01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■E―1選手権  日本1-4韓国 (味の素スタジアム)
2017年12月16日(土)E―1選手権 (味の素スタジアム)

日本1-4韓国




韓国戦は特別な意味があるという考えで「とにかくこの一戦に勝利したい」ならば、
年齢に関係なく能力の高い選手を召集してJリーグ選抜で挑めばいい。

ただハリルホジッチ監督は、W杯に向けて「新戦力の発掘」という
テーマがあっただろうから(今からではもう遅いけど)
彼が試したい選手を招集したのはまあ納得はできる。
残念なのはその選手たちのレベルが代表レベルには及ばなかったこと。


海外で通用している選手は、代表戦でもある程度の力は発揮できる。
しかし、ぬるま湯のJリーグで結果を出しても代表戦では通用しない。
Jリーグはプレッシャーも弱いから楽にプレーできるけど、
代表戦になるとボールがキープできない。

Jリーグでは通用してもアジアレベルの国際試合では無力。
現在のJリーグのレベルの低さを知ることができた
ということでは収穫かもなあ(苦笑)

おまけにパス回しばかりで勝負を怖がり前を向かない。
目の前に敵が現れると勝負を避けて弱気の横パス。
1対1で負けてもいいからF敵陣に入ったら勝負しなきゃ、
敵の守備陣に突っ込んでいかなきゃ、
勝負しなければいつまでたっても上手くならないよ。

采配の疑問もあるけれど、
Jリーグの選手のレベルが上がらない限り、監督が代わったところで解決するものでもないし・・・
そんな小手先の打開策もいらない。
W杯では守って、守って、引いて、引いて・・・
そんな戦法をとるくらいなら当たって砕けてほしいんだなあ

日本が欧州・南米の代表と互角の勝負ができるのは
まだ夢の領域だよなあ・・・残念だけど
スポンサーサイト
日本代表トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■アジア杯を振り返り


代表応援者としては楽しませてもらったが
戦評ということでは、内容的にも実力伯仲の試合が多く
アジアで抜きん出た存在になるにはまだまだ、

ただ、4年後を考えると伸びしろを感じる
期待したくなる選手が多いチームになった。
そしてアジア全体のレベルアップを少し感じたかな?
そんな印象を受けた大会だった


・ディフェンスでは今野の頑張り
・ゴールを向いてプレーする意識のある本田・香川
・スピードに乗ったまま、ゴールに繋がるプレーができる岡崎・長友

これまでの終始弱気なパス回しをする攻撃陣から
ようやく日本代表の目指すスタイルでもある
「速く・しつこく・目の前の敵と勝負する(逃げない)サッカー」
への変化が少しではあるが見えてきた

川島・今野・長友・内田・本田・岡崎・香川
彼らの4年後の姿が楽しみです。
個々の選手の戦評はまた後ほど

【クリックすることで反映されます、応援投票おねがいします】
人気ブログランキングへ
日本代表トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■夢物語の「ベスト4」
「ベスト4を目指す」
サッカーファンがベスト4を
目指してほしいと応援するのはいいことですが
現場にいる人物がこれではいけない(^_^;

岡田監督が代表監督を務めることになっってしまってからこれまで、
全く理解できないスタメン続きでしたが
最後の最後でやっと俊輔を外し、本田・松井・駒野のスタメン起用。
遅すぎる(呆)

そして結果は・・・(ベスト4を目指すといっていたチームが)
決勝トーナメント1回戦で敗退、
(日本のレベルを考えると選手はよく闘ったと評価できますが)
なぜ胸を張って帰ってこれるのか?
メディアはなぜこんなにもてはやすのか?
ここは叩く場面ではないのかな?

協会もメディアも甘すぎる。
優しい国民性は素晴らしいとは思いますが、「優しい」と「甘やかす」は違う。
優しく厳しい眼で見ていかなければ(^_^;
時期代表監督がこのような根拠のない無知な
発言をするような人物でないことを願いたいですね(^_^;

そして
今回世界の壁を身をもって感じた若い選手たちが
この経験を今後の成長に生かし、(国内リーグに戻る選手は)
Jリーグで通用するだけではなく世界を相手にした時、
このプレーで本当にいいのかどうか?
こんなプレーを続けていていいいのかどうか?
常に向上心を持ってプレーしてほしい

それにしても世界トップクラスのサッカーは面白い^^

【クリックすることで反映されます、応援投票おねがいします】
人気ブログランキングへ
日本代表トラックバック(1) | コメント(0) | top↑
■長友・内田を使うのなら・・・
長友・内田のサイドバックについては一貫して反対してきましたし
(代表に選出され、国際試合の経験も増えた)
今もその考えは変わりません。
といっても選出されてしまったわけですから
W杯ではこの二人を起用されるという前提で
世界を相手にどう挑むか?


(システムだとか戦略だとかについて述べることは
好きではないのですが、これ関しては岡田さんの
方針が理解できないので)私の意見を記してみました(^_^;

まず、岡田さんがこの二人のどこ評価しているのか?
を考えると
・DFでありながら攻撃にも参加することが多い(攻撃的DF)
・年齢的には将来(成長)が期待できる
といったところかなあ・・・
まあ、「守備能力の高さ」ではないことは確かでしょう(笑)


そんな長友・内田を起用するのであれば
DFとしての負担を軽くする必要がある。
(私なら今の彼らに守備を託すのが怖い(笑))

彼らをもう少し前(MFに近い位置)でプレーさせるべき
なんじゃないかな。にもかかわらず
これまでの代表戦は4バック体制

長友・内田にサイドバックとしての役割を求め過ぎている。
私はセンターバック3人の「3バック」で
戦うべきだと思うんだけどな^^
つづきをよむ
日本代表トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。