04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■本当に見ているのか?


キリンカップのメンバーを見てみると
そろそろ「リーグで結果を残している選手を選んでいる」
とは言えなくなって来たな、
ジェフ千葉の選手がフル代表に5人はありえませんから。
オシム監督は素直に「私の好みで選出している」
と発言した方がいいかもしれない(^_^;

スタジアムに来ることは結構なことですが
大切なのはその中身。
オシムさんは頻繁にリーグ戦に脚を運んでいるが
本当に選手をチェックしながら観戦しているのかな?

私には下位に低迷しているジェフの選手が、いまだに5人も
フル代表のメンバーに選手される理由がわかりません(^_^;
これまでの代表でのプレーぶりを見ても
巻・山岸・羽生は代表メンバーの常連としては能力的に見ても不満、
今の彼らに代表クラスの選手という評価はできません。

とはいえオシムに任せたのですから
彼のモノサシで選ばれた選手を批判しても仕方ありませんが
「私が見てこう思う」という反対意見は書くつもりです(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
代表監督トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■引き分け神話?


<J1 第13節: 浦和 1-1 横浜Fマリノス> 埼玉スタジアム

試合終了。。。レッズサポーターが静まり返ってしまった。
ホーム不敗神話が途切れてからのレッズ、
今度は引き分けから抜け出すことが出来ない(^_^;

そんなレッズの得点力の低さは
両サイドの選手の攻撃力の弱さが原因と感じてます。
そして闘莉王の欠場でチームとして影響が出るのは
守備力よりもむしろ攻撃力かもしれない(^_^;
個人的には永井を右サイドで起用しても
面白いと思うんだけどなあ。。。

それでも何とか試合になるのは
ポンテ・ワシントン・小野・長谷部ら
センターでプレーするタイプの選手がリーグ戦では個の力で
相手を上回ることが出来るから

相馬はまだまだ荒削りな選手、
キック・パスの精度なんとかしないと。。。
実戦経験を積み重ねてもらう為にも
今は我慢して使うしかないかもなあ。
暢久(山田)は今に始まったことではないけれど
攻撃に関しては寂しい(物足らない)選手です。

マリノスは両サイドの選手にきっちりとボールを供給できる、
ボールを持てるMFがいるともっと嫌なチームになるかな

【ポチッと応援投票おねがいします】
サッカー協会トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■成長しない記者達


北京五輪2次予選最終戦のマレーシア戦に向けての
U-22日本代表候補選手を見て「ホッ」としました、
一言で言えばこの選出は賛成です

仮に、既に所属チームでスタメン起用されるクラスの選手
がマレーシア戦に出場すたとしても得るものはもう無い、
リーグ戦に出場することのほうが有意義に時間を使えるはずです。

ならば、たとえマレーシア戦であっても
代表としてプレーすることが実になる選手達を選出してあげる、
これから所属チームでレギュラーを目指す選手達には
よい勉強になるはずです。

「新戦力発掘」と言っていますが、まあこれは建て前でしょう(^_^;
消化試合で相手はマレーシア、ここでの活躍が
最終予選の起用に直結する可能性は無いでしょう。


で、反町監督の会見での記者の質問が。。。

・U-20ワールドカップ(W杯)の後、
この世代との融合はどう考えているか?
・キリンカップを試合の前日に控え、条件が悪いが、
この試合で何をアピールしたいか?
・特に主力がおらず無名の選手ばかりで、
観客もなかなか集まりにくいと思うが?
・大幅にメンバーを入れ替えた理由?

相変わらずこんな質問しか準備できないのか
成長しないなあ。。。C= (-。- ) フゥッ
毎度のことですが、せっかくの意見交換の場を
台無しにしてくれる人達です(;^_^A

【ポチッと応援投票おねがいします】

マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■平日の大一番


<アジア・チャンピオンズリーグ:浦和レッズ 0-0 シドニーFC>

今日の試合の背景や意味を考えず、試合内容だけで
全体を評価するとしたらシュートも少なく見ごたえの無い
「平凡な試合」ということになるのかもしれない。
レッズファンでなければそう見えても
不思議はない試合だったかもしれません(^_^;

ただこの試合に求められるのは、見ごたえのある試合ではなく結果。
もちろん両方叶えられれば最高ですが
サッカーという競技は、中々そういうわけにはいかないもの

試合開始直後はシドニーは前線・中盤からボールを奪いに来るが
レッズはとにかくDFライン近くまで下がって守る受身の展開。
レッズのホームゲームではあったが「引き分けでも1位通過」
というアドバンテージを利用して前半から守備的に戦っていたなあ

とにかくリスクを犯してまで前線には上がろうとしない、
攻めていても常に守備の意識がある。
攻撃はワシントンとポンテ、それに小野
とにかく攻撃に人数が足りないシーンが多い、
後半途中から相馬に変わり中盤でボールを持てる長谷部が
入ったことで何とかしのぐことが出来た。

小野は「勝てなくてすいません」と言っていたが
何としても1点が欲しい、強烈なモチベーションで挑んでくる
シドニーFC相手に0-0で凌ぎきった、
ワシントン・小野も頑張って守備をしていました。
これがこの試合のレッズの収穫で^^

フロンターレにも言える事ですが、ACLを戦うことは
同時に行われているナビスコカップに比べ精神的にも肉体的にも
遥かにきつい試合の連続、(しかも一部の選手は代表合宿にも
呼ばれしごかれる)選手はヘトヘトでしょう(^_^;

しかし、こういった厳しい試合の積み重ねが
選手にとって大切な財産になり
国内のリーグ戦でのプレーに自信となって現れてくるはずです。
そしてそれは日本サッカー全体にレベルアップをもたらす

浦和と川崎は予選を通過したことで、また一つ財産が増えるでしょう。
レッズはきっともう一回り大きくなる。
WE ARE REDS! ^^

【ポチッと応援投票おねがいします】


サッカー協会トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■苦手克服


<J1 第12節: 名古屋 1-2 浦和> 豊田スタジアム

小野、長谷部、ポンテ、暢久(山田)・・・・
(永井や達也にウィングの仕事を任せても面白いと思うが)
今シーズンのレッズのスタメンには
ウィングの役目をこなせる選手がいない

サイド攻撃の少ないのがチームの特徴にもなっていたが
相馬がスタメン入りしたことで
サイドからの攻撃が随分と増えた試合になった。

相馬の縦に突破しようと何度も勝負を挑むプレーは良かった。
ただ前半飛ばしすぎた反動?からか
後半はおとなしくなってしまったのがちょっと。。。
活躍できた時間帯は短かったのが残念(^_^;

名古屋は
テレビでは全体を見ることが出来ないので
ちょっと判断しにくいところですが
後半の早い時間帯から運動量がガクンと落ちたように見えた。
それともあえて抑えていたのかな?

でもホームで前半終わって1-1なら勝ちに行くはず、
後半を抑えるとは考えにくいよな~(^_^;
確かに最初から飛ばしてはいたが・・・
それにしても運動量が落ちるのが早すぎるような・・・
体力的(運動量)に問題のあるチーム?

対するレッズは失点シーンのように、
守備に人数がいながらも敵をフリーにしてしまうような
ポカもありますが、ゲームの入り方を見ていると
浦和は少しずつですが前王者の風格・片鱗が見え始めたような。。。

まずは相手の攻撃やプレッシャーにも慌てず、
動じることなくしっかり受けて立つ。
そしてそれを跳ね返し、自分達のリズムを作っていき徐々に
押し込んでいく、そんな展開に持ち込めるチームになってきたかな。

ACLで様々なタイプのチームとの試合経験
が選手に自信を与え、チームとして一回り大きく
なりつつあるような・・・
内容でも「名古屋より1枚上かな?」
と感じさせてくれる試合でした。

【ポチッと応援投票おねがいします】
サッカー協会トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■最終予選は大丈夫かな?


<北京五輪アジア2次予選:香港 0-4 日本>

この試合どうだったか?と聞かれれば内容でも結果でも圧勝
特に文句の無い試合だったと言えるのかもしれないが
今日の試合で出来たことは最終予選ではできないでしょう。
香港にとって日本戦は良い勉強になったかもしれませんが
日本にとって香港戦は。。。(^_^;

ざっと録画を1度通して見ただけですが
自分なりに気づいた点を幾つか。。。

平山はちょっと変わった?にやけたところが無かったというか
試合に臨む意識がこれまでとはちょっと違っていたように見えた。
これが事実なら良いことです

本田のフリーキックは良かったが、なぜ香港は壁を
作らなかったんだろう?さっぱりわからん(-_-)
あれじゃやられるよなあ。。。ケチをつける気は無いが
壁があったらあのシュートは蹴れないだろうな。
もし、それでも枠に蹴り込むことができたならその時は評価します

伊野波・青山はCBとしては安定感が無いというか
この先敵のレベルがもう少し上がった時に不安だな。
最終予選ではそこそこ失点するような気がします
そんなレベルに見える、予想が外れてくれたらいいのですが(^_^;

そして(個人的には数少ない優れた解説者の中の一人の)
金田さんにしては解説がパッとしなかったような・・・
いつもなら意見もほぼ同じなんですがこの試合に限っては
「えっ!そうかなあ。。。?」と感じたコメントも多かった。
まあこれだけ実力差のあるチームと消化試合、
解説者にとってはやりにくい材料が揃ってしまったことが
影響していたのかもしれません(^_^;

観戦して見ごたえのある好試合というのは、互いの力が接近している
チーム同士のぶつかり合いで見られる場合が多い、残念ながら
2次予選はその条件に当てはまる相手チームはいなかった。

最終予選は楽しみです。日本の選手が実戦でどこまでできるのかを
試す・見極めることが出来る絶好の場になるはずですから^^
(これまでの格下相手のプレーでもある程度予測はつきますが)
良くも悪くもメッキがはがれ露呈するのはこれからです

【ポチッと応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■五輪出場って大切?


これはず~っと以前から感じていることなんですが
選手には「U-20」が終われば、
後は海外やフル代表を意識させるような環境が望ましい、
「U-22」(というカテゴリーへの意識)は不要だと思っています。

サッカー選手の目標はオリンピックではなく
W杯や欧州のトップリーグでプレーすることのはず。
この年代の世界のサッカー選手達・将来有望な選手達は
そんな目標に向かって(実現している選手も多い)
日々厳しい競争の中で闘っているわけで。。。

そんな選手達が見向きもしない五輪出場のために
将来を期待されている選手達が、年齢的にも大事な時期に
時間を費やしてしまうのはどうかと感じています。

22歳ならば・・・
フル代表に呼ばれたり海外のクラブでプレーしていても
(目指しても)いい年齢だと思うんだけどなあ。。。
選手にも五輪出場より海外でプレーすることを目指してもらいたい。
仮に五輪に出場できたとしても・・・
「オリンピックが終わりました、五輪での世界の経験を基に
これから頑張るぞ!これから海外を目指すぞ!」では遅すぎる。

力のある選手がいればU-22という檻から開放する、
そしてU-22は海外でプレーしている選手・フル代表に
召集される選手を除外して、一つ下のレベルの選手達で
ぶっつけ本番で構成すれば充分、
ベストメンバーなど必要ないカテゴリーだと感じています。

たとえば今ならば・・・
もう水野はU-22は卒業、フル代表に加える。
シリアや香港やマレーシアのような格下相手に費やす
時間や体力を、もっと高いレベルで戦う機会に使わせる。
海外でプレーを考えているようなのでそれを妨げない召集をする。

プロリーグも出来た、W杯にも出場した、
アジアでも常に上位をキープできる国になった。
いつまでも五輪出場にこだわらず、もうそろそろ一つ上の
段階を目指してもいいと思うんだが、
日本は五輪代表という枠に比重をかけ過ぎじゃないかなあ

五輪に固執すればするほど選手は足止めをくらう、
日本サッカーが世界レベルから遅れをとるような気がしてなりません。
「五輪代表?そんなもの眼中にありません、参加しませんよ」
と言ってのけるような選手がどんどん出てきて欲しい。

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本代表トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■そりまち~


香港戦にベストメンバーを招集したと思ったら
マレーシア戦(国立)に向けて、5月29日からの長期合宿って。。。?

それにしてもU-22のことだけしか頭に無い
融通の利かない監督さんだ、少なくとも「日本サッカーの向上」
という考えが出来るのならこの召集メンバー・日程は必要ない。
残りの消化試合はリーグ戦に出場していない選手を集めて戦えば充分。
シードがほしい?グループ1位だけに与えられる五輪出場権
どのグループに入っても差は無いと思うが。。。

この監督は「チームを熟成させると」よく発言するが
U-22に熟成は必要ない、
あなたの仕事は五輪代表で終わるが選手には先がある。
選手の将来や代表に繋がらなければ無意味、
これだけ力の差がある香港・マレーシア相手の消化試合に
選手の疲労を蓄積させるのならその体力をリーグに注がせるべき

何が選手の将来にとってプラスになるのか?
その国のサッカーを支えるのも代表選手を輩出するのも
U-22ではなくリーグだ!どう考えても優先順位が違う。

海外でレベルアップを目指している選手の召集を検討してみたり
選手の成長にブレーキを掛けてしまうような召集があってはならない。
最近やっと代表監督らしくなってきたのかな?
と感じてきたところだったが。。。どうやら変わっていないようだ

それとも控えメンバー起用で観客動員数が
これ以上減ってしまうことが気がかりなのかな?協会の圧力?
もし今回の決断が反町監督自身の判断ならば
協会が彼の方針に意見するくらいじゃなければいけない。

「将来を見据えず目先の利益を考える」現在のサッカー協会らしい
考えとも言えますが、協会の目標はいったい何時から
日本サッカーの世界のトップ10入りから
観客動員数のアップ・協会の収益に変わったのだろう?

雲の上のような目標を掲げる前に
まずは日本サッカーに係わる人間の体質改善が先決だな

【ポチッと応援投票おねがいします】

代表監督トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
■満身創痍、浦和レッズ


AFCチャンピオンズリーグ
<ペルシク・ケディリ 3-3 浦和レッドダイヤモンズ>

それにしてもよく流れが止まるゲーム
何でもかんでも倒れるたびにピーピー笛吹かれてしまって。。。
審判の能力次第では、
もう少しまともな試合が見られると思うのだが
改めてアジアの審判のレベルの低さを感じた。
日本でも審判の質の問題が問われますが
これに比べればまだいいほうかもしれないな(^_^;

ワシントンも闘莉王も暢久(山田)もいない、
敵は繋ぐサッカーというよりは、荒れたグランドで
ボールを蹴り合うような草サッカー的なサッカー。
日本のチームはどちらかというと苦手なタイプかもしれない、
しかしそんなチーム相手に戦えるレッズの技術だけではない
たくましさ・地力を感じた試合でした。
これで5月23日埼玉スタの最終戦が予選突破を賭けた
シドニーFCとの一騎打ちという大切な試合になりました(^_^;

それにしても凸凹のグラウンドに気温33度の湿度87%
これはきついよなあ。。。レッズの選手の疲労と怪我が。。。
復帰する選手よりも痛む選手が増えてしまう現状が心配です。

平川は負傷で途中交代、ネネは担架でピッチ外、
小野も削られる、阿部も途中交代、長谷部はベンチスタート(?)
次節のガンバ戦、どんな結果になっても選手に文句は言えないなあ。

【ポチッと応援投票おねがいします】

サッカー協会トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■浦和レッズ V Sジェフ千葉


<浦和レッズ 1-1 ジェフ千葉  埼玉スタジアム>

調子に波があるということなのかもしれないが
ジェフ千葉は今日の試合内容を見る限り
今の順位はちょっと意外、メンバーを崩さずシーズン通して
戦うことができたらという前提になりますが
今日のペースで試合が出来れば順位は上がってくるでしょう。

浦和サイドから見れば先制してからは
負ける気配は感じなかったが、勝ちきれなかった。
試合の度に布陣を変える、選手の役割の変わる臨機応変な
選手起用はまだ続きそうです。
ただ少しずつではあるが全体の調子は上向いてきてるかな。

今日の試合は「ディフェンダーが近寄ってくると
横パスで逃げる、勝負を避ける」Jリーグでは良く見かける
敵陣でのそんな消極的な攻めが少なかった。

サイドでは縦に突破しようと試みる選手
それを防ごうとするディフェンダー
局面々での1対1の勝負は見ていて面白く見ごたえもあった、
スタジアムを埋め尽くした大観衆がそうさせたのかもしれません^^
こんな試合があちこちのスタジアムで見られるようになれば
Jリーグのレベルは次第に高くなっていくでしょう

水野はU-22ではなくフル代表でいいんじゃないかな?
2010年W杯のアジア予選では右サイドにいてもいい選手、
可能性のある選手はフル代表でプレーさせるべきだと思う。
でも日本は何故か五輪にこだわるからなあ。。。
ただ選手に疲労を蓄積させてしまうような掛け持ち起用
だけは止めてもらいたい。

【ポチッと応援投票おねがいします】

サッカー協会トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■ACL、2枠の出場権


AFCチャンピオンズリーグ
これまでは日本の代表として出場するには「えっ?」と感じる
チームもありましたが今年の川崎フロンターレ・浦和レッズは
ここ数年で一番期待が持てる2チームが出場権を得たと感じていた。
そしてここまでは期待通りの結果を出してくれている

この結果を見ても以前にも書きましたがやはり妙な時期に
開催される天皇杯の勝者に出場権が与えられることには反対です。
リーグ戦(1年を通して結果を残したチーム)の1、2位・本当に
力のあるチームにアジアナンバーワンを賭けて
日本の代表として戦ってほしい。
今回は天皇杯をレッズが制したことでリーグ戦の1位、2位のチームが
参加することが出来たが、この先なんとかならないかなあ。。。

たとえば天皇杯の優勝チームに(少しだけ)ポイントを与える、
そのポイントをリーグ戦の結果に加算してトータルで
1位、2位のチームに出場権を与えるとか・・・
これからも期待の持てる2チームを送り出してもらいたい

【ポチッと応援投票おねがいします】

私的提言トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。