシム監督の記者会見を全く読んでいません
理由はつまらないから。

内容が乏しいオシム監督の記者会見、といっても問題なのは
オシム監督ではなく記者会見という大切な場(時間)を
毎度々台無しにしてくれるマスコミ。
もしこんな会見が出来たらスポーツ紙も購入するのですが。。。

ネットで、一般のサッカーファンから質問を募集する。
サッカーに精通していると思われる専門家・解説者
(あまり信用できませんが)がその中から「これは!」と
思った質問を選び記者はそれを会見でオシム監督にぶつける

試合直後は難しいでしょうから
親善試合ならば当日の記者会見は
スポンサーの広告を撮ったらさっさと済ませ
翌日にファンの為に・・・

とにかく会見の場を「オシム対記者」ではなく
「オシム対サッカーファン」の対話の場になるべく近づける。
オシム監督もサッカーファンに対してはきっと
出来る範囲で誠実に向き合ってくれるんじゃないかな?
少なくとも記者相手よりは心のこもった応対をしてくれるはずです

記者の役目は、それを紙面で忠実に全国の
サッカーファンに伝える、それだけでいい、それなら出来るでしょ。
きっと有意義な会見になるんじゃないかな

【ポチッと応援投票おねがいします】


私的提言トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■アタッカー不足 (オーストラリア戦)


<アジアカップ準々決勝: 日本 1-1 オーストラリア>

PK戦は実質引き分けですからリベンジは持越しですね。
一言で印象を述べれば「見ごたえのある試合でした」
内容でも引けはとっていなかった。
ただ・・・日本の消極的なパス回しは気に入らない
「俺が勝負してやる!」という選手がいない

加地と駒野をディフェンダーとして起用するのなら
サイド攻撃に於いて過度の期待は酷。
羽生と山岸では国際試合では通用しない

高原・巻・俊輔・遠藤・・・
攻撃陣にアタッカータイプの選手が見当たらない
敵と勝負する選手がいない。

有利な展開にもかかわらず攻める選手の気持ちは弱い、
頑張っているのはわかる、しかしその方向性がずれてしまう。
「一生懸命敵に立ち向かう」ではなく「一生懸命パスを回している」
このメンバーでもW杯は出場できるかもしれない
しかし・・・

アジア代表が目標なのか?W杯での勝利が目標なのか?
前者ならこのメンバーでもOKだろう、
しかし私は後者の為のチーム作りを見たい

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■点差は実力差 (ベトナム戦)


<アジア杯 1次リーグB組:日本 4-1 ベトナム>

選手には「お疲れ様」という感じです^^
今日の対戦相手ベトナムとは力の差が開き過ぎ、
選手の評価・見極めの参考になる試合にはなりませんでした。
このスコアは実力差がそのまま出たということでしょう
先制こそされましたが最後まで気楽に見ることが出来ました。

そんな中、目に留まった点を幾つか。。
・俊輔のキックの精度を実感
・2点目の遠藤のFKはキーパーに助けられました
・加地は前半悪かったな~
・巻は流れの中でもっとボールに絡まないと・・・
(このプレースタイルを続けることは巻本人にとってもよくない)

・山岸、羽生、巻の3人は、ここまでの代表での
プレーを見る限り国際試合レベルでは厳しいんじゃないかな?

・両サイドは駒野と加地で決まり?
そこまで抜きん出た選手とは感じないのですが。。。
今日は何度か突破を試みたがベトナム相手に1度も・・・
(敵は守備的ではありましたが)
相手の守備が良かったのか?二人の突破力が弱いのか?
他の選手と競争させてもいいレベルだと思うんだけどな

技術的なことを話すと、二人ともボールを受ける
最初のトラップが手間取りすぎて(これはいつも)勝負する
体勢になるまで時間がかかりすぎる・体勢が作れない、
だから自分の間合い(リズム)で勝負できない、
ドリブルの方向もちょっと気になる。


4点目以降は練習マッチのようだった。
逃げ切ろうという展開はしない、
自分達のプレーを確認しながら
攻撃の練習をしているかのいような選手達の動き、
余裕を持って試合を進めていました。

予選での日本は頭一つ飛び出た存在でした
見ごたえのある試合はトーナメントまでおあずけです

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■低レベル、アジアの審判


それにしてもUAE戦の審判(線審も含め)はひどかった
この審判は違うルールブックでサッカーを勉強したのか?
と感じるほど判定が滅茶苦茶、「大会での判定基準を統一するべき」
という問題ではなく審判の資質の問題

これは今日だけの問題ではなくアジアの審判全体に言えること
(特に中東の国の審判に強く感じます)しかも改善の兆しは
全く見られない、逆に悪化しているように感じます。

アジア杯というアジア最大の大会で
あのクラスの審判が笛を吹いてはいけない。
通常ならば乱闘試合になっても不思議ではないこの荒れたゲームを
コントロールしていたのは審判の能力ではない、
代表としての誇りをしょって闘っていた日本の選手達だ !

悪質なサッカースタイルは
その国のレフリーの水準の象徴かもしれないな
AFCは審判をチェックしているのだろうか・・・?

【ポチッと応援投票おねがいします】


その他トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■完勝 (UAE戦)


<アジア杯 1次リーグB組: 日本 3-1 UAE>

UAEというチーム自体は思っていたほど手ごわい相手ではなかった
ベトナムに敗れたのもうなずけます、結果も内容も完勝

力の差があったために問題点が露呈せずに済んだ可能性も
ありますが、全体としては特に気になるほどの悪い点も見られず
危機感を感じることも無く観戦できました。

「選手達はよく戦った」という印象。
ただ、3点は取りましたが
私は遠藤と俊輔の両サイドはやはり反対です
それにしてもアジアの審判のレベルは深刻な問題かも・・・

この試合、日本を苦しめたのは気象条件とラフプレーと審判、
練習でも親善試合でも味わえない体験ができた
2010年W杯アジア予選を見据えて考えると収穫のある試合でした

【ポチッと応援投票おねがいします】


試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■スタメンこれでいいの?(カタール戦)


<アジア杯 1次リーグB組: 日本 1-1 カタール>

負けずに済んだということでは
まあ、最低限の仕事はしたのかもしれない。
DFなど評価する点もありますが今日はあえて不満点を。。。

先発メンバーを見てこのような試合にるかもしれないと
予想はしていましたがその通りの結果でした。

スタメン発表を見てまず感じたのは
日本代表の前線は高原・俊輔・山岸・遠藤
これが日本代表の攻撃陣?弱いなあ。。。

実際に試合を見ても。。。。やっぱりなあ。。。
パスばかり考えて勝負をしようとしない
敵の目線で評価すると、怖さを全く感じない日本の選手。
これじゃカタールはファウルする必要も無いな、
俊輔のFKも宝の持ち腐れ

FWのミスは「おしいっ!」で片付けられてしまう場合が多いが、
あの場面でポストの遥か上に蹴り上げてしまうのは
罰金もんですよ山岸君、技術的にも蹴り方が悪すぎる、
あれじゃ無理、「外すべくして外したシュート」
彼が絡むと点が入る気がしません

駒野が負傷したら今野を左サイドで起用しなければ
ならない日本代表のメンバー構成って。。。?
「これからはW杯に備えMFばかり召集しないで
DFをもう少し増やしませんか?オシムさん」

このままではW杯は「アジア枠4.5」という
好待遇に助けられての出場かもしれないな、
アジアに於いても日本には強さも怖さも感じない。
(もっとも私はこのスタメンは1軍半だと思っていますが(^_^; )

オシム監督の試合直後のインタビューにも腹が立った、
あなたの八つ当りを聞く為にテレビを見ているわけではありません、
あんなインタビューに「ありがとうございました」
などと言う必要は無い、下手に出る必要も無い
オシムを付け上がらせるだけだ

スポーツをするにはあまりにも厳しい気象条件、
選手達は悪条件の中で頑張っていたことは認めるが
代表選手というものは「頑張ればそれでいい」ものじゃない。
とにかくストレスの溜まる試合でした(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
■日本代表の日本化(後編)


それともう一つ、
敵に背を向けてしまうFWより前を向いて突っかかる
選手ならファウルをもらいやすい、
俊輔がピッチにいることが生きてくる

コロンビア戦のFKは遠い位置ばかり、俊輔が直接ゴールを狙える
位置でのFKは無かった。
それは相手のゾーンに入っても勝負しない・
前を向かないFWにも原因があると考えます。
もちろんこのメンバーが完成形ではありません
日本の日本化の方向性を具体的に選手で表現したメンバーです

判断を下すには早急かもしれませんが
就任当初「日本化」を掲げていたオシムジャパンの
チーム編成に今のところその片鱗があまり感じられません。
代表合宿ではそんな指導もしているようですがいざ試合となると。。。
現在の代表メンバーには適していないような気がしています

新しい選手が召集されるとサプライズ(この表現は嫌いです)
などとマスコミは騒ぐ、オシム監督はリーグで結果を出した選手を
選出すると言っているが実際に試合に出場しているのは
いつも似通ったメンバー。
この発言は「常に選手に緊張感を持ってリーグ戦を戦わせる為の
カムフラージュ?」と疑いたくなる

召集されどチャンスを与えられない選手達。。。
どちらかというとジーコジャパンに近づいているような・・・
あのスローガンは一体何処に。。。?
ひょっとしたら「日本化ではアジアでさえ勝ちきれない」
と判断しているのかな?オシム監督の本音が聞きたい(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】


日本代表トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■日本代表の日本化(前編)


レッズ中心の代表メンバーをあえて作ったのは
このスタメンは日本の目指すサッカーに
近いと考えたからです

それはオシム監督が就任当初に掲げた「日本代表の日本化」
ヘディングの強い選手ではなく
すばしっこい選手、どんなに跳ね返されても
何度でもドリブルで突っかけていくようなタイプ、
敵に「高い」と感じさせる選手ではなく
「すばしっこくてしつこい」と感じさせるそんな選手
が理想だと考えています

体格的にも不利な場合が多い日本代表が
世界と対等に渡り合えるチームに成長するには
高さで真っ向勝負していては太刀打ちできない
スピードで勝負すべきだと感じています

2トップとなると決まって1人は高さのある選手
という固定観念がありますが、そんなイメージを覆すような
日本独自のFWスタイルがあってもいい。
それが日本チームの日本化、他の国には真似できないない
日本スタイル、日本の武器

両サイドにはドリブルが得意な突破型サイドアタッカー、
スピードに乗ったドリブルからの低くて早い
ライナー制のセンタリング、そして敵のマークを振り切って
ゴール前に飛び込むスピードのある選手達

高さではなく敵に守備の余裕を与えないスピードで勝負する
これが世界と戦う日本の武器。
それともう一つ。。。次回に続きを更新します

【ポチッと応援投票おねがいします】


日本代表トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■アジア杯で見たかったメンバー
これまでのオシムジャパンの試合内容を踏まえて
真の日本代表のメンバーを考えてみると。。。
・DFはメンバーが固まったかな
・MFは誰を落とすか
・FWは。。。該当者無し
現状はそんなところでしょう

今回のオシムジャパンとはかけ離れていますが
選手の能力を独断で判断しアジアカップで見たかったメンバーは



FWは残念ながら「これ」という選手が見当たりません
(自分の直感ですが)高松にはセンターフォワードとしての能力の
高さを感じます、代表で通用するかは未知数に近い選手ですが
是非見たい選手なので、未だ該当者が見当たらない
FWにあえて抜擢しました。
それともう一人、リーグでのプレーを見た直感ですが
名古屋の杉本も代表で試したかったな^^

(これはおまけですが)
オシム監督はジェフびいき、自分はレッズびいき、ということで
レッズファンのミーハー的な見地から見てたいチーム



レッズ中心ではありますが、オシムジャパンと
遜色のない力を発揮できるメンバーだと思っています

このメンバーでは攻撃は
高さ(ヘディング)での勝負は難しそうですよね(^_^ゞ
このレッズ中心の代表メンバーを載せた理由も含め
次回もう少し突っ込みます

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本代表トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
■アジアカップに向けての記者会見


オシム監督のアジアカップにむけての記者会見での
「日本は不利な条件で戦う」発言、
アジアカップ敗戦に備えての根回しのような発言にも
感じられ、すっきりしない会見だった。

オシム監督が一番恐れているのは、サッカー記事の書けない記者でも
協会でもなく、世論(サッカーファン)の
オシムジャパン支持率低下なのかもしれません(^_^;

海外でプレーする選手については所属チームでの
レギュラーの獲得を優先させる為召集しなかったようですが
これでアジア杯のメンバーは1軍2軍ごちゃまぜの状態、
ベストメンバーで臨むと思っていたのですが
本当の日本代表は暫くおあずけになってしまいました。

もし余力を残したこのメンバーで優勝できたとしたら
それは日本に地力がある証明にもなるでしょうけれど
冷静に考え今回のメンバーで実力で3連覇できるとは思いません。
もし勝つとしたら「内容で負け結果でかろうじて勝つ」
そんな展開が予想されます。

それにしても、シーズンオフのこの時期に海外組(稲本・中田・松井)
の召集が無いということは
W杯予選はぶっつけ本番になる可能性も出てきたなあ。。。
まあ1次予選は試運転でも突破できるでしょうから
ここでメンバーを整えることもできるでしょう。
試運転には相手が弱すぎるような気もしますが

そして気になるのはジェフの選手がまたしても。。。
これで本当に日本代表?
千葉の選手達の何を評価しているのかを知りたい
教えてもらえないかなあ
記者会見で問い詰めてくれないかなあ?
記者さん達はおとなしすぎないか?

次回は「私がアジア杯で見たかった日本代表」について
の予定です
【ポチッと応援投票おねがいします】

代表監督トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。