08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■締まりの無い試合に・・・


<ゼロックススーパーカップ:鹿島 3-0 G大阪 国立> 

時期的にも試合モードにで臨むのは
難しい大会なのかもしれないが、
集中力を欠いた不用意なミスは多い
無駄なファウルは多い
プレーは軽い・・・
合宿の合間に組まれた練習試合、に近い印象。
全体的に見ると、なんとも締まりの無い試合だった。
お金の取れる試合には程遠い
国立に駆けつけたファンに対しても失礼だよなあ(^_^ゞ

リーグが開幕して尚
このような試合をしていたのなら
ファン離れに繋がるかもしれない。

そして、そんな試合であっても
褒めまくる解説は聞いていて気味が悪い(苦笑)
他局と比較してもこの局の解説は(群を抜いて)酷すぎます(困)

【ポチッと応援投票おねがいします】

スポンサーサイト
マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■ウルグアイ戦の解説


実況は?でしたが
個人的にはお奨めの解説者の中の一人である
清水秀彦さんの解説でもあったので
その点では久しぶりに「耳障り」とい印象はありませんでした。

解説については同感8割、
「自分とはちょっと見解が異なるなあ・・・」
と感じる解説が2割、そんなところでしょうか。
ただ、代表選手のプレーについて
自分の考え・意見をはっきりと述べてくれる
数少ない解説者ですので好感を持って聞くことが出来ます。

その他に共感できる解説者は風間八宏さん・金田喜稔さん。
後はセルジオ越後さん、までかな。
もし「サッカー(試合)を見る眼を高めたい」
という方がいましたら「この3人の解説を聞くこと
(授業を受けること)」をお奨めしたいです。
その他の解説者には・・・
間違った方向に導かれてしまうでしょうね

バーレーン戦後になってしまいそうですが
「自分とはちょっと見解が異なるなあ・・・
と感じる解説(シーン)が2割」の中から
「後半46分の小野⇒山瀬のシュート」について。
解説では否定的な意見が聞かれましたが
私は違う印象を持ちましたので取り上げる予定です

【ポチッと応援投票おねがいします】

マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■成長しない記者達


北京五輪2次予選最終戦のマレーシア戦に向けての
U-22日本代表候補選手を見て「ホッ」としました、
一言で言えばこの選出は賛成です

仮に、既に所属チームでスタメン起用されるクラスの選手
がマレーシア戦に出場すたとしても得るものはもう無い、
リーグ戦に出場することのほうが有意義に時間を使えるはずです。

ならば、たとえマレーシア戦であっても
代表としてプレーすることが実になる選手達を選出してあげる、
これから所属チームでレギュラーを目指す選手達には
よい勉強になるはずです。

「新戦力発掘」と言っていますが、まあこれは建て前でしょう(^_^;
消化試合で相手はマレーシア、ここでの活躍が
最終予選の起用に直結する可能性は無いでしょう。


で、反町監督の会見での記者の質問が。。。

・U-20ワールドカップ(W杯)の後、
この世代との融合はどう考えているか?
・キリンカップを試合の前日に控え、条件が悪いが、
この試合で何をアピールしたいか?
・特に主力がおらず無名の選手ばかりで、
観客もなかなか集まりにくいと思うが?
・大幅にメンバーを入れ替えた理由?

相変わらずこんな質問しか準備できないのか
成長しないなあ。。。C= (-。- ) フゥッ
毎度のことですが、せっかくの意見交換の場を
台無しにしてくれる人達です(;^_^A

【ポチッと応援投票おねがいします】

マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■平山だけを責めるのは間違い


最近は平山を叩くネタ探しに没頭し
実際のプレーをしっかり評価できていない相変わらず
進歩のないメディアが多いのでちょっと反対意見を(^_^;

試合終盤にあった、2対2での絶好の得点チャンス。
平山の大外しのシュートがあちらこちらで責められているようですが
この場面について本当に叩かなければいけないのは「カレン」です。
しかしそんなカレンのプレーを指摘する記事がないような。。。
(毎度のことですが(^_^;)

あのシーン、カレンがボールを持っている時点で「あっ駄目だっ!」
と感じました(^_^;
頭の中でイメージできていない、判断を迷っていたように見えた。
(平山へのパスのタイミングを伺っていたのかな?)
あのタイミングならば自らスピードに乗ったドリブルで突っ込めば充分にDFに勝てたはず、それが勝負をせずにタイミングの悪い消極的な
パスを出してしまい平山がそれに輪をかけてシュートを噴かす。
何とも日本らしい弱気な一連のプレーでした(笑)

ここで一番の問題は、絶好の得点チャンスで敵と1対1で向き合った、
なのに勝負を避けるようにパスを選択してしまった
カレンの気持ちの弱さ、消極的なプレー。
「失敗してもかまわない、FWならばあそこで勝負しなければいけない、
そんな強い気持ちを持っていなければいけません」厳しいようですが
あそこで勝負しない・出来ないFWはFWとして失格です。
日本のFWにはこのタイプの選手が多いんですよね~(;^_^A

ただそんな選手が育ってしまう背景には指導者にも問題がある
でしょう。スペースだ、ラインだ・・・等々まるでテーブルの上で将棋
の駒でも動かすような(必要以上に)理論づくめの指導者達。
常にボールが動き選手が交差しぶつかり合う、
瞬間的な判断が必要なシーンが繰り返されるサッカーで
そこまで理論尽くめの指導・教育が本当に役に立つのだろうか?
選手の個の感性・アイデア・闘争心を理論で潰しすぎていないか?

サッカーはチームプレーと言われるが
局面に於いては常に個人プレー・1対1の戦いが求められます。
「FWが敵との勝負を逃げてどうするんだ?」
「1対1で勝負しない・パスで逃げる、
そんな消極的なプレーをするFWは使わない!」
FWの役目、ボールへの執着心、闘う気持ち
そんな意識を選手に持たせる指導こそが大切だと思うのですが。。。

記者会見で「戦わわない選手は使わない」と言っているだけでは駄目、
本当にそう思うのならば指導者から変わらなくてはいけない。
そう感じています^^

【ポチッと応援投票おねがいします】

  
マスコミ・解説トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。