08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■なんとか優勝


<アジア杯決勝:日本1-0オーストラリア>

アジア杯優勝
ただ、ここまでの戦いを振り返ると「強かった!」
というイメージではなく、「何とか優勝することが出来た」という印象^^


オーストラリアの高さに苦戦していたが
日本の現在の戦い方としてはこの方向でいいのかもしれないな

日本の早い流れの攻撃に守備陣が苦戦していたように
これは双方のチームの特長でもあるので
日本の目指すチームカラーは「高くて(フィジカルが)強い」じゃなく
「速くてしぶとい」ですから

とはいっても、この試合は両サイドから簡単にセンタリングさせすぎた。
このスペースは内田・長友が中心に守らなければいけない場所、
二人にもう少し強い意識で守備を・・とも感じるが
長谷部・遠藤の守備力が内田・長友の守備の負担を大きくさせているかなあ(^_^;
とにかくフリーでプレーさせないよう
両サイドはもう少しプレッシャーをかけなければ

【クリックすることで反映されます、応援投票おねがいします】
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
試合評トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■見ごたえのある試合だったが・・・


<アジアカップ準決勝:日本2-2韓国>

力の拮抗したチーム同士の真剣勝負、
応援する側にとって見ごたえのある試合でした・・・が


日本が「世界のトップと互角の勝負が出来るチーム」を
将来の目標としているのなら、そこと比較して
試合内容を評価するのであれば
力量としてはまだまだでしょう

実力的にはアジアでは頭ひとつ抜きん出る
存在にならなくてはいけないのですが
予選から見ている限り、残念ながらそれは感じません


個々の選手を見れば本田・岡崎・香川と
数年先が楽しみな選手もも見られるが
チームとしてはこのメンバーのままでは不安

つづきをよむ
試合評トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■実力差がそのまま点差に



< キリンチャレンジカップ: 日本0―2韓国 >

・闘莉王のバックアップは岩政なんじゃない?
・内田が起用できない場合、今野が左SBになるの?駒野を右SBで起用しないの?
今更、長友を右で起用してもなあ・・・
・1トップで臨むとしても岡崎は1トップのタイプかなあ?
(日本は2トップにするべきだと思いますが)
・なんで本田がベンチに下がるの?

もう無茶苦茶、「なんでこうなってしまうの?」(呆)
まあ、いつものことですが
スタメンを見た時点で首を傾げてしまった(;^_^A

内容については、
相変わらずホームゲームにもかかわらず、点を取る意識が弱すぎる!
一言で言ってしまえば「実力どおりの試合」。
韓国相手にこの采配でこのメンバーではいたしかたないか・・・

それにしても俊輔は競り合いに弱いなあ・・(困)
(足先で軽くボールを扱おうとしてしまう
癖は今に始まったことではないが)
「綺麗なプレー」の前にまず「強いプレー」ができないと
(Jリーグやアジアでは通用しても)w杯では厳しい(^_^;

韓国代表と比較しても
「一国の代表選手としての意識の差」も感じました。
戦い方ひとつをとっても日本は
頑張ってパスをまわそうとして
頑張って守ろうとして・・・・
頑張っているのだけれど、ただ頑張っているだけ、

「点を取りたくないの?」「そこでボールを失っていいの?」
「勝ちたくないの?」そこが響いてこない。
ゴールへの意識が弱すぎる、「ゴールして勝ちたい!」
という気持ち、意欲が感じられない。
頑張る方向性が少しずつずれている気がする
つづきをよむ
試合評トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■これは酷い (トーゴ戦)
< キリンチャレンジカップ: 日本 5-0 トーゴ >

トーゴの選手の身体が全く動いていない・・・
これでは試合にならない・・・
と思った直後に早くも得点シーンが・・・

スコットランドとトーゴ、
W杯出場を逃した直後という一番低いモチベーションの状態
と思われる2チームが招待される結果に
なってしまったキリンカップ。

モチベーション・控え選手中心・直前の来日・・・
これまでの親善試合の中でも最低クラスのチームが来日(苦笑)
日本代表にとっては収穫も課題も見つからない、
意義の無い試合をすることになってしまいました(苦笑)

ただ・・・長谷部のプレーにはミスが目立ったなあ
ということでTBSに一言、

選手の走行距離?(呆)
以前にも書きましたが何の参考にもならない
選手の体力・運動量を計る材料にもならない
そんな指標でサッカーを観てはいけない!
走り勝つサッカーに必要なのは総距離数はない、「走りの質・内容」です

ちなみに長谷部がミスを犯しボールを失い追いかけまわっていた
場面がありましたが・・・走行距離は加算されてしまうんですよね(苦笑)
しっかりとボールをさばいていれば
無駄に走り体力を消耗する必要も無いはず。

(この試合は評価・解説の材料にはならないので)
今後の更新はスコットランド戦の中から抜粋
し、更新する予定です

【クリックすることで反映されます、応援投票おねがいします】

試合評トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

takeshi

Author:takeshi

takeshi

このブログは。。。

*ブログに掲載されている文章等
の無断転用を禁じます。

*コメントについて

記事とは無関係、宣伝、マナーに
反する、嫌悪感を与えると
管理人が判断したコメントに
ついては削除させて頂きます。




Yahoo!カテゴリ登録サイトです

月別アーカイブ
過去記事から
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
Tree-Comment
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。