09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■「ビビッ!」ときた選手


選手を評価する場合、人によって様々な評価基準
観点があり、それによっ選ばれる選手・意見が分かれるわけですが。。。
私の場合、基本的には代表での試合の積み重ねで少しずつ評価が
上がる選手、下がる選手が多いのですが、稀にたった1つのプレーで
「ビビッ!」とくる、「あれっ?この選手は。。。」キラッと光るもの
を感じる時があります。逆に1つのプレーで
「この選手は代表では厳しいかな?」と感じる選手もいます。
簡単に言ってしまえば直感・感覚・独断ということなんですが(^_^;
で、最近ビビッ!ときたプレー・選手をいくつか挙げると。。。

一番は中村憲、サウジ戦で彼のパスを見たとき感じました。
パスの質が一人だけ異質に見えた、他の選手のパスが
「ポ~ン、ゴロゴロ」に対して中村のパスは「ピシッ!」という感じ。
(わかりにくいかもしれませんが(^_^; )
それを見た瞬間(パス以外の能力は未知数にもかかわらず)
「この選手はしばらく代表で起用してほしい」と感じました。

先日のU-21中国戦では、1点目に繋がった左サイドの増田への
ロングパスを蹴った苔口、これを見た瞬間「いいなっ」と感じました。
理屈ではなく感覚的に(^_^ゞ

そしてまだ代表には呼ばれていないので番外ですが(^_^ゞ
大分トリニータの高松大樹。
彼の得点シーンをスポーツニュースで見た瞬間
「あれっ、この選手は。。。」直感ですが感じました。
得点感覚が他の日本人とは違うような、ゴール付近でも考えて
シュートを蹴ることができる数少ない選手、「駄目なシュート」ではなく
「惜しいシュートを蹴れる選手」
そんな気がしました。

もちろんJリーグでの1シーンを見ただけなので代表ではどうか?
それはわかりません(^_^;
ただ、その後彼のプレーを見ている限りでは「日本代表のFW候補」
という評価に変わりはない。五輪代表の飛び級を考慮する前に
彼を代表で。。。個人的な希望です(^_^;

ポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
スポンサーサイト
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
■私的日本選手ランキング


私的日本選手ランキング(10/26現在) 前回はこちら
【A代表クラス】
1.松井      
2.中村(俊)   ポジションはできればサイドハーフ
3.稲本     攻撃的MFが希望だがボランチでもOK
4.中田(浩)    DFとして起用すること、ボランチは×
5.小笠原    ボランチで起用することが前提
6.今野      
7.闘莉王

【A代表に近い選手】
8.田中(隼)  ウィングの能力は高そう
9.三都主    攻撃的左サイドのみ
10.中村憲 ボランチ起用は反対
11.本山   ドリブルで敵に何度も挑むことが条件、オシムの構想外?
12.阿部(勇)  2つのポジションがこなせるのが強み
13.坪井
14.駒野     両サイドこなせるのは強み
15.加地    キックの精度に不満、起用のされ方が気の毒な面も
16.佐藤(寿) 

【B代表クラスの選手】
17.小野  能力は高いが中村憲が頭角を現したことで代表が遠くなるか
18.鈴木(啓)   守備はまずまずだが、攻撃に絡プレーが・・・
19.水本
20.田中(達)   右ウィングで使ったら・・・興味があるのですが 
21.羽生       
22.長谷部   そろそろ代表でいいプレーを出さないと落選も
23.高松    代表で試して欲しい選手        
24.玉田    FW候補に加えてもいいと思うが・・
25.山岸    ボランチでも面白そうだが試す時間が。。。
26.遠藤     自分の評価は低いのですが
27.宮本     スタメンは厳しいが、チームキャプテンとして
28.巻     もっと我侭なプレーをしても・・     
29.我那覇   代表では厳しいかもしれない 
30.高原    シュートの決め方(フィニッシュ)が以前から気になる
         このままでは代表には呼べない
32.大黒     所属チームで出場することが先決だが   
33.播戸    代表ではまだ評価できない
34.佐藤(勇)  もう少しチャンスを与えてもらわないと評価しずらい
35.二川    もう少しチャンスを与えてもらわないと評価しずらい
36.苔口    

これを踏まえてサウジ戦のスタメンを組み合わせると


もし今、海外組を合体させると

こんな雰囲気でしょうか(^_^;

で、サウジ戦ですがU-21を召集することには反対、
そこまで裾野を広げることは無いと思うのだけど(^_^;
2010年から逆算すると現A代表・海外組の中に割って入るのは
時間的にみても厳しいと思っています。
「サウジ戦 五輪組大量招集」。。。?本当だとしたら評価するのが
早すぎないかなあ?試験的だとしても2010年w杯アジア予選
(実際は2008年からかな?)に間に合わないのなら後回し、
A代表に呼んだまま試験を受けていない選手を優先させてほしい。

中村憲にしてもなぜもっと早くから使わなかったのか?
(「ダイレクトで速いパス回しをするタイプではない」という理由
だけで質の高いパスを出せる選手を控えにまわしてしまった?
と思いたくないが。。。。)

召集するとしても、所属チームで中心選手として活躍している
ことも召集条件に入れて五輪予選終了後まで時間をかけて
見極めて欲しいな(^_^ゞ

ポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
日本選手(全体)トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■前途多難


A代表以外の代表を1試合通して見るのは
初めてかもしれないが今日の試合の感想は。。。
正直どっちに評価していいのか基準が難しい(^_^ゞ
将来代表を目指す選手達と思えばこんなものかなあ。
ただ、2010年中心になる選手達として評価するならば。。。
「前途多難!」日本の南アW杯アジア予選敗退を予想します(-。- ) フゥ
ディフェンスはそこそこ守っていたが後ろでのパス回し、
DFからのパス出しは(相手が中国だからよかったものの)怖い。
それに中国相手にこんなにファウルしてどうするんだ?
パスはやっぱり雑だなあ、特にシュートに結びつきそうな場面の
1つ2つ前と思われる大切なパスに丁寧さを感じない。
ボール回しと同じ感覚でラストパスを蹴ってしまう(^_^;

それでも勝てたのは日本以上に中国が雑で粗いチームだった(^_^;
この世代の中国は本当に強いのかな?今日の試合ではそう感じた。

苔口、中村、本田、青山、梶山、伊野波・・・
若い世代の代表としてならまずまずかもしれない。
アジアなら勝ち抜ける可能性が有るかもしれません
しかし即A代表のベンチ入りできそうな選手は見当たらなかった。
2年後にはこの中から数人選ばれてほしいのですが
直ぐには厳しいかもしれません(^_^ゞ

今日は選手のモチベーションも親善試合だったと思いたいが
もしこの試合が日本のU-21の本来の実力に近いとしたら
これからの日本サッカーに危機感を持ったほうが。。。
明日のスポーツ新聞、ニュースでは「快勝・完勝」という文字が
並んでしまうのか?いくらなんでもそんなことは。。。(;^_^A

よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
試合評トラックバック(1) | コメント(4) | top↑
■売れないなあ(U-21代表)


U-21国内初戦チケットが売れないらしい。
A代表以外ではなかなかスタジアムを満員に出来ないのが
日本の現状ですが今回はそれに輪をかけて異例の不人気ぶりらしい。
サッカー協会は「魅力ある選手がそろっているのに、どうして?」
「黄金世代?中村俊、小野らほどの関心を集められてはいない」
と感じているらしいが。。。

選手の人気に頼っているようでは・・平山を呼んでしまった理由は
客寄せではなく実力であることを信じたい(^_^;
はっきり言えることは強ければ自然と脚光を浴びる、もし北京五輪に
出場し、世界のトップクラスと互角の勝負が出来たならば
異例の不人気は解決するでしょう。

そして一番心配なのは。。。
今のサッカー協会が本気で集客努力しているようには思えない。
内部構造までは知りませんが人材の能力不足?
それともお役所根性?疲れることはしたくない?

「日本サッカーを強くしたいのならまずはJリーグの改善から」
これは集客回復にも言えることだと考えています。
代表の人気を回復したいのならまずはJリーグから、
各々のチームが集客努力をする、まずは底辺をしっかり固める、
そこから始めなければと思うのですが(^_^;

Jリーグ開幕当時の黙っていてもスタジアムは満員
そんな状況に甘えて営業努力を怠り衰退してしまったチーム
今でもスタジアムにたくさんの観客を呼べるチーム。
関係者は浦和、新潟、鹿島・・・がなぜスタジアムを満員にできたのか
教えを請うのもいいかもしれない。
ヴェルディのファン離れの原因、観客数の激減、衰退してしまった
理由を検討するのもいいかもしれない。
成功者より失敗者の意見が勉強になることもありますから^^
代表とリーグ、事情は違うかもしれないが
今のサッカー協会ならば学ぶところは多いはず。

後は・・・どうして国立(首都圏)が多いのだろう?
容量の大きな入れ物を用意してもスカスカになるのは目に見えている。
地方開催を増やし代表のサッカーを観戦する機会の少ない
人達のところへ・・その周辺から積極的な宣伝活動をする、
そんな考えは無理なのかなあ(^_^ゞとにかく選手に頼らず
もっと営業努力をしなさい、それがあなた達の仕事。

U-21代表にはJリーグのレギュラークラスの選手も多い。
U-21が強いのか、リーグのレベルが下がっているのか?
無知なマスコミ・関係者が過大評価で選手を持ち上げるも
「チケットが売れない・異例の不人気」・・・
U-21の実力を一番良く理解しているのは関係者ではなく
サッカーファンかもしれない^^
個人的には本田(圭)に期待しています。

よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
浦和レッズトラックバック(1) | コメント(13) | top↑
■キャプテン不在


チェコ代表のキャプテン、イタリアの名門ユヴェントスの
「ネドヴェド」先頭に立ってチームの為に動き回る
身体を張って守備もする、攻撃になれば前を向いて突き進む
ラグビーで言う「one for all」の精神を持っているような選手。

キャプテンとしても選手を無理やり引っ張っぱるタイプのリーダー
ではなく、背中を押して「頑張れ」と励ますようなタイプの選手。
強くて上手い、綺麗なプレーもできる能力を持っていながら
泥臭いプレーをこなす。
あんなに上手い選手が必死になってボールに食らいついている
身体を張ってプレーする、そんな姿を見て
味方を奮い立たせる、選手がついてくる、そんな選手。

もちろん日本に無いもの(ネドヴェドクラスの選手)を求めても
仕方が無い、しかしここまでのオシムジャパンに
キャプテンに相応しい選手が見当たらないことは問題です(^_^;

物足りなさもありますが個人的には
俊輔・小笠原あたりが身体を張ったプレーでチームを引っ張って
くれたら・・・とも思うのですが^^
将来的には巻、中村憲も面白いかなあ。

よければポチッと応援投票おねがいします
  にほんブログ村 サッカーブログへ  
その他トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
■ポリバレント?(踊らされるマスコミ)


記事によるとオシム監督の選手の選考基準は
「ポリバレントな選手であること」だそうです。「ポリバレントな
選手」簡単に言い換えると「複数のポジションがこなせる選手」
「複数の役割をこなす多様な能力を持つ選手」ということらしい。
もちろんそれが出来ることに越したことは無いが・・・

これまでのオシムの発言を聞いていて感じることは。。。
記者の前で堂々と発言する内容は、本心ではないでしょうね
真意は語らないと思っています。
心の内は「こいつらに何を言ってもわからない、
日本のマスコミはまともな記事を書かない、話をしても無駄だ」
なんて思っているかもしれません(;^_^A

そして最近の言動は。。。あえて惑わすような発言をし、
それにどう反応しどんなことを書くのか?
マスコミをからかっている、見下しているようにも見えてしまいます。
スタメンのポジションを発表しないことも
「自分達で試合を見て考えてみろ」と言いたいのかもしれません。

そして先日のインド戦に於いての会見では、
チームは選手交代や状況に応じて、流動的に布陣を変える
柔軟性を発揮した、鈴木啓を褒めていたようです。
記者のみなさんはそれを素直に受け止め、後の「考えて走るサッカーはインド戦をもってクリアした」という記事になったわけですが。。。

個人的には恒例のなげやりな会見に見えたなあ(^_^ゞ
インドには失礼かもしれないが、J1でボランチとしてレギュラーを
張っている選手ならば誰が出てもDFの役目を果たせたのでは。。。
ということで、オシムの発言・マスコミの記事は無視して
私的観点から書きます。(主観なのでオシムの真意とは
かけ離れているかもしれません)

「ポリバレントな選手」はあくまでオプション、
それぞれの持ち場で高い能力を発揮できる選手が基本と考えています。
「ポリバレント」の意味も「複数のポジションがこなせる選手」
というよりも「試合に応じて的確に状況判断のできる選手」
という意味が強いと考えています。

選手の起用を見ていると確かに「複数のポジションがこなせる選手」
を求めていると伺える場面もあります。(今野、鈴木啓、阿部勇のDF
起用等)ただ選手全体にそれを試すことはないでしょう、
ある一部分の選手に限定されると考えています。

例えば今野、鈴木啓、阿部勇のDF起用を独断で推察してみると。。。
3人とも本職はボランチの選手、ということは闘莉王の
オーバーラップ(というよりDFに戻らないのでDF⇒FWへの
ポジションチェンジが正しいでしょう)を考えてのことでしょう。

これまでの格下相手ならばDFに闘莉王不在だろうと2バックで
凌げたがいつまでも通用する作戦ではない、
空いたCBは埋めなくてはいけない。闘莉王とのセットで
CBもこなせる守備的MFが求められる、それが「ポリバレントな選
を求める」という記事になったのかもしれません。

ちなみにインド戦には中村憲をボランチでも使っていたようですが
それは反対です、これもインド戦だから通用したと思っています。
W杯出場を争うであろうチーム(韓国、オーストラリア、サウジ、
イラン等々)と戦うことを念頭に置くと、彼を攻撃的MF以外の
ポジションで試す意味は無いと思うのだが・・

守備についてもトップ下の選手として守備力を上げてくれれば充分、
たとえ試合中の一時的なポジションチェンジであったとしても
ボランチは彼のよさを潰してしまう。
チーム力をマイナスにしてしまうような流動的な動きは必要ない。
インド戦でそこまで余裕があるのなら、
中村より山岸をボランチに下げて試したけどなあ(^_^;
というのが自分の意見です。
う~ん・・・オシム監督に質問してみたい(^_^ゞ

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
間違いだらけの・・・達トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■魔法使いでないのなら...


記事によれば...
日本代表のスタッフ会議で第1期の「考えて走るサッカー」を脱皮し、
第2期としてエレガントなサッカーを目指す
11日のアジア杯予選インド戦で「考えて走るサッカー」はクリア。

「ようやく日本代表がエレガントだといえる状態になってきました」
同監督に代わり、代表スタッフが明かした。
オシムジャパンは「美しいサッカー」へ・・・
となっているのだが。。。?

はぐらかしてばかりのオシム監督とサッカーを知らない記者の記事で
どこまで信憑性があるのか、その判断が難しい。
「エレガントなサッカーが好き」と言う会話が人を介したことで
「エレガントサッカーを目指す」と誤釈されたのか?
スタッフ会議の内容を軽々しく公表するスタッフって誰?
どこまで真実なのか、信用していいのかどうか。。。
とにかく見極めるのにも一苦労(^_^;

・「考えて走るサッカー」を脱皮した。
・インド戦で「考えて走るサッカー」サッカーはクリア。
・「日本代表がエレガントだといえる状態になってきました」

「考えて走るサッカー」そこから鍛え直すことには賛成ですが
こんな短期間で?まったく脱皮出来ていないと思いますが(;^_^A
サッカーファンではなく代表スタッフの言葉ですよね
どんな目線で見ればそんな判断が出来るのだろう?

「考えて走る」の次は「ポリバレント」「エレガント」?
次から次へと理想を押し付けてもなあ
日本人は勤勉で頭がいい、そんなイメージを持っているのかな?
オシムが魔法使いでない限りこんな短時間にこなせるとは
どう考えても思えません(;^_^A
2段3段飛ばしで階段を駆け上がれば、足腰の弱い日本は
足を踏み外し最下段まで転がり落ちるでしょう。

オシムの日本サッカーの日本化とは
「エレガント」なサッカーということ?
走る、考える、ポリバレントにエレガント・・
理想と現実は違うんじゃなかったのかなあ。。。
世界挑戦を諦め、対アジア限定のサッカーチームを作るのなら
それも面白いかもしれませんが
現在の日本の個々のレベルで「エレガント」などとんでもない。

日本が目指すのはエレガントなサッカー?
それは何十年も先の話だと思いますが・・・
オシムの言葉ではない、周囲の早合点であることを願いたい。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
間違いだらけの・・・達トラックバック(0) | コメント(7) | top↑
■トヨタカップの衰退(2)


>岩本輝雄がクラブW杯出場へ

またやっちゃた。(´ヘ`;) ハァ前回記事
こうなったらもう何でもあり?
サッカー協会は何が何でも日本人を参加させないと気が
済まないらしいなあ(-。 -; )
「集客アップの打開策→日本人プレーヤーの参加」
なぜこんな発想になるのだろう。。。

予告で煽るだけ煽り、解説者・アナウンサーは褒め殺し、
日テレは客寄せパンダを全力で持ち上げるだろうなあ。
世界最高峰の舞台をサッカーショーにしてしまう
日テレのスポーツ番組はもう見たくない。

オークランドは岩本にボールを集めてくれるだろう
敵も激しいプレッシャーはかけないかもしれない
フリーキックも蹴らせてもらえるかもしれない。
それら全ては岩本の実力でも、岩本に敬意を表したものでも無く
背後に控えるスポンサー・協会の圧力・・・(;-_-) =3 フゥ

それにしても肯定する記事はあっても批判する記事はないなあ
反対意見があってもいいと思うのだけど。。。(;^_^A
言わないのか、言えないのか、それとも記者が無知なだけ?
(-_-)ゞ゛ウーム

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
浦和レッズトラックバック(0) | コメント(9) | top↑
■大敗の予感。。。


先日のガーナ戦、選手はよく走っていた。サッカー選手なら
当たり前のことなのだがその「走る」ことについて
ちょっと気になったので2人の選手を例にあげて・・・

佐藤寿・・・ディフェンダーかと勘違いしてしまう場所ま
      下がって守る場面が何度か見られた、
     FWの選手がここまで守備をする、素晴らしいことです。
三都主・・・左サイド右サイド、ジーコジャパンの時とは
     同一人物とは思えないほど動いていた、
     
解説によれば山岸も走り回っていたらしい、
その他の選手もきっと走っていたのでしょう。
それがいい試合が出来た理由の一つだと思っています。

佐藤寿、三都主に「ディフェンスもしっかりやれ」と
指示されていたのか、それとも自分の意思、判断での動きだったのか
マンツーマンマークの約束があって走り回る守備になってしまったのか
走らなければ代表から外される・・・etc
オシムの元で走り回る選手達には色々な伏線があるでしょうけれど
個人的にはこの走り方は反対です。

・佐藤寿について
佐藤寿に期待することはゴール付近でのプレー、得点です。
もちろん守備をすることも時には必要、ただ1試合を通して考えた場合
守備に負担をかけすぎ体力をすり減らしてしまい攻撃力を
低下させてしまったとしたら、あそこまで下がることが
チームの勝利にプラスになるのかどうか?
自分なら守備に体力を使う代わりに
敵のディフェンダーと勝負してもらいたい。
前線で走り回って相手の守備陣の体力を奪って欲しいと考えます、
それがFWの役目ですから。

・三都主について
右サイドから左サイドまで、運動量が多いのはいいことです。
ただ彼の場合は右サイドでプレーした場合、能力が発揮できない
ような気がする。三都主の武器は左サイドからのドリブル突破、
深い位置からのセンタリング、自分もそれを期待したい。
ならば三都主はピッチ上を左右に動くことに体力を費やすのではなく
左サイドで前後(縦)に動くことに使ってもらいたい。

もっと気になるのは。。。
ガーナ戦はメンバーチェンジが6人まで許される親善試合だった
ということ、(日本の6人に対してガーナの交代は・・
2人だったかな?)
交代枠3人を使う理由には。。
・リードを守る、点を取りに行く戦術的な交代
・スタメン選手の調子の悪さ
・体力的な交代
・怪我、故障による交代・・・等々

昨日のような体力の使い方をしていれば、戦術的な交代など
到底できない。そして交代枠を使い切れば、そこからはどんなに
動けなくともピッチに残らなければならない。
そこまで考えた上で、親善試合に限定した飛ばしっぷりなら
いいのだが・・・
先日の格下のインド戦でも後半は極端に運動量が落ちたように見えた。
ここまでのオシムジャパンの戦い方を見る限り、そこまで考えて
いないだろうなあ、だとしたらこの戦い方はあまりにも危険。

オシムジャパンがこれまで経験した試合は格下相手の国際試合と
交代枠の多い親善試合だけだ。
いつも後半になると押し込まれる日本の欠点が見えなかったのは相手が弱かったから、新鮮な選手に入れ替えることができたからでもある
しかし本番で可能な交代枠は3つ。
ただでさえ精神力に課題がある、気持ちの折れやすい日本選手、
相手が同等or格上のチームならば後半ボロボロになる可能性が高い。
こんな無謀な戦い方は、大一番では通用しない。

たとえば。。。
「俺、足速いしドリブルも得意だから・・」
そんな選手ならばポジションチェンジし、両サイドに開き
ボールを受けてウィングのようなプレーをしてもかまわない。
しかし「ドリブルは不得手、スピードもないしセンタリングも
ちょっとなあ。。。」そんな選手が走り回ってタッチライン付近まで
開いてボールを受けてどうするんだ?
突破する能力無いその選手は何も出来ずボールを後ろに戻す・・・
そんなプレーに体力を擦り減らす意味があるのかどうか。。。
敵にダメージを与えるようなエネルギーの使い方をしてもらいたい
体力を擦り減らすプレーならば敵を巻添えにしてほしい。

おのおのに与えられたポジション、役割、自分の特性・・・
勝利に貢献するには何をすればいいのか、
できるだけ有効に体力を使い精一杯のプレーをしてもらいたいのですがオシムの「走れ」を選手がどう捉えているのか?

パスをフリーでもらう、パスコースを作る、ボール速くを動かす
ことが目的の練習ではグラウンドを走り回る、ウィング向きではない
選手が大きく横に開いてボールを受けようが何の問題も無い、
体力の配分など気にする必要も無い。
そんな練習のリズムのまま試合をしていないか?
その辺も気になります。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
私的提言トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■巻復活!のために。。


「巻にエース失格の危機、すべてに先発しながらも無得点という
不振続き」・・・考え方は全く違うと思いますが
「巻の不調」ここだけは珍しくマスコミと意見が合ってしまった。
代表での巻のプレーは何かおかしい、ゴールが無いから
言うわけではない、プレー自体が問題。

記者・サッカー協会の人間のようにすべてに先発し無得点だから
批判が始まる、2得点したから播戸を賞賛する、そんな基準で
評価するつもりはない。播戸にしても内容を見る限り
2得点したことで欠点が隠れてしまった、まだ評価できません。
(起用されることがあれば)サウジ戦を見てからかな(^_^;

巻のプレーは地に足が着いていないような、迷っているような
頭で考えすぎてパニックになっているようなそんなふうに見える。
テレビなので判断はしづらいが、必要以上に走り回り過ぎ?

走ることに力を注ぎ過ぎ、肝心のボールが来たときには
脚はガクガク、足元にピシッと止められない、
シュートチャンスにもただ我武者羅なだけでパスを受けても
頭が働かない、集中できていないような。。。
もう一人、山岸にもこれと似たようなものを感じます。

ピッチに出た以上は「疲れていた」という理由でかばいたくは無いが、
選手は自分から「疲れた」とは言わない。
ジーコジャパンにはそんな必要は無かったが厳しい日程でも
手を抜けないここまでのオシムジャパンには
体調を見て起用することも必要。
それにしてもオシムは巻をよく使う、このまま巻を使ってもなあ(^_^;

ただヘディングでのパスは技術的にも高い、
代表でもチームに貢献できるレベルだと見ています。
おそらく自分の得意な形を持っているでしょう。
ただそれを生かすにはサイドから精度の高い浮き玉を蹴る
能力を持った選手が必要なのだが。。。

自分なら。。。
今のうちに一度代表から落とす、考え方を変えさせたい。代表失格の
烙印を押すつもりは無い、復活することを期待して落とします。

「サッカー=ボールを蹴る競技」と思うのが普通ですが、
実際の試合ではボールには触れず、関与しない場所で走ることが
大部分を占める、だから走ることはとても大切。
1試合でボールに触れることができるのは
(選手にもよるが)せいぜい2・3分というところかな。

FWはたとえセンタリングが来なくても味方を信じセンタリングに
備えゴール前に走る。DFは他の選手がピンチを防ぐかもしれない
でも「もし・・」に備えて走って戻りカバーしなくてはいけない。
そんなことの繰り返し、結構地味なスポーツ(^_^ゞ
マラソンなら走ることに100%体力を使えばいい、しかしサッカーは
走るだけじゃない、その2・3分に仕事が出来なくては困る。

オシムの「走れ」が「走らなければ落とされる」という
精神的な重圧になってしまい自分を潰していないか。。。?
ピッチに立ったならば、そこからはもうオシムの目を気にするな!
操り人形になる必要はない、自分のプレーをすればそれでいい。
そのために練習してきたのだから^^

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
■自爆サッカー


【アジア杯予選   インド 0-3 日本】
(前半メインに見た感想ですが)
オシム監督がモチベーションを保とうとした、選手は表面上では
やる気を見せた、しかし実際は気分が乗っていないのか
疲れていたのか、空周りしているような。。。
「J2の選手に代表のユニホームを着せたのか?」
と感じさせるような惨憺たる試合内容だった。

パスは下手、トラップもできない(グランドだけの問題ではない)
どれだけ敵にボールをプレゼントすれば気がすむのか。。。
これが代表選考の最終戦だとしたら巻、山岸、鈴木啓は落とす、
長谷部も限りなく落選に近い。
播戸は得点はしたがまだ良い評価はできません。

今日の試合は中村憲がいて良かった。
しっかりしたパスを出していたのは彼だけ、もしいなければ
どうなっていたことか。。。ただ、日本代表のMFでこの相手ならば
これ位やってもらわないと困る、他のFW・MFがひど過ぎた
という評価が正しいかもしれない。

それにしてもなぜDFの青山と山口を試さないのか、眼中に無いのか?
今野はボランチの選手、そして前回のガーナ戦を見ていれば
DFで起用してもどの程度出来るかもう予想がつく。
駒野も同じ、ならば田中隼を試したら?
二川にはチャンスは与えないのか?と思うのだが。。。

今日の試合での収穫は中村憲のパスの質が他の選手と比較すると
抜きん出て高い、ということがはっきりしたことです。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
試合評トラックバック(1) | コメント(8) | top↑
■駒野のシュート(ガーナ戦)


ガーナ戦、(前半36分)駒野のシュート。。。
右サイドでパスを受けた駒野がDF1人をかわし
右足で強烈なシュート、枠を捉えるもGKがパンチングでクリア。
枠に飛んだことはいいのだが、シュート自体を評価すると
「惜しいシュート」ではなく「ダメなシュート」だった。

あの場面でシュートを選択したのならば、
意識してもらいたかったのは「速く低い弾道で
逆サイド(同サイドでもいいが)のサイドネットを狙う」ということ。
その結果外したとしてもそれは能力の問題になるので責めるつもりは
無い、大事なのは「そんな意識を持ってシュートしていたのか?」
ということ、日本のレベルではそこが大事になってくる。

ではあの時の駒野はどうだったのか?
意識(考え)は持っていたがキーパーの正面にいってしまったのか?
それとも闇雲に打ってしまったのか?
シュートのフォームを見た限り強いボールを蹴ろうとしたようには
見えたがボールを浮かさない意識は低かったように思う。
「低い弾道のシュート」を強く意識して欲しかったのだが。。。

ゴールの幅はシュート角度によって狭くも広くもなる、
あの角度からではゴールは狭く見えたでしょう
サイドネットギリギリを狙うのは難しい、しかし高さは
どこから蹴っても変わらない、シュート角度の影響は無い。
せめて、最低限、高低を意識したシュートを蹴って欲しかった。

しかし結果は、一番パンチングしやすい高さに浮いてしまった。
もし低い弾道のシュートならばGKは処理しづらかったでしょう
こぼれ玉からシュートチャンスが生まれる可能性も遥かに高い。

その意識の積み重ねがシュートチャンスをゴールに結びつける
確率を上げる第一歩になる、世界のトップでは当たり前のこと。
しかし日本は代表クラスでも国際試合になると
それすら出来ない選手が多い、シュートシーンでの意識が無さ過ぎる、
そして判断力も。。。
そこから始めなければ慢性的な決定力欠乏症は改善しないでしょう。

駒野のポジションでのシュートチャンスがあるとすれば
この様な角度が多い、「ああ弾かれたかあ・・・」で終わりにせず
このプレーを反省し次に繋げてもらいたい。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
シュートトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■代表に残れる選手(中村憲)


ガーナ戦での中村憲の印象は。。。解説者の金田喜稔さんに同感、
ということもありあえて試合評には載せませんでした。おそらく
翌朝のスポーツ紙でも「評価されるだろうな」と想像できたので。
時間も経ったのでそろそろ...私的な感想、意見を少し付け加えます

プレーは俊輔を右利きにしたような、
柔らかいパスの質が俊輔に似てるなあ・・・
それにスピードもありそうだ、そんな印象。これから課題が出てくる
だろうが、Jリーグ止まりの選手ではなく代表の壁を
乗り越えられる可能性を秘めた選手にも見えた、出来れば欧州で。。。

ただ中村という選手をアピールするには一番いい条件だった
とも考えられる。他のスタメンMFとのタイプの違い、
例えるなら、直球しか投げられない投手の後に変化球が投げられる
投手が出てきたような。。。プレーのリズムが一人だけ
異なっていたことが幸いしたのかもしれない。

記事によれば日本代表は、少ないボールタッチでパスを出す
パスを速く回すサッカーを練習をしていたらしい。
そして試合でも「速いパス回しサッカー」を忠実に守ろうとしたため
パスを受けた後、即パスを出すMFが多かったが
中村のプレーは違っていた。
これまでのMFの「トラップ⇒パス」というスタイルに対し
「トラップ⇒キープ⇒パス」というプレーを見せた。
オシムジャパンになって初めて「トラップ⇒パス」の単調なリズムを
壊した選手だった、パスも柔らかい。

次は是非1試合通してどこまで出来るかを見たい。
できれば年内最後のサウジ戦(インド戦は参考にならない)に
遠藤に代わって先発での起用をリクエストしたいのだが。。

もし彼が順調に伸びたならこんな代表も
(FWは見当たらないので仮ですが)


ただこうなると、右サイドはスピードのあるドリブラータイプ
(田中達、石川直、田中隼、本山・・・)
の選手が欲しいような気もするが。。。。
まあ、相手によって何通りもメンバーを組めるような
層の厚い代表になるのはいいこと。

DFは闘莉王、坪井、阿部(勇)、水本、駒野、加地、中田(浩)
代表レベルの選手のメドが多少は立ってきたかな、
そしてMFは欧州組が控えている、ただFWだけは
代表でのプレーを見る限り依然として名前が挙げられません(^_^;

主観ですが、オシムに召集されたメンバーの中で
「当分の間、代表に残しておきたい」と感じた選手は。。。
中村憲、今野、闘莉王、佐藤(寿)、駒野
水本、阿部(勇)、三都主、このあたりの選手かな

【10/11のインド戦について】
日本選手のモチベーションは保てるだろうが実力差は大きい。
大勝しようとも選手の能力をチェックする試合にはならないでしょう。
オシム監督からすればインド戦は練習の延長(練習仕上げの
90分の紅白戦)そんな感じに捉えているかもしれない。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援投票おねがいします

  にほんブログ村 サッカーブログへ  
日本選手(個人)トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■播戸の流血プレー


ニュース、スポーツ紙上でのガーナ戦の播戸に対する記事は。。。
包帯でグルグル巻きにして、最後までボールを追い続けた。
“血染め”の闘志
後頭部に負った6針の“勲章”
途中出場ながらも存在感を発揮。
不発には終わったが、確かな足跡を残した
褒め称える記事が目立ちます(^_^;

だが、もし自分が監督という立場で播戸について問われれば
公の場では評価するでしょう、しかし。。。
本人には後に話す機会を設け、警告も兼ね注意します。

闘志はもちろん素晴らしい、球際での激しいチェックも気迫の現れ、
そこは評価してあげなければいけない。
しかし、あの位置で身体を投げ出し頭から突っ込む
プレーはどうなのか?これも選手の状況判断の一つ、
自分で自分をコントロールできないとしたらそれは問題になってくる。
一瞬ヒヤッとした、あれは「勇気あるプレー」ではなく
我を忘れた「無茶なプレー」です。

そして、このプレーに反対する一番の理由は。。。
今回は大事に至らずに済んだようだが、もし眼にスパイクが、
頭部に大きなダメージを受けたら・・・
選手生命を脅かすような大怪我の可能性もあったからだ。
こんなプレーを続けさせるわけにはいかない、させてはいけない。

本人曰く「痛かったけれど、試合に出られない方が、もっと痛い」
( ̄△ ̄)ボーゼン。。。そんなアピールは認めない、
「試合に出られない」ではなく二度と試合が出来なくなるぞ!
自分なら「闘志の表現方法が間違っている」と理由を説明し
叱るでしょう、これからの本人の為にも^^

「闘志、激しさがあり、その一方で頭では冷静に考えることの出来る
選手」自分が選手を評価、判断するモノサシの一つでもあります。
この二つが備わった選手は伸びる、試合ではチームに貢献できる。
しかし、どちらか一方でも欠けている選手は一時的には
よい時期もあるが大きく成長することは難しい、
場合によっては試合、練習に於いてチームに悪影響を
与えてしまう可能性もあると考えています。

闘志、激しさが空回りして危険なプレーになってはいけない、
カードをもらってしまうプレー、態度を見せてもいけない。
反対に冷静にプレーが出来ても闘う気持ちの弱い選手
サッカーの基本である走ることすら手を抜いてしまうような選手、
もちろん評価しない。

今回の播戸のプレーは残念ながら激しさだけだった、
日本代表としてのデビュー戦、高揚する気持ちの押さえがきかなかったのかもしれない、代表に残る為に必死になってアピールしたい
気持ちはわかる、だから一度だけは許す。
が、危険なプレーを再度することがあれば
闘志の使い方を間違えている選手と判断し代表から落とします。
結果論で言うわけではないが、その精神状態ではシュートチャンスで
ゴールを決める確率も下がるでしょう。

そして、そんな危険なプレーを賞賛し、煽るような記事が多いことにも疑問を感じます。(水本、今野、駒野、佐藤、山岸、サントス、
中村、鈴木・・・etc 90分試合を見ていたならば他に書くことは
いくらでもあると思いますが(^_^; )目立ったネタに飛びつく
「芸能記者」ではなく「サッカー記者」になってもらいたい(^_^ゞ
頭から突っ込むサッカーなど、褒められるプレーではありませんから。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと投票おねがいします

    にほんブログ村 サッカーブログへ

私的ピンポイント解説トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■優れたディフェンダーではない


ガーナ戦直前のマスコミの記事を見てオシム監督の発言に
首を傾げたくなった。これまでの会見を見ていれば
決して本心を明かさないことは承知している、
会見での発言は真実とも思わない、信用もしていません(^_^ゞ

サントスをDFに起用するとしてもそれはあくまで実験、
可能性を探るテストであって優れてるから使うわけではない。
しかし会見ではそうは言わない、それもオシム流なのかもしれない。

マスコミを利用して
「考えてプレーしろ」「走れ」そんな意識を国内選手に浸透させる、
遠隔操作でJリーグを刺激することには賛成する。
しかしこの発言は・・・
「W杯でもアレックスが一番いいDFだった」
「もう一度ビデオを御覧になってはいかがですか?」
(試合ではMFに見えましたが(^_^;)
敵との駆け引き?騙し合い?サントスを奮起させるための駆け引き?
どちらにしてもちょっと度が過ぎると感じた。

そして、今回の発言に対して自分が一番批判したいことは、
あなたが「大切」と言っていたサッカーファンに「サントスは
優れたDFなんだ」という認識を与えてしまうということ。

この先サントスがディフェン能力を開花させる可能性はある、
しかし今は決して良いディフェンダーではないと自分は評価している。
もし発言するならば。。。
「サントスには可能性を感じる、W杯だけではウィングバック
というポジションの為、攻めにも比重をかける必要があり
DFとしての正しい評価はできない。
これからはサイドバックとして才能を開花させて欲しい」
そんな発言をして欲しかった。

万が一、これがオシムの本当のサントス評だとしたら。。。
人によって評価が異なるのは当然のこと
彼がどう感じようと自由ですが、自分には理解できません(;^_^A

現場にいたマスコミはこの発言に対し反論しなかったのだろうか?
「その通り」と感じたらならばかまわないが疑問を感じたのなら
「W杯でアレックスが一番いいDFだった」
そう思う根拠を聞いて欲しかった。
「ビデオは何度も見た、将来はわからないが私は現在のサントスが
優秀なDFだとは思いません、これはあなたの本心ですか?
サッカーファンはあなたの言葉を信用するでしょう、
それでもいいですか?」と自分の意見をぶつけて反論してください。

試合後も「言動とは正反対のあなたの行動は敵への
目くらまし作戦ですか?」と質問して欲しい。
オシムのことなら「過去の考えが必ずしも現在と一致する
わけではない」なんて返答をしそうですが(^_^;

オシムに期待していることには変わりはないが、
これからもこんな会見を聞かされなければいけないのかと思うと
ストレスが溜まりそうですC= (-。- ) フゥッ

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援おねがいします

    にほんブログ村 サッカーブログへ
代表監督トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■DFの健闘


国際親善試合・キリンチャレンジ杯: 日本 0-1 ガーナ

このメンバーが真のA代表ではないと考えれば
全体的にはまずまずだったかな、
前半のガーナは(時差ボケか?)それほど迫力は感じませんでしたが。

良かった点は。。。

DF3人は良かった、
失点したした場面ではオシム監督の興奮気味な映像が映ったが
マークは付いて競り合っていたわけで、フリーにしたわけではない。
少なくとも闘莉王と坪井との差は感じなかった。
今日の試合と過去の試合を見て判断すると、むしろこの3人が
上かもしれない。

当たり前ですが
最後まで手を抜かずにプレーしたこと
選手を競争させる、気を抜いたら代表から落とされる、
そんな意識を選手に植え付けたオシム監督の成果でしょう。
ジーコジャパン時代の親善試合とは
選手の意気込みがまるで違って見えました。

悪い点は、選手の名をを挙げようとしても、名前が出てきません、
特に不満の残るような選手はいませんでした。
で、全体的には。。。

解説によると敵のディフェンスが上がり気味だったらしいのですが、
そのせいでFWが一本のパスで飛び出すシーンが多かった。
それはいいのですが・・・オフサイドが多すぎ、
パスが一瞬遅れているのか、受ける選手の飛び出す判断が
早すぎるのか?ガーナが上手いのか?
(詳しくチェックしなければわかりませんが)
どちらにしろ惜しいを繰り返していては。。。
たまにはパスに頼らずに失敗してもいいから
「俺が浅いラインをぶっちぎってやる」みたいなドリブルを
仕掛けるプレーを期待して見ていましたが、
そんなシーンは残念ながらありませんでした。

後は。。。
中盤で敵のプレッシャーが強くなると
ボールがキープできなくなる、パスが繋げなくなってしまう、
ここは相変わらず。
親善試合ということもあってか、
特に前半は比較的楽に中盤でボールを維持できたが
もしこれが本番なら中盤は滅茶苦茶にされた可能性もあります。
そして、ラストパスの精度の低さは、やはり気になります。

ただ、どれも技術、能力の問題もあるので
直ぐには治るものではありません。
国内選手だけで構成された日本代表、相手はガーナ、親善試合、
ホーム・・・色々な条件をトータルで考えると
合格点をあげてもいいかな?そんな試合でした^^
少なくとも今日の試合が原因で
代表から落とされる選手は見当たらなかった。
しいて挙げれば、巻がいまひとつ代表ではパッとしないかなあ(^_^;

P・S それにしても深夜は重い、繋がらない。。。
記事をアップするのに一苦労、
パスの精度について書くつもりでしたが途中で諦めます。
内容がわかれば文章は目を瞑ってください(;^_^A

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援おねがいします
    にほんブログ村 サッカーブログへ
試合評トラックバック(1) | コメント(9) | top↑
■MFが多いが・・・


オシム監督の批判ではなくて
「自分ならこうするけど。。。?」という考えです(^_^;

それで、最も異なる部分は・・・
ここまでの代表召集で「MFが極端に多い」ということ。
召集されているMFは海外組(俊輔、松井、稲本、小笠原)とは
力の差があるでしょう、2010年を考えても海外組は
まだ充分活躍できる選手達とも思っている。
ということは今回召集されたMFのほとんどは控えに回ることになる。

MFは計算できる選手が既にいる、ならばMFの着手は最後にしたい。
DFとFWに優れた選手が見当たらないのだとしても
年内は多めに召集し試験をさせたい。
できれば年内のインド、サウジ戦を使って
攻撃的MFの中からFWに、守備的MFの中からDFに向いている
選手も試してみたいが。。。
とにかく2010W杯のアジア予選から逆算するならば
年内にFWとDFの見極めを有る程度しておきたいなあ。

DFとFWはメドが立っているということなのか?
直接何かを伝えたい選手を優先して呼んでいるのだろうか?
MFの中からFW、DFへのコンバートを考えているのか?
もし坪井、闘莉王が負傷しなかったらDFはそのままだったのか?
記者会見での質問をかわすような返答ではなく
オシム監督の真意が知りたいところです(^_^;

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援おねがいします

    にほんブログ村 サッカーブログへ
代表監督トラックバック(1) | コメント(3) | top↑
■オシムには言えない?
ガーナ戦の日本代表メンバーを見るとどうしても
B代表に見えてしまう(^_^ゞもちろん今はA代表に残れる選手を
探している段階なのでそれでいいのですが、
この中で2010年W杯のアジア予選のピッチに立てるのは数人でしょう、よほどこれから頑張らないと。。。
個人的には大分トリニータの高松を代表で見たかったなあ。

そしてメンバー発表の記事に一言、
ジーコジャパンではDFでも現在のサントスはMFだ、
仕事でサッカー観戦できる羨ましい立場にいるのだから
いつまでも馬鹿の一つ覚えのようにDF扱いせずに
自分の目で試合を見てきちんと判断してほしい、
試合評もサッカーファンのためになるような記事をお願いします。



オシム監督は代表監督に主任した後、日本代表を
「優れたストッパータイプの選手が不足している。
背が高く、しっかりしたボールさばきのできる
選手がどれくらいいるだろうか」と指摘していたらしい。
もちろん発言することは悪いとは思わない。

ただジーコが同じ内容の発言すれば
「そんなことは昔からわかっていること、それを言ったらきりが無い、
日本はFW、MF、DF、GK全てが不足しているのだから。。。
無いものを求めてどうするんだ?今いる選手の中で
最善を尽くすのが監督の仕事だ」と言われてしまう、
今のところはオシムの発言に対してはそんな批判は飛んでいない。

ジーコの発言(特に就任後半)は批判を受けることも多かったが
オシムの発言は何故かマスコミを始め周囲を説き伏せてしまう、
ジーコには文句を言うことも出来たがオシムには何も言えない。
ジーコとオシムの使命の違い?行動の違い?オシムの迫力?オーラ?色々あるだろうが正反対な応対がちょっとおもしろい(^_^;

ジーコは記者会見もすれば公式戦でも先発メンバーを公表した、
そこまですることはないと批判する人間もいたが、
記者側から見れば助かったことでしょう^^
オシムジャパンは日本代表のメンバー発表会見を
年内は行わないらしい、
「マスコミのみなさん自身の言葉で話してください」
「サッカーに携わるのなら少しは自分で考えろ」説教もされた、
「ジーコのほうがよかった」と思っている方もいるかな?
勉強を怠れば、これから先も泣かされるかもしれません(^_^;

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援おねがいします

にほんブログ村 サッカーブログへ


マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(13) | top↑
■ディフェンダー試す機会を


横時Fマリノス 1-0 ジュピロ磐田  
1-0といっても接戦の好ゲームと言うには程遠い内容の試合、
前回の更新記事の「間違ったシュートの終わり方」に
当てはまってしまう残念な試合になってしまった。

「間違ったシュートの終わり方」の繰り返し、
ロングシュートを選択してしまう状況判断の悪さ、
自らの誤った判断でチャンスを潰してしまう。
ゴール付近では「ダメなシュート」ばかり、
「惜しいシュート」を蹴る選手はいない。
中盤はパスが繋がらない、プレーが軽すぎる、
自分が受け取ったボールを責任を持って次につなげる
それが最後まで感じられなかった。

ジュピロ磐田と横浜マリノス
国内では上位に位置してもいいチームだとは思うのだが、
その2チームがこんな試合をしていては。。。。

失敗したからといって選手としての危機が迫るわけでもない、
次から次へとチャンスを与えてもらえる国内選手は
「次、頑張ればいいや」が許されてしまう。
Jリーグのレベルアップ、その対策を講じずに緊張感、
競争意識の無いまま惰性で試合を続けていては明かりは見えない。
「この中から代表のFW、MFを選出するのはちょっとなあ・・」
そう思わせる試合でした。

4日のガーナ戦、国内選手のみの日本代表では
ガーナのモチベーション次第で完敗の可能性も・・・
それもいいかなと思っています。
もっとも反省しなければ意味はありませんが。

親善試合ということは交代は5人まで可能?
これまでの召集はMFが極端に多かったが、
今回はDF、特にセンターバックを数人呼んでほしい。
海外で健闘しているDFは中田(浩)だけ、
坪井、闘莉王の他にもう1セット、センターバックを起用してほしいなあ。
この試合を逃してしまうと、ディフェンダーを試す機会が。。。

参加中のランキングサイトのバナーです。
よければポチッと応援おねがいします
にほんブログ村 サッカーブログへ


日本選手(全体)トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
| ホーム |
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。