10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■平山だけを責めるのは間違い


最近は平山を叩くネタ探しに没頭し
実際のプレーをしっかり評価できていない相変わらず
進歩のないメディアが多いのでちょっと反対意見を(^_^;

試合終盤にあった、2対2での絶好の得点チャンス。
平山の大外しのシュートがあちらこちらで責められているようですが
この場面について本当に叩かなければいけないのは「カレン」です。
しかしそんなカレンのプレーを指摘する記事がないような。。。
(毎度のことですが(^_^;)

あのシーン、カレンがボールを持っている時点で「あっ駄目だっ!」
と感じました(^_^;
頭の中でイメージできていない、判断を迷っていたように見えた。
(平山へのパスのタイミングを伺っていたのかな?)
あのタイミングならば自らスピードに乗ったドリブルで突っ込めば充分にDFに勝てたはず、それが勝負をせずにタイミングの悪い消極的な
パスを出してしまい平山がそれに輪をかけてシュートを噴かす。
何とも日本らしい弱気な一連のプレーでした(笑)

ここで一番の問題は、絶好の得点チャンスで敵と1対1で向き合った、
なのに勝負を避けるようにパスを選択してしまった
カレンの気持ちの弱さ、消極的なプレー。
「失敗してもかまわない、FWならばあそこで勝負しなければいけない、
そんな強い気持ちを持っていなければいけません」厳しいようですが
あそこで勝負しない・出来ないFWはFWとして失格です。
日本のFWにはこのタイプの選手が多いんですよね~(;^_^A

ただそんな選手が育ってしまう背景には指導者にも問題がある
でしょう。スペースだ、ラインだ・・・等々まるでテーブルの上で将棋
の駒でも動かすような(必要以上に)理論づくめの指導者達。
常にボールが動き選手が交差しぶつかり合う、
瞬間的な判断が必要なシーンが繰り返されるサッカーで
そこまで理論尽くめの指導・教育が本当に役に立つのだろうか?
選手の個の感性・アイデア・闘争心を理論で潰しすぎていないか?

サッカーはチームプレーと言われるが
局面に於いては常に個人プレー・1対1の戦いが求められます。
「FWが敵との勝負を逃げてどうするんだ?」
「1対1で勝負しない・パスで逃げる、
そんな消極的なプレーをするFWは使わない!」
FWの役目、ボールへの執着心、闘う気持ち
そんな意識を選手に持たせる指導こそが大切だと思うのですが。。。

記者会見で「戦わわない選手は使わない」と言っているだけでは駄目、
本当にそう思うのならば指導者から変わらなくてはいけない。
そう感じています^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

  
スポンサーサイト
マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
■絶対反対!(ドーハ・アジア大会)


ドーハ・アジア大会開幕が12月1日に開幕、
サッカーはそれに先駆けて競技が始まるらしい。
その日本代表にリーグ降格危機にあるチームからの召集は見送り、
リーグ優勝争いの真っ只中の家長(G大阪)と谷口(川崎)は
参加させる?唖然としてしまいます(^_^;
そうではない「リーグで試合に出場している選手は
誰も連れて行くな!」と言いたい。

アジア大会がJリーグを犠牲にしてまで参加しなければいけない大会
なのか?どちらが大切なのか?どう考えても納得がいかない。
この大会に代表クラスの選手送る必要などない、
いっそのことアマチュア(学生)代表でドーハへ行けばいい。

そしてこんな意味の無い大会にまで決定権が反町監督(代表側)
にあることも問題、選手を送るか否かの決定権は
所属チームが持つべきです。
若い選手はいつになったらチームに戻って練習できるんだ?
練習時間・大切な試合を奪うような召集が選手の将来
にプラスになるのだろうか?
リーグを疎かにする国などに優秀な選手が育つわけがない。

サッカー協会の会長さん、
「リーグで優勝争いしている選手がドーハに連れて行かれる」
日程・決定権・・・etcどう考えてもおかしいですよね。
試合を観戦して「良かった、あの選手はダメだ」と言う前に
選手が伸びる環境を整えてあげてください、それがあなたの仕事です。
この続きは後ほどにでも^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

  
浦和レッズトラックバック(0) | コメント(10) | top↑
■これから大変だ(U-21韓国戦)


この中からA代表にも数人は招集されてもおかしくない年代、
これが現時点での最強メンバー(反町監督曰く)なのだから
もうこれ以上は望めないということか・・・
と思うと空しくなるC= (-。- ) フゥッ
合格は水野だけ、ただ敵がA代表となるとどこまで出来るかは
まだわからない。
可能性は感じますが、これまで水野を良く知っているオシム監督が
代表に召集しなかったところを見ると
A代表としては何か物足りないものがあるのかもしれません(^_^ゞ

守備に関しては珍しく松木さんと同意見でした(^_^;
ただ、代表に選ばれたからといって急に
改善できるものでもありません。
ずるずる下がりすぎ、ボールを奪いにいかない、参照記事
そして無意味なファウル、今まで甘たかされた練習・試合を
繰り返してきてしまった現れでしょう。
これは弱い精神力から波及した持病、日本選手全体に言えることです。

そして終了間際の大チャンスをはずした平山、カレンにもがっかり、
点を取れなかったことより、チャンスから外すまでの
経緯・外し方が酷すぎる、高原・柳沢コンビが脳裏をよぎりました(笑)
これが日本代表クラスのFWなのか・・・?ヾ(ーー ) オイオイ
しっかりしてくれー \(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

  
試合評トラックバック(4) | コメント(5) | top↑
■巻をどうする?


サウジ戦後のオシム監督の記者会見の一部ですが

攻撃は最大の防御である。逆に、最大の防御は攻撃の中にある。
巻は攻撃の先頭の選手でありながらディフェンスもする
攻撃の能力という点で問題がないわけではない。
しかし巻が果たす役割は汚れ役だ、
大事な役割を果たしていることを忘れてならない。

相手のゴールとハーフウエーラインの間を走り回り
時にはスライディングタックルまでする
そういうFWがほかにいるだろうか? 
エネルギーを非常に消耗する、
消耗する中でボールをもらったときにもっと集中力があれば、
もっといいパフォーマンスができるだろう。

私は巻をよく知っているので、ここで巻がいいとか駄目だとか
別の評価をするつもりはない。
もう少し「呼ばないでおこうか」と思ったこともある。
しかし結果として、今回は呼んで正解だったと思う。

オシム監督の胸のうちはさっぱりわかりませんが、会見でこのような
発言があったことは事実のようなのでちょっと反対意見を^^

一つ気になる言葉がありました、
それは「巻が果たす役割は汚れ役だ」と発言したこと。
チームの中で果たさなければいけない役割は色々ある
選手によってそれは異なるわけですが・・・ただどんな選手に対しても
「汚れ役」という役職は付けてほしくはない。

この場面ではスライディングタックルしてでもプレシャーをかける、
前線から激しく守備をする。
それらは試合の中の場面場面で選手が自ら判断して行動するもの、
「どう守備をするか?」これも選手に考えさせることが
大切だと考えます。

始めから最初から俺は汚れ役だ~、犠牲になる動きをするんだ~
と決め付けてしまい、どんな状況でも走り回り守備をする。
何でもかんでもただ走り回るだけ、
これでは状況判断の出来ない、考えない選手が育ちます。
守備で疲れてしまうFW?それでは困る。

もしそんな使い方をしたいのならば後半途中から起用するべきです。
巻の出番は、リードしたまま逃げ切りたい場面、
得点を望まない代わりに前線からきっちりと守備をしてもらう。
自分なら攻撃力に問題があると評価した選手にスタメンFWの
1枠を与えるつもりはありません、先発では絶対に起用しない。

まあ、ここまで使い続けているわけだし
この発言がオシムの本心だとは思えませんが。。。
ただ調子が悪いにもかかわらず
意地になって起用するようなことはやめてくださいね、オシムさん。
巻本人の為にも^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

  
日本選手(個人)トラックバック(1) | コメント(2) | top↑
■この選手が見たかった


オシムジャパン、年内最終戦を良い内容で終えることが出来ました。
こらからはアジアカップ・2010年に向けそろそろ
準備を始めなければいけません、これでA代表の選考試験期間は
とりあえず終了でしょう。
ここまでは1軍~3軍までごちゃませの仮想日本代表でしたが
来年からは少しずつ本当のA代表になっていくはずです。

で、自分が感じたことは。。。
まずは選手を試す期間と言っていたオシム監督は
確かに多くの選手を代表に招集した、
しかし実際の選手起用は随分と偏っていたような印象を持ちました。

巻、サントス、阿部勇、鈴木啓、今野、加地、駒野、闘莉王、坪井らが
優先的に起用されていたように見えた反面、殆どチャンスもなく
代表から離れる選手もいた。
試すことが出来る試合があった割にはチャンスは平等でなかったなあ。
本当に選手を試す気持ちがあるのならば、これらの選手を
先発で使い続ける必要もなかったと思うが。。。

オシムの頭の中ではある程度決まっていたのかもしれない。
本当の意味で試された上で代表に残りそうな選手は
今のところ中村憲くらいでしょう。
しかし、それを公にしてしまえば日本人の特性からすると
選手はサボる、ジーコジャパンの二の舞だ。
その辺は選手に競争心を持たせる為に
マスコミを利用し上手に操縦していました^^

とりあえず選考試験期間は終了しましたが
個人的には最後でやっと召集された高松以外にも数人、
代表でのプレーを見たかった選手がいました。
特にウィングタイプの選手をもっと試してもらいたかった。
オシムジャパンではサントス、加地、駒野でほとんど決定?
田中隼も召集はすれど出場機会は少ないし。。。(^_^;

気になっていた選手は。。。
前へ突き進む強い気持ちを持っている大分トリニータの松橋、
この選手が代表のウィングでどこまで通用するか見たかった。
あとはFC東京の石川(直)も。
先発でもいいし、後半途中の早い時間から投入しても
面白いと思うんだけどなあ。
そして番外かもしれないが、どうせ攻撃優先ならば田中(達)の
右ウィング、左ウィングで玉田というのも興味がありました。

【ポチッと応援投票おねがいします】

  にほんブログ村 サッカーブログへ
私的提言トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■今野・阿部のDF起用(サウジ戦)


今野と阿部をDFとして起用するのは・・・
FWに守備を求めるのと同じようにDFにも
攻撃力を求めているからかな?他には理由が見当たりません。
それとも・・ひょっとしてボランチは小笠原・稲本を起用する
考えがある?(+鈴木啓太?)
でも今野と阿部は先発で起用したい選手、だからDFへコンバート?

オシム就任の間、今回のサウジ以上の敵と戦う機会が
無いのならばこのディフェンス陣でも特に問題は起きないでしょう。
逆を言えば他にも充分通用する選手はいるだろうな^^
守備に難のある攻撃的MFをボランチで起用しても
機能するかもしれません、守備に難のある選手を
ウィングで起用しても機能するかもしれません。

ではオシムジャパンにとって、おそらく一番大切な戦いになるであろう
2010年W杯のアジア最終予選でもこの二人で挑む
可能性はあるのかなあ。。。それまでにこの形を作るつもりなのか?
だとしたら一つの賭けかもしれません(^_^;
成功すれば賞賛、失敗すればバッシングでしょう。

私的には・・・少なくとも今野についてはSBはあくまでオプション、
ボランチで起用することを望んでいますが、もし今野と阿部の
SBとしてのディフェンス力を他のDF以上に評価している、
オシム監督の目にそう映るのであれば、彼に代表監督を
任せたのですから選手の選出は(意見はしますが)見守ります^^

ただこれまでの起用を見ているとDFの選手のテスト起用が少ない、
召集しても試さない、試験は受けさせてもいいとは思うのだが。。。
そこは不満です。もう見切りをつけたということか?

坪井・水本あたりが復調した時点でどんな構成をするのか、
DFについてはそこで将来像がある程度見えてくるかもしれません。
攻撃的DFを好む(望む)ならば今野・阿部、
守備を重視なら坪井・水本になるのな?相手チームとの関係、
チーム事情等々もあるだろうが、どちらを選択するかとなると・・
これは10人監督が居れば5対5に別れるような
選択かもしれません(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

  にほんブログ村 サッカーブログへ
日本代表トラックバック(1) | コメント(3) | top↑
■勝利優先メンバーかな?(サウジ戦)


<アジア杯予選:日本 3-1 サウジアラビア>

「代表の試合に消化試合などない」はずが試合前のオシム監督の
会見内容は(ジーコの会見が思い出されるような(^_^;)・・・
敗戦への事前言い訳にも見えてしまう
いつものことですがあまり好感の持てない会見でした。
で、試合はというと。。。

一言で言えば「合格」。
パスも繋げた、ボールも持てた、内容でもサウジを上回っていた。
今日の日本は基本的には良かったとは思いますが。。。
ただ、評価というものは相手との兼ね合いで考えなければいけません。
敵の実力、調子によってよく見えてしまうこともある。
私的には「日本は悪くなかった、サウジは悪かった
その差で日本がよく映った」そう見えました。

サウジはマークがルーズでした。(まるで親善試合?のよう。作戦?)
敵陣に入ってもプレッシャーを掛けてこないんですよねー(^_^ゞ
FW・MFが比較的楽にプレーできたのも、日本がボールキープ
できたのも「競り合いで勝ち主導権を握ったのではなく
敵のプレッシャーが甘かったから」そんな印象です。

両サイドは良かったですね、前へ前へドリブルする意識もあり・・
そこから先は選手の能力の問題になってしまうので
今は求めませんがチャレンジしていたことは評価してあげたい。
守備陣もまずまず、守りでは鈴木啓、攻撃では中村憲が目立ちました。
今日のスタメンはオシムの元でこれまで何度も試され、
今更テストしなくとも能力は把握できている選手達、
新たな収穫はありませんでした。
選手をテストすることよりも勝利を優先したかな?
オシム監督はどうしても今野と阿部をDFで使いたいらしいなあ(^_^;
(これについては後ほど)3-1になってしまったことで
選手交代もしずらくなってしまったか?交代は・・山岸かあ。
高松はもう少し長い時間使ってもらいたかったあ。。。

試合には特に不満はありませんが選手起用(選考)に不満を一つ(^_^;
「勝利優先」それならそれでも構わない。
ならば何故伊野波、青山を呼んだのか?
本田を含めU-21の韓国戦に出場させてほしかった。
「A代表経験者」という肩書きは付くかもしれないが
こういった召集は絶対に反対です。

そしてこれまで親善試合・格下相手、選手を試す機会があったわけ
ですがほとんど試さずに代表から落とした選手達の扱いについて等々。記者の方、誰かオシム監督に質問してくれないかなあ(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

  にほんブログ村 サッカーブログへ
試合評トラックバック(2) | コメント(4) | top↑
■これじゃダメだ(U-21韓国戦)


U-21日中韓3カ国対抗戦:韓国 1-1 日本

「ここまで裾野を広げる必要が有るんですか反町君?」
と言いたくなる選手がちらほら・・・(;^_^A
足りないものが多すぎる、代表の試合としては恥ずかしい内容に
映りました。「もういちど精進して出直して来い」と言いたくなった。
そして主観ですが選手をごっそり代えてしまうような親善試合は
止めてもらいたいと思っています。

これからの成長に期待したい・・・と言っても
「もう21だぞーっ!」五輪代表に「将来」という
言葉はあまり使いたくはない、この年齢でこれでは不安です。
きりが無いのでとりあえず今日の不満は2つだけ。

ファウルがあまりにも多すぎる、正当なタックルで勝負しなさい。
それが癖なのか?敵との1対1で負けているのか?
理由はともかくファウルでなければ防げないのなら代表には必要ない、
とてもじゃないが見ていられません(^_^;

攻撃は。。。
ボールを持つと全てパスを選択してしまう。
なぜ勝負しないんだ?勝負を避けるんだ?
周りをキョロキョロ見ていないで敵に向かっていけ、勝負しろ!
そんな気分でした。

こんな状況で首脳陣はよくベンチでメモしながら
冷静に見ていられるなあ。
「そんなもの後でビデオでチェックしろ!」と言いたくなりました。
ベンチになど座っていられないような内容だったと思うのですが(^_^;
コーチのモチベーションは親善試合モードだったのでしょうか?

乾は敵も体力が落ちたところでの登場だったので絶賛は出来ませんが
早くリーグでプレーしてもらいたい。
ただ、他の選手の起用でも同じ考えなのですが。。。
飛び級でU-21の控えにするのならば(出場機会が減ってしまうなら)
U-19でスタメンに起用するほうが。。
「U-19で活躍し、中心的な存在になってはじめて
飛び級に値する選手になるんじゃないかなあ?」と感じています。

【ポチッと応援投票おねがいします】

  にほんブログ村 サッカーブログへ
試合評トラックバック(2) | コメント(7) | top↑
■アジアユース選手権が終わって・・・


アジアユース: 北朝鮮 1-1(PK5-3) 日本

日本代表は準優勝に終わったが
「どの国も力の差はない」というのが全体の印象でした。
アジアでの日本の位置は上位であることには間違いないが
まだまだ抜きん出たチームではないなあ。

試合内容で評価すると実力は韓国・イランが上かもしれない。
アジアでは内容でも主導権を握るような試合展開が出来ない限り
世界には近づけないでしょう。
個々の選手を見ても上手い選手はいるが
今すぐA代表となるとまだまだ物足りません。

今回のU-20は、「トップリーグで既に試合を経験している
選手の数は今までで一番多い、だから期待が持てる」という内容の
コメントをしていた関係者がいましたが。。。
現在はJ1だけでも18チームもあります
(J開幕当時は10チーだったかな?)
単に薄め広げてしまった為にレベルが下がった結果出場機会が
増えただけ、残念ながらリーグのレベル向上に伴って
チーム数が増えたわけではありません。
そいうことなので選手を計る指標にはなりません。
(Jでの経験は生かされたかもしれませんが)

推測ですが、オシム監督がU-20の中から梅崎をA代表に召集した
理由も「比較的リーグ戦で上位にいるチームでスタメンとして
出場しているから」そんなところもあるんじゃないかなあ。
この世代がどれほどの力があるのか?それにはU-20W杯での
試合内容が一番参考になると思っています。
オシム監督にとってもU-20の選手達を評価するには
一番良い判断機会ができました。

とにかく、この選手たちがリーグに戻りチームの主力として
活躍できるようになること、まずはそこからです。
「スタメンを勝ち取る⇒リーグ優勝を目指せるチームの主力に」本当の
意味で、実力でA代表候補として名前が挙がるのはその後でしょう。
そしてU-20W杯(カナダ)で一回り大きく
成長した姿を期待しています。

【ポチッと応援投票おねがいします】


日本選手(全体)トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■一番欲しいのは勝ち点


J1第30節 浦和1―0横浜M (埼玉スタジアム) 

浦和、横浜ファン以外のサッカー好きな方にとっては
きっとつまらない試合と感じたことでしょう(^_^;

特に前半は酷かった、日本のトップリーグの試合にはとても。。。
ボールの蹴り合い、パスが雑でパサーもいない
日本代表の欠点の元凶はJリーグの試合内容にあることは
わかっていることですが。。。
お互いにゲームを作るMFがいませんでした。
雨の責任に出来るレベルでもなかった。

まあ、とにかく浦和からすれば結果が全てなので。
内容まで気にしているチーム状態でもないし一番欲しいのは勝ち点、
初制覇に向け大きな前進です^^
ディフェンス陣も何とか踏ん張ってくれたので
(ネネが最後まで持つか気になってしまった(;^_^A )とにかく一安心、
とにかくDFにこれ以上故障者が出ないことを願いたい。

そして試合後、
11/15 対 サウジ戦の日本代表メンバーが決定しましたが
相変わらずDFは少なくMFが多い構成、
この中では闘莉王、今野、中村憲が中心になるかなあ?

注目していることは。。。
これまではボランチの選手をDFで起用するなど
DFが本職である選手を試すことはあまりしていない。
今回は伊野波と青山を起用するのかどうか?
それともまた召集しただけで終わるのか?
個人的には高松に期待しているので長時間起用してもらいたい。
長谷部はそろそろ結果を出さないと。。と思っています。
A代表はサバイバルですから。
ただ闘莉王と鈴木啓は怪我に気を付けてくれ~!^^

【ポチッと応援投票おねがいします】


その他トラックバック(1) | コメント(5) | top↑
■もっと積極的な守備を(対韓国戦)


生で見ていたら興奮しただろうなあ、そんな試合でした
結果を知った後の観戦はテンションが半減です(笑)

それにしても不思議なチームだ。
押されっぱなし、攻める気持ちでも負けている、でも点が取れる。
PKは蹴り方を見ていると決して上手いとはいえない
でも試合は勝った、「勝っちゃった」という表現が近いかもしれない。
課題は多いのですが、勝ったことで選手の反省心も小さいでしょう。
あえて勝因を挙げるとすればGKの差かな。

おそらくマスコミは「退場処分での数的不利もあっのて一方的防戦」
と表現するだろうが、その理由はただの「後付け」のように感じる。
試合がが進めば進むほどズルズルと後ろに下がってしまう
ボールを奪うという積極的な守備ができない。
「攻めの守備」をする気持ちが失せてしまう弱気の守備、
受身の守備に必死。日本の決定力不足は
しばしスポーツ紙・評論等々でも取り上げられますが「弱気な守備」
これも日本の持病の一つだと考えています。(参照記事)

前回のサウジ戦は勝つことが大事
この試合は内容を見たかったのですが
直さなければいけない日本の体質(欠点)が出てしまった試合
どの世代も相変わらず・・・という感じでした。

これが世界のトップレベル相手なら力負けしようとも
ある程度納得するが、アジアのトップクラスの韓国に
圧倒的に押し込まれてしまった、ズルズルと後ろに引いてしまった。
勝ったことは良かったが個々のプレーを見る限りこの中から
A代表は・・・2010年以降(2,3人というところか?)
になる可能性が高いかな。
ただ実力で選出されるのではなく将来を考えて
召集されることはあるかもしれません。

もちろん選手は必死だったでしょう、頑張っていた。
しかしアジアに於いても依然として勝ちきれない、主導権を
握ることが出来ないことは事実として受け止め精進してほしい。
とにかく今は決勝進出おめでとう^^生で観戦したかった試合でした。

【ポチッと応援投票おねがいします】


試合評トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
■過密日程が原因ならば・・・


選手に怪我・故障はつきものとはいえ、
最近怪我・体調不良による欠場が目立ちます。
オシム監督が就任したことで選手の運動量が増えた・激しさが
増したとは考えたく無い。(だとしたら「今まで何やっていたんだ!」
となってしまうので笑)
過密日程が影響していると考えるのが妥当だと思うのですが・・・

俊輔はスコットランド・リーグカップを欠場しセルティックも
PK戦の末敗退しようです、欠場の理由は休養らしいですが。
同じ事がJのチームで起こると周囲はどんな印象を持つのか?
リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯・・・
優先するのは当然Jリーグ、ナビスコカップ・天皇杯を勝ち進めば
厳しい日程は続き疲労は蓄積される。
しかし日本ではリーグを優先し主力を温存する、
休養させるという戦法をとるチームは少ない。

随分前のことだったと思うのだけど天皇杯かナビスコ杯だったかな?
主力を温存して戦ったチームがサッカー協会から非難されたことが
あったような覚えが(^_^;(罰則もあったような記憶も)
個人的にはリーグを重要視するのは当然、疲労が溜まった選手を
休ませることが何故いけないのか?
問題提起したサッカー協会の考えが理解できなかった。
日本には受け入れにくい考え方なのか?とも感じました。

ただこれからは何かしらの対策は必要だろうなあ、
というより対策を立ててもらいたい。
それぞれのチームに「選手の疲労も考えて起用して欲しい」
と声をかけても改善はしないでしょうから(^_^;
ならば明確にルールを作ってしまう、たとえば1週間でピッチに立つ
時間を制限するとか。ちょと大雑把ですがたとえば。。。

<リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯が重なり、1週間で2試合
こなさなければいけない場合>
2試合フル出場した場合の選手のトータルの出場時間は
45分×4で180分になる、これを制限する。
1週間で出場できる時間を「45分×3=135分まで」とか。。。
つまり1週間に2試合ある場合、Jリーグにフル出場した選手は
2試合目は前半のみ出場、後半は交代しなければいけない
(休まなければいけない)とか。

そうなると交代枠3人というのは無理があるのでナビスコカップ、
天皇杯は交代枠5人に変更する。
そして試合展開ではなく出場時間制限で交代せざるをえない選手に
関しては0.5人分として数えるとか、
もちろんそうなるとベンチ入りのメンバーも増やさなければ(^_^;

選手目線で考えると、ある程度コンディションを整えて
試合に臨むにはおそらく週一がベストだろうなあ、
とはいえプロ選手はそうもいかない。
ただ週2試合ペースが続いてしまう日程はやはり考えないと。。。
疲れた身体で出場し続けることより、疲労の少ない状態で集中した
試合をすることが選手の成長にも良い影響を与えると思っています。

とにかくどんな方法でも日程をもう少し何とか改善できない
ものかなあ、このままでは。。。

【ポチッと応援投票おねがいします】

 
私的提言トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■課題は多いけれど


AFCユース選手権: 日本 2-1 サウジアラビア

絶対勝たなければいけない試合によくある内容の試合でした。
前半のサウジはマークがちょっと甘かったかなあ。。
その間に点がとれたことが勝因でした。

こういう試合になるとボールを繋ぐ・組み立ては二の次、
中盤でもお互いボールの奪い合い
ボールも落ち着かなくなる試合が多い。
ましてこの試合は雨、ピッチも凸凹となると
綺麗なパス回しは出来ない、特に前半はそんな試合でした。

日本はゴール付近の守備はそこそこしっかりマークできるのですが
ミドルシュートを打たれる辺りの地域の守備が甘くなる。
後ろを気にしすぎて寄せに行くのがいつも遅いのが気になる。
(これについては、また後ほど)その結果ファールで止めてしまったり、
ミドルシュートをほぼフリーで打たれたり。。。
この代表に限ったことではないのですけど。

そして今日の試合は仕方がないとして不用意なファールは
避けて欲しい、大会を通じてちょと気になりました。ファールで
止めることを、このレベル・年代では覚えほしくないんだけどあ。。。

ここまでの戦いを見てきて、点差の開いた試合もありましたが
決して日本は点差ほどの強さを感じなかった。
むしろこの世代のアジアは力がきっ抗しているのかな?
(死のグループ?を突破してきたからかもしれませんが)
まあ、A代表、五輪代表と比べると
一番得点の匂いを感じるチームと言う印象は持ちました。

これで経験値が増える、カナダを経験してJリーグでプレーする・
ここで敗れたままリーグでプレーする、とでは全く違います。
この先は負けてもあまり気にする必要は無いでしょう。
ここまで出場機会の少なかったメンバーをスタメンで起用しても
いいかなと思うのですが、U-20の目標はアジアではありませんから。
そこまではしないかな。。。

【ポチッと応援投票おねがいします】

  にほんブログ村 サッカーブログへ
試合評トラックバック(1) | コメント(3) | top↑
■日本が世界ランク9位?


これまでFIFAランキングは必ずしも実力を表すものでは
ありませんでしたが最近は計算方法も見直され、
かなり真の実力に近くなったように思います。
日本の40~50位台もまあ妥当な順位でしょう。

ちょっと古い話しですが
ファルカンジャパン時代には半年以上も国際試合が無かったらしい。
原因はJリーグの日程の圧迫?らしいのですが。。
半年以上も何も出来なかったファルカン監督、
今同じ事があれば協会はオシム監督に怒鳴られるだろうなあ(^_^;
当時はランキングも相当下がったことでしょう。

それを引き継いだ加茂ジャパンは2002年ワールドカップ開催の実現に
向けて98年フランス大会へは絶対に出場しなければいけない。
協会は日本代表の強化に力を入れ始め
スポンサーも付き親善試合が急激に増えた。

その結果岡田武史へと監督が変わった98年初頭には
「9位」という恐ろしい順位に(@_@)
日本がトップ10入りした経緯があったとは知りませんでした(^_^;
しかしこの年6月のフランスW杯で全敗、
当然のように順位を下げることに。
その後ランキング計算方法に地域の格差をつけ、大幅に見直された。

トルシエジャパンではユース代表とオリンピック代表の強化に
力を入れた為、A代表は試合数も少なく成績もいまひとつ。
一時期には60位代にまで順位も急降下、そんなこともありながら
2006年ドイツW杯後ランキング算出法が再度変更に...

う~ん
ランキング計算方式を見直される度に日本は下がっていく・・
ランキングの不公平さを試合で証明し続けてしまった日本は
計算方法の見直しに貢献したチームかもしれません(^_^;

【ポチッと応援投票おねがいします】

日本代表トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■ジェフは良く走る


後半から見ました、それもなくなんとなくぼんやり。
感想もそれなりです(^_^;

水野の得点は、あの場所でシュートを蹴らせてしまうような
マークを離してしまった鹿島の守備がまずかったのかな?
それだけ千葉の選手が走っていたのかもしれません。
もし個々のレベルが一段アップして尚且つ今のようにチームとして
連動して走るサッカーができればジェフは強くなるだろうなあ。。
鹿島はCFらしいFWが見当たらなかったけど。。。
(チーム事情は詳しく知らないのですが)

個人的にはジェフのGK岡本が目に付いた^^
一つ一つのプレーがしっかりしている、という印象。
A代表のGKは川口に定着?していますが川口の実力が突出している
とは思っていません。これなら代表に選出してもいいかもしれない。

試合には関係ないのですが「ナビスコカップ」というカップ戦の
位置づけ、選手にとってもチームにとっても難しい大会です(^_^ゞ

【ポチッと応援投票お願いします】

試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■次勝てばOK


大量点を奪われなければいい試合でしたから
それが理由でこの内容なら救いはあるのですが
選手は消化試合とは思わずプレーしていたように見えました。
相変わらずパスが繋がらない一本調子のサッカーだったような。。。

2試合を見る限り、次の試合で豹変するとは思えない(^_^;
これが現在の日本のスタイルなのかもしれない。
このままではアジアが限界か?
日本がアジアで突出した存在になるのは当分先の話になるでしょう。
イランは良くも悪くも、細かいことは気にしない大味なチームだなあ。
予選で当たって正解だったかもしれません(^_^ゞ

とにかく次が全て、世界を経験できるかどうかの分かれ目
この世代の将来に係わる重要な試合になることは間違いない。
次の一戦に関してはパスが繋がらなくとも、リズムが作れなくとも、
押され続けようとも、とにかく勝てばいい。
内容ではなく結果が全ての試合です^^

気になることは。。。試合が動いた時、1試合全体を考えて冷静に
プレーできるチームを指揮できるようなキャプテンがいないこと。
悪い流れを最後まで引きずらないか?ちょっと心配です。
「ゆっくりボールを回せ」「ペースを落とせ、上げろ」
「攻める時間帯、守る時間帯」
監督がなり振り構わず、大声で指示するしか無いかなあ。。。(^_^;

ポチッと応援投票おねがいします


試合評トラックバック(1) | コメント(5) | top↑
■圧倒できない 4-0


世界一レベルの低いアジアのグループリーグで
「死のグループ」と言われてしまうのもちょっとなあ(;^_^A
日本はアジアで苦戦するということなのでしょう。飛び向けた力を
持っていれば日本にとって死のグループにはなりませんから。

内容を見ても押してはいたが点差ほど圧倒するような
ものではなかった。本当ならばグループリーグは主導権を握り
圧勝してもらいたいのですが
今日見た限り実力的にもそれは無理でしょう。

結果0点に抑えたが、まだグループリーグだというのに
ファールが多い選手達のディフェンス力はまだ評価できません、
ファールで抑える変な癖が付いてしまっていないか心配だ。
ただこの試合は日本代表にしては珍しく効率よく点が取れました。
それは褒められることかな、この決定力が続いてくれれば^^
もちろんこれから成長してくれるでしょうけれど
「日本の将来は明るい」とはお世辞でも言えない(^_^;
「かなり大きく伸びてもらわないと困る」そんな印象です。

基本的なことですが、例えばトラップ。。。
どの方向にトラップしたいのか?どの位身体から離すのか?
状況で異なるはずなのですが、それが出来ない。
トラップが大きすぎたりドリブルが大きすぎたりという原因で
ボールを取られる選手が多すぎる。考えずにトラップしているのか?
技術不足なのか?両方?
このままの感覚でプレーを続けていてはちょっとなあ。。。(^_^ゞ

チーム全体では。。。
運動量を増やす時間、ゆっくりパスを回す時間、時間を消費させる、
速攻・遅攻・・・1試合の中で意図的に波が作れない。
動だしたら動きっぱなしの一本調子。
そして今日の試合では梅崎が頑張っていましたが
(オシム監督の言う日本化には欠かせないタイプ)
ウィングタイプの選手がいないなあという感想も持ちました。
ここに書いたことは全ての年代別代表に共通しているものが多い、
(海外組参加で変わるかもしれませんが)毎回感想が似てしまいます(^_^;

梅崎をA代表に召集したのもU-20の中から
誰か一人呼んでおきたかった、実力で呼んだわけではない、
オシム監督ならではのパフォーマンスということでしょう。
Uー20に限定すればいい選手ですが、
A代表として考えるとまだまだのような気がします。
五輪代表なら呼ばれる可能性もあるかな。

ちょっと寂しい目標ですが
まずは今大会ベスト4に入り世界と戦える権利を掴んでもらいたい。
そして世界との差を痛感してもらい課題を理解しながら
所属チームで結果を残せる選手になる、まずはそこから^^
この試合はアジア突破の為のU-20として評価すれば合格、近い将来
代表に?と見れば失格、飛び級は先の話になりそうかなあ(^_^;

ポチッと応援投票おねがいします

  
試合評トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■経験値を上げる


チームの中心選手として俊輔は活躍している。
じゃあスコットランドリーグのレベルはどの辺り?とよく考える。
日本代表以外の試合を見る機会は殆どない私がそれを考察する材料は
先日のUEFAカップでのマンチェスターU戦(;^_^A
その試合内容を考慮してセルティックをイングランドリーグの
チームと比較すると・・・
上位5チームの中に割って入るのは厳しいだろう、
中位が妥当なところかな(^_^;
そんなスコットランドリーグでプレーする俊輔には
チャンピオンズリーグで一つでも多く試合を経験してほしい。

日本選手が世界レベルの選手と高いモチベーションで
戦うことができる機会は4年に1度のワールドカップだけ、
これでは世界に追いつくことはできない。
そしてドイツW杯での大敗は海外での日本選手の評価を下げてしまい
移籍のチャンスを減らしてしまった。
俊輔、松井、稲本、中田、小笠原・・・etc
海外組の活躍がそんな日本の評価を変えてくれれば。。。

世界レベルの激しさ・強さを経験する日本選手が増えること。
日本と世界の差を肌で感じる選手が増えることも
日本サッカー発展に必要な要素だと感じます。
4年後までに何人の選手が何回世界レベルの舞台を経験できるか?
そんな選手が多く召集され国内リーグの選手を引っ張り上げる、
そんな日本代表になってくれることを願いたい。

ポチッと応援投票おねがいします

  
日本選手(全体)トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。